トレードスタイル別海外FX業者の選び方&おすすめ一覧!スキャ・デイトレ・スイング・ハイレバ・自動売買など、手法別に徹底解説

海外FX比較

海外FX業者を選ぶ際に、「ボーナスが豪華」「スプレッドが狭い」「ハイレバレッジ口座を提供している」など、重視するポイントはトレーダーによって様々ですよね。残念ながら、「ボーナスも豪華でスプレッドが狭く、非の打ちどころのない海外FX業者」は存在しませんし、それぞれの業者ごとにメリット・デメリットがあり、特徴なども異なるため、どうしてもポイントは絞り込む必要があります。

そんな海外FX業者選びにおいて、やはり重要になってくるのは、自分のトレードスタイルに合った海外FX業者を選ぶことではないでしょうか。そこで本記事では、スキャルピング、デイトレード/スイングトレード、ハイレバ取引、自動売買、スワップポイントなど、トレードスタイル別の海外FX業者の選び方とおすすめ業者、またそのサービスについて紹介していきたいと思います。

デイトレ/スイングトレーダーの海外FX業者選び

デイトレ/スイングトレーダーが海外FX業者を選ぶポイント

まず最初は、デイトレードとスイングトレードで主に取引をしているトレーダーに注目してほしい3つのポイントを紹介していきたいと思います。

優先度1:豪華なボーナスで証拠金を増やす

デイトレードやスイングトレードでは1回1回の取引でどれだけの利益を上げることができるかが一番重要です。

スイングトレードは、数日~1週間単位で取引を行うトレードスタイルで、スキャルピングなどと比較すると圧倒的に取引回数が少ないのが特徴ですね。そのため利益幅も大きく、有効証拠金とポジション量に比例して利益も大きくなっていきます。つまり取引回数自体は少なめになる傾向にあり、この点からスプレッドについては気にする必要があまりありません。ボーナスが豪華なFX業者は総じてスプレッドが広めに設定されていますが、それを心配することもなく、ボーナスで証拠金を増やす方がメリットが大きいということですね。

一方、デイトレードは1回の利益を伸ばしていきますが、1日のうちにポジションをクローズして翌日に持ち越さないという取引スタイル。スイングトレードに比べるとポジション量は小さいですが、こちらもスプレッドはあまり気にする必要はなく、ボーナスがあれば、2~3通貨ペアに同時エントリーができるなどトレードの幅が広がります。また、ボーナスにより証拠金維持率が上昇するため、強制ロスカットになるリスクを減らすことができる点も、大きなメリットと言えますね。

デイトレーダーとスイングトレーダーであれば、口座開設するFX業者がどれぐらいのボーナスを提供しているのかを調べてるようにしましょう。

優先度2:ロスカット水準が低い

デイトレード/スイングトレードで2番目に注目したいポイントは、“ロスカット水準”の低さです。ロスカット水準が低いということは、それだけ強制的に退場させられる可能性が低いということ。相場には必ず上昇と下落の波がありますので、ポジションを保有し続けることができれば、その分逆転のチャンスを待つことができるということになります。逆にロスカット水準が高いと、相場がポジションに逆行したときにロスカットされてしまうリスクが高くなってしまいますね。

もちろん、自分でストップロス注文は入れておく必要がありますが、意図しない価格でのロスカットは、予想どおりに利益を出すことができません。そのため、デイトレやスイングトレードのような中期的なトレードでは、できるだけロスカット水準が低い業者で取引をするのがポイントです。

優先度3:約定力も抜群で信頼性も高い

どれだけ正確にエントリーしても、約定ができなかったり、スリッページが発生したりすると損失になってしまいます。スイングトレードなどで大きなロットで取引をする場合は、たった1pipsでも数万円単位の損失となってしまいますので、FX業者の取引環境のスペックは非常に重要と言えますね。

約定力は、サーバーの注文処理能力などによって異なってきますので、できるだけ大手の信頼できるFX業者を選ぶようにしましょう。さらに、多くのトレーダーはストップロスや利益確定指値注文を出しますが、自分の決済ポイントで決済がされるか、不利な価格で決済されてしまうことがないかなども、事前に確かめておく必要があります。

デイトレ/スイングトレーダーにおすすめの海外FX業者

XM

XMと言えば、日本人口座開設数No.1を誇る超大手の海外FX業者ですね。信頼性や約定力、ボーナスなど、総合的に高水準なサービスを提供しており、デイトレーダーやスイングトレーダーにピッタリのFX業者といえます。

ボーナスは口座開設ボーナス、入金ボーナス、さらに取引ボーナスの3種類を用意。どのボーナスも他の海外FX業者と比較して、豪華な内容になっています。ボーナスを有効活用することにより、証拠金が増え、複数通貨への同時エントリーもやりやすくなりますので、デイトレーダー・スイングトレーダーは有利なトレードを行うことができるでしょう。

2009年から日本人向けサービスを展開しているXMでは、日本語のサービスも充実しています。また、2015年のスイスフランショックの際にも、しっかりとゼロカットを実施し、口座がマイナスになってしまった多くの投資家を保護しました。万が一の際でも規約どおりにゼロカットを行った実績がある点からも、その信頼性の高さがうかがえますね。

海外FX初心者から上級者まで、満足できるサービスを提供しているXMは、ぜひ口座開設しておきたい海外FX業者のひとつです。

XMの口座開設はこちら

FBS

ボーナス基準で考えた場合、FBSもおすすめ業者のひとつです。FBSの素晴らしい点は、何と言ってもその入金ボーナスの豪華さ。その内容は1万ドルまで100%のボーナスという他の海外FX業者を圧倒するもので、仮に100万円を入金した場合は証拠金の合計が200万円の状態で取引を行うことができます。

他の海外FX業者では入金ボーナスの上限額が5万円や10万円であることを考えると、これはまさに破格と言えるボーナス内容ですね。条件付きではありますが、ボーナスそのものを出金することもでき、これも他の業者にはなかなかありません。そもそもボーナスはあくまでも取引に利用できる証拠金という扱いであり、出金できること自体が異例と言えますね。

またFBSでは取引に応じたキャッシュバックを受けることができるなど、海外FX業者随一のボーナスを提供している海外FX業者と言えます。

FBSの口座開設はこちら

スキャルピングトレーダーの海外FX業者選び

スキャルピングトレーダーが海外FX業者を選ぶポイント

次に、スキャルピングトレーダーに注目してほしい3つのポイントについて解説をしていきたいと思います。スキャルピング取引は、数秒~数分、長くても1時間以内の取引を何回も繰り返して、利益を積み重ねていく手法のことですね。そのため1取引あたりのコストなどに注意が必要になります。

優先度1:スプレッドが狭い

スキャルピングトレーダーにとって、一番重要とも言えるのがスプレッドですね。前述の通り高頻度な取引で少ない利幅を積み重ねて利益にしていくスキャルピングでは、その取引コストとなるスプレッドは狭ければ狭いほど良いということになります。

また短時間での取引では目標利幅をあらかじめ決めておくことが重要ですが、スプレッドが狭いほど、この目標利幅を達成しやすくなり、利益を出しやすくなりますね。逆にスプレッドが広いとポジションを決済するのに時間がかかってしまいます。スプレッドが小さいほど必要な利幅も少なくてすみ、損益がプラスに転じるまでの時間が短くなるので、結果的には利益に直結するというわけです。

優先度2:約定力が高い=サーバーがしっかりしている

スキャルピングで大切な要素として、NDD方式の部分でも触れた“約定力”があります。エントリーと決済を繰り返し行い小さい利幅を狙うスキャルピングでは、ちょっとした決済レートのズレ(スリッページ)やリクオート(約定拒否)は致命的とも言えますね。このようなことが頻繁に発生すると、利益どころか損失となってしまうこともあります。

約定力とは約定率と約定スピードで成り立っていますが、この部分を担うのがサーバーの処理能力。つまり、サーバーがしっかり整っているFX業者を選ぶことが、スキャルピングでは重要になるというわけです。そのためスキャルピングトレーダーが海外FX業者を選ぶ際は、取引が活発になる時間帯において、安定して注文した価格で約定処理されるかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

優先度3:NDD業者である

FX取引には、DD方式とNDD方式の2種類があります。DD方式とは、トレーダーが出した注文をFX業者が処理する仕組みのことですね。このDD方式を採用している業者では、スキャルピングのような超短期売買をしてしまうとシステムに負荷がかかる、注文が処理できなくなってしまうという理由で、スキャルピングを禁止している場合があります。

中には口座凍結または規約違反として出金拒否をするFX業者もありますので、注意が必要ですね。どれだけスプレッドが狭くても、口座凍結や出金拒否になってしまったら元も子もありません。

一方、DD方式と対照的なのがNDD(ノンディーリングデスク)方式。NDD方式の場合、ディーリングデスクを持たずに、注文を直接カバー先金融機関やインターバンク市場に流します。そのため取引そのものの透明性(公平性)が高く、約定力にも期待ができ、スキャルピングトレーダーはできるだけこのNDD業者と取引をすることがポイントとなります。

また、NDDではスプレッドが実質的なFX業者の利益となるため、トレーダーが取引をすればするほど、FX業者の利益も多くなる仕組みになっています。そのためDD業者とは異なり、スキャルピングを禁止する理由がありませんね。逆にNDD業者としては取引(エントリーと決済)を繰り返し行うスキャルピングは大歓迎というわけです。

ただNDD業者の場合、前述で重要なポイントとしてあげたスプレッドが広く設定されている場合が多いので、NDD業者の中からスプレッドの狭い業者を選ぶのが大切です。

補足:スプレッドが狭いNDD業者はボーナスがない

スプレッドが広くなりがちなNDD業者ですが、その中でもスプレッドが狭い海外FX業者も存在します。これはスキャルピングトレーダーからすれば、まさに理想的と言える環境ですが、その代わりにボーナスが少ない、または提供していないということが多いですね。

NDD方式を採用している海外FX業者にとってはスプレッドが大切な収益源ですが、そのスプレッドを狭くするということは収益が減るということになります。そのためボーナスでの還元まではできないということですね。スキャルピングの環境が整った業者の場合、あまりボーナスには期待できないということは覚えておきましょう。

スキャルピングトレーダーにおすすめの海外FX業者

TitanFX

TitanFXは、スキャルピングをするトレーダーにぜひおすすめしたい海外FX業者。ボーナスはありませんが、ほとんどの通貨ペアを業界最狭水準のスプレッドで提供しています。またサーバースペックも高く、その約定力にも定評がありますね。

もちろんNDD方式を採用しており、ディーリングデスクなどを保有していません。TitanFXではDMA(Direct Market Access ※ダイレクトマーケットアクセス)を提唱しており、スキャルピングトレーダーにとっては最適な環境と言えます。

TitanFXの口座開設はこちら

Axiory

Axiory

スキャルピングトレーダーにとってAxioryの最大の魅力とも言えるのが、取引プラットフォームとしてcTraderが利用できること。cTraderは2011年にスキャルピング特化型として開発された取引プラットフォームですね。

cTraderには、以下のようにワンクリックで5つの注文を実行できる機能が備わっています。

  • 成行注文(買い・売り)
  • 途転注文(買いポジションを瞬時に決済し売りポジションに)
  • ダブルアップ注文(即時同じ量のポジション発注)
  • ポジション一括決済(全てのポジションを一括クローズ)
  • 通貨ペア別ポジション一括決済(通貨ペア別にポジションを一括クローズ)

注文を素早く実行できるこのような機能は、標準プラットフォームであるMT4には搭載されておらず、cTraderならではのものと言えます。まだcTraderを採用している業者は少ないですが、スキャルピングトレーダーにとって魅力的な機能も多く、ぜひ利用をおすすめしたいですね。

もちろんAxioryはNDD方式であり約定力も抜群。ボーナスはないもののスプレッドも比較的狭いため、スキャルピングトレーダーはぜひ利用を検討してみてください。

Axioryの口座開設はこちら

Tradeview

スプレッドの狭さで言えば、Tradeviewもおすすめできる業者のひとつです。スプレッドが狭い代わりに手数料が徴収されるILC口座(ECN口座)は、海外FX業者の中でも最も狭いスプレッドを提供しており、取引手数料を考慮しても一番コストを抑えてトレードを行うことができます。

Tradeviewの口座開設はこちら

資金効率を重視するハイレバトレーダーの海外FX業者選び

実際の元手資金の何百倍もの資金を動かして取引できる仕組みであるレバレッジ。海外FXの最大の魅力とも言えるのが、このレバレッジの高さですね。国内では25倍に規制されているレバレッジですが、海外FX業者では400倍~500倍といったハイレバレッジな取引が可能です。

口座資金をあまり用意できない個人投資家であっても、レバレッジを使えば資金効率のより取引が可能で、大きな利益を出せる可能性も上がります。小資金から一発逆転を狙って大きく稼ぐこともできるため、このレバレッジの高さを目当てに海外FXを利用するという人も多くいますね。

3000倍という業界随一のハイレバレッジを提供するFBS

国内FXとは異なりレバレッジ制限が存在しない海外FX。その中でも群を抜いて高い3000倍というハイレバレッジを提供しているのがFBS(一部口座タイプを除く)です。これは国内FXのレバレッジと比べるとなんと120倍、他の海外FX業者と比較しても数倍の資金効率の良さですね。

レバレッジが高すぎると、利益が大きい分、損益も大きくなってしまうという心配もあると思いますが、追証なしのゼロカットシステムを採用しているため、万が一の時にも安心。稼げるチャンスは青天井にもかかわらず、リスクは口座残高までに限定されています。

さらに、ハイレバレッジトレーダーに欠かせないのが、ボーナスですね。デイトレーダー/スイングトレーダーにおすすめの業者の部分でも説明したように、FBSはボーナスにも力を入れており、100%入金ボーナスの上限は、なんと2万ドル(220万円相当※1ドル=110円で計算)。さらに、取引量に応じてキャッシュバックも受取可能です。

圧倒的に高いレバレッジを提供しているFBSは、資金効率の良さを重視するトレーダーや、一発逆転を狙うハイレバトレーダーにかなりおすすめの業者と言えます。

FBSの口座開設はこちら

スワップポイント狙いの長期トレーダーの海外FX業者の選び方

 スワップポイントとは、通貨ペアの金利調整額のこと。FXでは2国間の通貨ペアを取引しますが、ポジションを保有している間は毎日通貨ペアの金利差が加算されていきます。

注意したい点は、必ず利益になるわけではなく、支払いになる場合もあること。そして、取引するFX業者によって、このスワップポイントは異なっています。

スワップポイントが圧倒的に高いiForex

スワップポイント狙いの長期トレーダーにおすすめと言えるのがiForex(アイフォレックス)。他業者と比較しても、スワップポイントが高めに設定されています。また取扱通貨ペアも多く、スワップポイントが高い傾向にあるマイナー通貨ペアを多く取り扱っている点もポイントと言えますね。例えば、トルコリラ/円、スイスフラン/トルコリラ、トルコリラ/ハンガリーフォントなど他の海外FX業者では見かけない通貨ペアを取引できます。

スワップポイントに加えて、iForexでは入金している証拠金に3%の利息が付く点も見逃せません。為替差益の他にもスワップポイントと3%の利息を受け取ることができるため、この点から考えても長期で取引をするトレーダーにおすすめと言えます。

日本人向けにサービスを開始してから20年を超えている老舗海外FX業者であり、もちろんゼロカットシステムを採用。ロスカット水準は驚異の証拠金維持率0%であり、資金がなくなるギリギリまでロスカットされることがないため、一発逆転的なトレードにも向いていますね。iForexで多額の利益を得たという人も多く存在し、“アイフォ戦士”という言葉も生まれるほど、幅広いトレーダーから根強い人気を集めている海外FX業者です。

iForexの評判や特徴、メリット・デメリットについては下記の記事に詳細をまとめています。

iForexの豪華なボーナスキャンペーン、キャッシュバック制度については下記をどうぞ。

ロスカット水準の解説や低いことによるメリット、各海外FX業者の対応については下記にまとめていますので参考にしてください。

iForexの口座開設はこちら

自動売買プログラムで稼ぐトレーダー

自動売買のメリットは、24時間FX市場が動いている間、常に取引を行えること。あらかじめプログラムしたEAを設定すれば、あとは勝手に取引を行ってくれますので、チャンスを逃すということがありません。寝ていても、他の仕事をしていても、EAが稼ぎ続けます。また、感情などのメンタルにも左右されず、ルール通りに利益を積み重ねることができる点もメリットですね。

ただし、自分で自動売買プログラムを作るのは、初心者にとっては非常に難しいものです。ましてや利益の出るプログラムを作成するのはもっと難しいと言えますね。そのため、多くのトレーダーは有料でEAを購入したり、無料配布されているEAを使うというということがほとんどです。

無料、無期限で自動売買ソフトが使い放題のGemForex

なかなか仕事でトレードする時間が取れない、自動売買で取引をしたいけれどプログラムを自分で作れないという人には、GemForexがおすすめ。GemForexで口座開設をすれば、150以上のEA(自動売買プログラム)が無料で利用可能になります。GemForexで提供されているEAの中には、他のサイトでは数万円で販売されているものもあり、これが無料で使えるというのは素晴らしいですね。

前述の通り自動売買のメリットは、時間に制約されずMT4にセットするだけで、24時間、365日取引ができること。初心者であっても、優秀な自動売買プログラムを選べばしっかりと利益を出すことができます。GemForexでは無料EAランキングも公開されているため、成績やダウンロード順に一番パフォーマンスの良いEAを選びやすくなっていますね。勝率や最大ドローダウン、平均Pipsなどの項目で検索もできるので、自分のトレードスタイルに合ったプログラムを見つけやすくなっています。

GemForexはボーナスの豪華さにも定評があり、EAを使って手軽にFXを始めることができる点もポイント。初心者はもちろん、裁量トレーダーのリスク分散用途や仕事でなかなかトレードができないという人にも、おすすめの海外FX業者と言えます。

GemForexの口座開設はこちら

まとめ

海外FXを利用する場合、すべての項目に満足できるオールマイティ業者というのは存在しませんので、自分のトレードスタイルに合った海外FX業者をしっかり選ぶことが重要ですね。そうすることで有利な条件でのトレードが可能になり、より利益を上げやすくなります。

また、複数の海外FX業者に口座開設をして、デイトレ専用、スキャルピング専用というように分けて使う方法もおすすめですね。海外FX業者によって得意とするサービスの内容は異なりますので、ぜひ自分に合った海外FX口座を選ぶようにしましょう。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外のFX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナス+以降追加入金毎に+20%のボーナスが付与されます。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

GemForex

優秀なEAとミラートレードが手軽に使えるのがこのGemForex。本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されており、GemForexであればこのEAが無制限で使用できます。
豪華な口座開設ボーナスや500万円まで100%という驚愕のボーナスキャンペーンも度々開催されており、FX初心者や裁量トレードの時間がないという人はもちろん、豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーにもおすすめの海外FX業者ですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりました。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

ランキングは下記調査に基づき作成しています。

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数3456名
有効回答数1982名
調査の期間2018年11月12日〜2018年11月30日
海外FX比較
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント