海外FX業者「iForex」の評判とおすすめ度。現金キャッシュバックに100%入金ボーナス、ロスカットレベルの低さが魅力

海外FX業者

iForexといえば1996年に誕生し、20年以上の運営実績を誇る海外FXの老舗中の老舗という存在。その歴史の長さから一部の日本人トレーダーには「海外FXと言えばアイフォ」という認識がされるほど有名な業者です。

iForexには海外FX業者として必要なものも一通り揃っており、iForexを活用できるようになれれば、海外FXビギナーからは卒業したとも言えますね。

この記事では、そんなiForexの特徴や評判に加え、トレード面やボーナス・キャッシュバック、入出金面など様々な面を解説。さらにどのようなトレーダーと相性が良いのかということも触れていきたいと思います。

iForex最大の特徴は圧倒的なロスカットレベルの低さ

iForexの様々な特徴の中で最も特徴的、かつトレードに直結するのは、ロスカットレベルですね。海外FXの大きな魅力でもあるハイレバレッジの陰に隠れがちではありますが、ロスカット(ゼロカット)もトレードをする上では非常に需要な要素です。

iForexでは、そのロスカットレベルが0%という、他の海外FX業者と比べても群を抜く低さを誇っています。

iForexのロスカットレベルは他業者では類を見ない0%

含み損(証拠金維持率)がどれくらい大きくなると強制ロスカットされるのかという水準を、ロスカットレベルといいます。ロスカットは意に反した強制的な退場ですので、もちろんロスカットレベルは低ければ低いほどよく、理想は0%です。

※残高がマイナスになるリスクがありますが、海外FXはゼロカット(追証無し)制度のお陰で、国内FXと比べて安全にトレードできます。

ただ、XMやTitanFXなど主要な海外FX業者のロスカットレベルは、証拠金維持率20%となっており、0%の業者というのはほとんどありません。

iForexはメジャー業者の中で唯一といってよい、ロスカットレベル0%でトレードをすることができます。

ロスカットレベルが低いことによるメリットについて

ロスカットレベル0%という言葉の意味は、証拠金が完全に0になるまでポジションを持ち続けられるということでもあります。

もちろん、そうなる前に自分でポジションを切るのも自由ですし、最後のギリギリまでポジションを持ち続けることもiForexでは可能です。これはつまり、iForexはトレードの幅が非常に広いということを意味します。

例えば国内業者などではロスカットレベルが50%から100%と高い水準に設定されており、トレード量によっては大きな値動きがあるとすぐに強制ロスカットされるため、大きな含み損に耐えることができません。

その点0%のiForexであれば、本当に資金が尽きるまで、自分の意思でポジションを持ち続け流ことができるというわけですね。そのため効率的に資金を使った柔軟で幅広いトレードが可能になり、ハイレバレッジを活用して収益の可能性を広げられるということにも繋がります。

iForexの無料口座開設はこちら

iForexの特徴と評判 〜メリットとデメリット〜

iForexは国内外のトレーダーから高い評価を得ている海外FX業者です。

その特徴や評判を「ハイレバレッジ」「スプレッド」「ボーナス」などに分けて解説し、またデメリットと思われる点も、合わせて紹介していきたいと思います。

レバレッジ400倍は海外FXとしては必要十分

iForexは最大400倍のレバレッジを提供しています。これは、レバレッジ規制がある国内の25倍というものと比較して16倍の大きさですね。

ハイレバレッジであることが語られやすい海外FX業者としては、このiForexの400倍というレバレッジは標準的か、やや少なく感じるかもしれません。確かにFBSの3,000倍のレバレッジをはじめとして、iForexよりハイレバレッジな業者は多くありますしね。

しかし、レバレッジをフルに使ってポジションを建てると最悪スプレッドでロスカットされる可能性もあり、レバレッジは数百倍で十分であるという見方もできます。

ポジションの維持という考え方をしても、レバレッジ400倍&ロスカットレベル0%は非常にトレードに適しているといえますね。実際、レバレッジが400倍あれば数千円で10,000通貨のポジションを建てることができます。

レバレッジが500倍を超えたあたりから、どれくらいの含み損に耐えられるか=最大許容損失額はあまり変化しなくなりますし、むしろロスカットレベルの方が重要になってくることもあります。このあたりのレバレッジとロスカットレベルの関係などについては、下記記事で解説していますので、よければ参考にどうぞ。

海外FX業者のレバレッジを比較!メリットや危険性、証拠金維持率(ロスカット水準)を元にした最大許容損失額も解説
国内FXではなく、海外FXを選ぶ最大の理由はやはり「レバレッジ」でしょう。国内FXは(個人口座では)25倍までですが、海外FXの場合は数百倍のレバレッジが提供されています。 しかし「レバレッジ」と並んで重要な要素として「ロスカットされ...

銘柄によってはレバレッジ400倍ではないことも

公式ホームページにもある通り、全ての銘柄がレバレッジ400倍というわけではありません。

iForexは通貨ペア以外にも、指数や商品、エネルギーや仮想通貨など様々なものを取り扱っていますが、銘柄によりレバレッジ200倍だったり、さらに低いレバレッジだったりすることもあります。

ただ、これは銘柄のボラティリティ(値動きの大きさ)を考慮してのことですから、取引による利益をあげるにあたって、レバレッジが低くて困るということはないと考えられます。

また、新規登録限定でスプレッドをドル円0.9銭などに縮小するプロモーションも行っているなど、取引コストの低減には非常に力を入れています。

iForex公式サイトでスプレッドの詳細を確認

100%入金ボーナスと現金キャッシュバック制度

海外FXの魅力のひとつでもあるボーナスキャンペーン。もちろんiForexでも提供しており、その内容は初回入金に対して100%ボーナス(最大1,000ドル)というもの。

ボーナスは出金することができず、取引のみに使用することができますが、より効率的なトレードを行うためにもぜひ入手しておきたいボーナスですね。

初回入金に対してのみという制限はありますが、100%ボーナスの上限金額はXMの500ドルよりも高く、これよりも高水準のボーナスを提供しているのはGemForexくらいしかありません。

新規登録トレーダーは、ボーナスのほかにも特別な低スプレッドで取引するプログラムも用意されているので、非常に利益を出しやすい環境から始めることができます。

そして、iForexのキャンペーンでもうひとつ特徴的とも言えるのが、現金をキャッシュバックするイベントですね。こちらは2回目以降の入金やトレードも対象になり、キャッシュバックの金額は完全にiForexの裁量で決まります。

頻繁に入金してトレードを継続している「お得意様」であるほど優遇されるプロモーションといえ、もしiForexをメイン口座として活用するのであればキャッシュバック・プログラムは収益のチャンスをさらに高めてくれるといえます。

各業者のボーナスキャンペーンの比較は下記ページにておこなっていますので、参考にしてください。

海外FXのボーナスについて徹底解説&各業者のボーナス制度を比較|出金条件や各種ボーナスの特長などをまとめ
海外FXの大きな特長の一つとも言えるのが、その豊富なボーナス制度ですね。ボーナスは、入金した証拠金に加えてトレードに使用することができ、より厚みのある資金でトレードを行えるようになります。 しかし数ある海外FX業者の中には、ボーナスを...

iForex公式サイトでボーナスの詳細を確認

MT4非対応&ブラウザ・アプリトレードは結構特殊

こちらはデメリットというべき点ですが、iForexは海外FXの標準的な取引ツールであるMT4(メタトレーダー4)に対応していません。これはiForexを使っているユーザーが最も不便だと感じる点ですね。

MT4を使用すれば高機能なチャートや自動売買、独自インジケーターなどが利用可能になりますが、iForexではMT4は使えずすべての取引をウェブトレーダーや公式アプリで行うことになっています。

初めて海外FXを利用するユーザーも今後のことを考えれば、標準的なMT4を使っておいた方が良いですし、中上級者は使い慣れたMT4が使えずやや困惑することを考えれば、これは人によってはかなりのデメリットに感じるポイントではないでしょうか。

チャート機能に限定して考えれば、XMなどのほかの業者で口座を開設してMT4をインストールしておけば、チャートはそちらを利用してトレードはiForexで行うという「使い分け」が一応できますが、それもやや不便と感じてしまいますね。

iForexの入出金方法~bitwallet非対応&出金手続きはやや不便

海外FXにおいて最も煩わしく感じるのが、入出金などの資金移動ですね。iForexでは、入金は銀行送金かクレジット・デビットカードを使用することになります。

ここで注意が必要なのは2019年現在、海外FXでメジャーな入出金方法となっているbitwallet(旧mybitwallet)が使用できないということですね。

入金については特に手数料がかかるわけではないのでまだよいのですが、問題は出金ですね。このbitwallet非対応という点は出金になるとかなりのデメリットになり得ます。

iForexからの出金は国際送金となるため、iForex側での出金手数料に加えて国内銀行での受取手数料(リフティングチャージ)、また中継銀行が存在する場合はその手数料もかかり、一度の出金で数千円の出費となります。bitwalletを使えば出金時にかかる費用は一律824円(ステイタスによってはそれ以下)となるため、この差はかなり大きいですね。

また、出金手続きをするためにはその都度、出金書類にサインしてスキャン・送信しなければならない点も面倒に感じる部分だといえます。

bitwalletの詳細な解説は下記をどうぞ。

bitwalletの使い方、入金/出金方法、手数料などを徹底解説!XMなど海外FX業者利用におすすめのオンラインウォレット
海外FXをうまく活用するためには、入出金方法についての理解は欠かせません。例えばXMでは出金方法として「(クレジット/デビット)カードへの出金」「海外銀行送金」「bitwallet口座への出金」などが用意されていますが、そのコストや所要時間...

iForexの運営実績と日本人トレーダーからの評判

iForexは創業1996年と、海外FX業者の中では屈指の老舗業者ですXMと並んでiForexをメインの海外業者とする日本人トレーダーも多く、安心してトレードを行うことができる業者と言えますね。

特に国内FXのレバレッジが25倍に規制され、また追証のリスクもある現在においては、iForexは安全で柔軟なトレードを行うことができる代替業者としての地位も確立しつつあります。

またiForexの関連投資会社は「英領バージン諸島」のライセンスや、ハンガリー国立銀行のライセンスを保有しています。

入出金やトレードに関しても(出金手続きの煩雑さを別にすれば)特に悪い評判はありません。

一部の海外FX業者は出金拒否などの入出金トラブルが発生したなどの事例が報告されていますが、iForexの場合には、特に入出金関連のトラブルが起こったという報告はありませんね。

iForexで今すぐ無料口座開設

iForexと相性の良いトレーダー

海外FXの老舗として信頼性が高く、ロスカット水準の低さが魅力のiForex。そんなiForexと相性の良いトレーダーとはどのような人なのかということを紹介していきたいと思います。

ハイレバレッジ&ロスカットレベル0%を活用したいトレーダー

まず「レバレッジ400倍&ロスカットレベル0%&ゼロカット」という環境を活用して、資金を最大限かつ効率的に使ったトレードをしたいという人に向いています。

これは、必ずしもハイレバレッジトレードに限定されません。

もちろん、レバレッジをギリギリまでかけて一発を狙うトレードにも向いているといえます。例えば一方向に相場が大きく動く状況で、ハイレバレッジトレードを成功させれば爆発的な利益につなげることができますね。

また損失額は最大でも入金額に限定されマイナス分はゼロカットされる(追証が発生しない)ため、リスクも明確です。

ただ、一発を狙う大ロットのトレードに加えて、小ロットやレバレッジを抑えて中長期的なポジションを持つトレードにも向いています。これは口座残高が0になるまで含み損に耐えられるというほかにはない特徴を活用して、中長期トレードでありがちな「ノイズで強制ロスカット」というリスクにも耐えられるからですね。

キャッシュバックの優遇を受けたい人

iForexのキャッシュバックは、業者の完全な裁量によって決まります。そのため、もしiForexをメイン口座として頻繁に入金やトレードをしている場合には、個別対応で優遇してもらえる可能性があります。

実際iForexはトレード性能的にもメイン口座として十分なレベルであるため、メイン口座としてトレードを行いつつ、キャッシュバックによってその利益を伸ばすというような使い方も可能です。

頻繁に入出金をするトレーダーには出金手続きが足かせになることも

iForexの出金手続きの煩雑さは、海外FXの中では最も大変なレベルだと言えます。

毎回書類をプリントアウトして署名し、それをスキャンして送信しなければならないほか、bitwalletに非対応で出金コストもかさんでくるため、頻繁に入出金をするトレーダーにとっては、iForexはあまり相性が良いとは言えません。

頻繁に入出金をする場合は、iForexではなくbitwallet対応の海外FX業者(XMやTitanFXなど)を利用したほうが良いですね。

iForexで今すぐ無料口座開設

まとめ

iForexは日本人トレーダーを強く意識した海外FX業者だといえ、うまく活用できればそれだけで大きなアドバンテージになる可能性があります。

例えばロスカットレベル0%は、ほかの海外FX業者にない最大の特長だと言え、大きな利益を狙うようなトレードや資金を最大限に活用した取引をするトレーダーにとっては非常に魅力的ではないでしょうか。

また運営実績の長さからくる信頼性の高さや、当然日本語に対応したサポートの手厚さは、日本人トレーダーにとっては安心できるものですね。

癖がそれなりに強いiForexですが、その特徴をしっかりと理解た上で利用すれば、トレーダーにとってメリットも多い海外FX業者ということが言えます。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTRADING)

海外のFX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナス+以降追加入金毎に+20%のボーナスが付与されます。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

Axiory

国内業者を超える信頼性と低コストなトレードを実現しているAxiory。
国内業者でも珍しい、スリッページの発生状況のような細かな情報まで公開されており、海外業者でありながらその信頼性は非常に高いです。
400倍という高いレバレッジにゼロカットと言った海外業者ならではのメリットはもちろん、信託保全も徹底されており、安心して取引ができる海外FX業者と言えると思います。

GemForex(GEM-Trade)

やや運営元の安心感には欠けますが、優秀なEAとミラートレードが手軽に使えるのがこのGemForex。
同じ運営会社のGEM-Tradeでは、本来有料で販売される数多くの優秀なEAが無料配布されており、GemForex口座ではこのEAが無制限で使用できます。
500万円まで100%という驚愕のボーナスもあり、FX初心者や裁量トレードの時間がないという人におすすめの海外FX業者ですね。

ランキングは下記調査に基づき作成しています。

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数3456名
有効回答数1982名
調査の期間2018年11月12日〜2018年11月30日
海外FX業者
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント