おすすめ海外FX業者社15社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

海外FXの魅力を徹底解説|ハイレバレッジ・ゼロカット・豪華ボーナスキャンペーンの3大要素に国内FXとの比較も紹介

海外FXの基礎知識

海外FXといえばハイレバレッジによる大きな取引というイメージが強いですよね。ただハイレバレッジというとリスクが高いと考えをもつ人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はハイレバレッジの真価は大きな取引ができるということだけではなく、証拠金を効率的に使えるという点にあります。また海外FXの本当の魅力は、ハイレバレッジだけに限らず、ゼロカット制度という安全性や豪華で豊富なボーナスキャンペーンにもありますね。

そこで海外FXの魅力やメリット、さらには国内FXとの比較や優れている点を、このページで解説していきたいと思います。

海外FXの重要な3つの魅力

海外FXの大きな魅力となっているのは「ハイレバレッジ」 「ゼロカット」 「ボーナス」の3点。これらを活用することで、効率的に資金を使うことができ、柔軟かつ安全なトレードが可能になります。

ハイレバレッジの本当の意味

ハイレバレッジというと「たくさんポジションが持てる=ハイリスク」ととらえる人が多いですが、必ずしもそうではありません。

レバレッジが高いと(またロスカット水準が低いと)、より多くの含み損を抱えても強制ロスカットされずにポジションを持ち続けることができます。つまり、自分のやりたいトレードがシステムによって中断されることが、ギリギリまでなくなるわけですから、収益チャンスは大きくなるというわけですね。

例えばハイレバレッジな海外FX業者であれば、仮に国内FX業者の10倍のポジションを持ったとしても、その許容できる最大の損失額は国内FX業者よりも大きくなります。それにより証拠金を効率的かつ柔軟に使うことができ、さらに儲けられる可能性も10倍以上大きくなるということですね。

もちろん収益性の高さは言うまでもありません。例えばメジャーな海外FX業者XMでは888倍という非常に高いレバレッジを採用しています。その場合、ドル円をわかりやすく1ドル100円で計算すれば、1lot=10万通貨=10,000,000円のポジションを取るのに必要な証拠金は、わずか11,260円程度。これはリスクを最小限に抑えつつ、少額資金でも多額の儲けを出すことができることを意味します。

ゼロカットの真価

ゼロカットというのは、仮に強制ロスカットによって口座残高がマイナスになったとしても追証(ロスカット未収金)が発生しないという制度のことです。

国内業者は、口座残高がマイナスになると追証を業者に支払わなければならない、というリスクがありますが、海外FXの場合には仮に残高がマイナスになった場合でも、すぐにゼロにリセットされます。

つまり、海外FXの損失は最大でも入金額までに抑えることができるということになり、そういう意味ではリスクが低いと言えますね。

ボーナスの有効活用方法

海外FXでは、口座を開設したり入金したりするとボーナスをもらえることがあります。

このボーナスというのは基本的に出金することはできませんが、トレード用の証拠金として利用することができるクレジットとなります。つまり入金額以上の証拠金を保有した状態でトレードをすることが可能になるというわけですね。

ハイレバレッジ&低いロスカット水準と組み合わせれば、より大きな取引で稼いだり、ロスカットの危険性を下げることができ、さらにトレードの幅が広がるということになります。

主要海外FX業者の比較

海外FX業者は非常にたくさんあります。しかし、中には信頼性の怪しい業者が存在していることも事実ですね。そのため、海外FX業者はメジャーで評判の良いものに限る必要があります。

一定以上の実績があり、評価の高い業者とをまとめると下の表のようになります。

業者名最大レバレッジゼロカット制度ボーナスの有無
XM

888倍or 500倍ありあり
TitanFX

500倍なし
Axiory

400倍なし
GemForex

1000倍あり
FBS

3000倍 or 500倍あり
iForex

400倍あり
LAND-FX

500倍 or 200倍あり

さらに各海外FX業者の特徴をまとめると、以下のような感じですね。

XM

2009年創業で海外FXの老舗とも言えるXM。世界最大規模のFX業者で、日本人にとっても「海外FX=XM」のイメージが強いナンバーワン海外FX業者です。

888倍のハイレバレッジのほか、高い約定力や安定したスプレッド、豊富なボーナス制度なども評価が高いですね。セーシェルのライセンスを保有しています。

XMの口座開設はこちら

TitanFX

2014年創業で比較的新しい海外FX業者であるTitanFX。しかしそのルーツとなっている会社は歴史もあり、信頼できる海外FX業者のひとつです。

ボーナス制度は提供しない代わりに、高い約定力と狭く安定したスプレッドの提供に力を入れている取引環境優先・玄人志向の業者と言えます。ニュージーランドのライセンスを保有しています。

TitanFXの口座開設はこちら

Axiory

2013年創業のAxiory。こちらもボーナス制度は提供せず、取引の透明性と安定性に力を入れている海外FX業者ですね。

情報公開も徹底されており、圧倒的に信頼性が高いと評判です。またMT4とともにcTraderという高機能な取引ソフトにも対応。cTraderはMT4の弱点を補った非常に使いやすい取引ツールで、こちらに対応しているのもポイントが高いです。ベリーズのライセンスを保有しています。

Axioryの口座開設はこちら

GemForex

2014年創業のGemForex。現時点で最もボーナスが豊富と言える海外FX業者ですね。金融ライセンスは未保有ですが、現在までの間で出金拒否などの悪評を聞いたことはありません。

また利用者に対してミラートレードや自動売買(EA)の無償提供を行っており、初心者はもちろん裁量トレーダーの分散取引・ポートフォリオのひとつとしても人気が高いです。

GemForexの口座開設はこちら

FBS

2009年創業とこちらも老舗のFBS。3000倍という圧倒的なレバレッジは、業界中でも断トツの高さですね。

ボーナス制度やキャッシュバック制度の評判が良く、取引量が多いトレーダーに人気が高いです。親会社はベリーズとキプロスのライセンスを保有しています。

FBSの口座開設はこちら

iForex

1996年創業と老舗中の老舗であるiForex。最大400倍のレバレッジを提供しており、ロスカット水準が0%と非常に低いことから、最も損失に耐えられる海外FX業者となっています。

iForexと言えば、取引量に応じた現金キャッシュバックも非常に魅力的。こちらはボーナスとは違い出金可能なお金ですので、取引量が多いトレーダーであれば、かなりのメリットになります。

またキプロスの金融ライセンスを保有し、20年以上の長い運営実績を誇ることから、信頼性が高く安心して取引できる海外FX業者と言えますね。

iForexの口座開設はこちら

LAND-FX

2013年創業のLAND-FX。豊富なボーナス制度に加えて、最狭スプレッドの実現をうたっている点が評判が高いポイントですね。世界で最も厳しいといわれるイギリスの金融ライセンス(FCA)を保有しており、信頼性も高い業者です。

海外送金せずに直接国内のATMから資金を引き出せる、今注目の決済サービス「SticPay」への対応も大きな魅力で、利用者も増えています。

LAND-FXの口座開設はこちら

各業者の徹底比較&おすすめランキング

海外FX業者各社の取引環境やボーナス制度の徹底比較&満足度調査などを元にしたランキングは、下記にまとめてあります。

海外FXの人気15業者を比較&おすすめランキング!口座スペックか...
海外FX業者は新しいものも含めるとかなりの数があります。そのため「おすすめの海外FX業者」や「海外FX業者ごとの違い・比較」「自分のトレードスタイルに最適な海外FX口座」を知りたいという人も多いのではないでしょうか。 しかし海外FXは...

海外FXと国内FXを徹底比較

国内FXと海外FX業者は様々な点で違いがあります。重要ポイントをまとめると以下の表のようになります。

海外FX国内FX
入出金

3.0

クレジットカードを使えば入金
はスムーズだが出金時の海外送
金手数料は高額。
bitwalletが利用できれば入出金
共に安くてスムーズ。

5.0

国内間の資金移動のため、入出
金に関しては全く問題なし。
クイック入金やリアルタイム出
金を実装している業者も多く、
困ることはない。

収益性

5.0

ハイレバレッジetcで柔軟な資
産運用が可能。

1.5

レバレッジ25倍&追証制度で自
由なトレードが難しい。

安全性

3.0

危険な業者も中にはあり。
メジャーな業者に絞って吟味す
る必要があり。

5.0

国内業者で金融庁に登録してい
る業者ならまず心配する必要は
なし。

ロスカット水準・追証

5.0

ハイレバレッジと併せてギリギ
リまでポジションを持てるロス
カットレベル&追証無し制度で
安心してトレードができる

1.5

ロスカット水準が高く、すぐ
に強制決済されることも。また
追証制度があり、借金になるリ
スクもある。

サポート

4.0

最近は日本語サポートに力を入
れている業者も多く、対応も迅
速。

5.0

電話・メールサポートを24時間
提供している業者もあり、心配
無用。

スプレッド

4.0

最近はスプレッド競争でスプレ
ッドもかなり狭い。

5.0

スプレッドは「ないに等しい
といっていいレベル。

通貨ペア数

5.0

メジャー通貨からマイナー通貨
まで網羅。

3.0

メジャー通貨に絞って提供して
いる業者も多い。

総合的に言えば「トレード関係では海外FX」「トレードと直接関係のない部分では若干国内FX」が優れているといえます。特にハイレバレッジによる収益性の高さや、ロスカット水準の低さ、ゼロカット制度などは、トレードをする上で非常に重要な要素であり、まさに海外FXにしかない魅力と言えるでしょう。

XMで今すぐ口座開設

海外FXが国内FXよりも使いやすい3つの理由

海外FXのNDD方式は国内FXのDD方式に比べて透明でフェア

国内FXと海外FXでは取引方式が実は違うということは意外と知られていません。海外FXのほとんどはNDD(ノン・ディーリングデスク)方式を採用しいますが、国内FXではDD(ディーリングデスク)方式(別名OTC方式)という取引方式を採用しています。

※Axiory公式ホームページより

NDD方式は取引の透明性が高い一方で、DD方式は取引の間に業者が介在することでややトレーダーにとっては不透明な取引になっていると考えられます。

「DD方式」を採用する国内FXでは「顧客の損失が業者の利益(逆もしかり)」という利益相反状態になっており、それを解消するためのカバー取引も十分ではないといわれていますね。実際に国内FXでは「利益口座の凍結」「グレーアウト」「意図的な約定遅延」などの問題が報告されています。

一方で、海外FXでNDD採用の業者ならば「手数料」が業者の利益なので、顧客と利益が相反せず、結果非常に健全でフェアな取引環境が保証されています。

海外FXのMT4は国内ではできないことが容易にできる!

海外FXのほぼすべての業者はMT4(メタトレーダー4)という取引ソフトを提供しています。

MT4はチャートソフトとしてほぼすべてのテクニカル分析を適用可能なほか、オリジナルインジケーターや自動売買プログラム(EA)の開発・インストールも容易に行えるようになっています。

まさにFXトレードをするうえで必須のソフトだといえますが、国内での採用例は少ないのが現状です。

ロスカット水準と追証

国内FXはロスカット水準(ロスカットレベル)が高く、また追証(ロスカット未収金)制度があります。ロスカット水準が高く(50%〜100%)、追証制度があるということは最大許容損失額が小さいということですね。海外FXと比べた場合に、国内FXでは損失に耐えうる許容範囲が非常に小さく、自動的に強制決済される可能性も高いと言えます。

確かにビギナーの保護にはよいかもしれませんが、ある程度FXに習熟している中上級者であれば、自分のトレードがシステムによって中断されるためあまり好ましいことではありません。

海外FXの場合には、ロスカット水準が非常に低い(0%~20%が普通)ため、ギリギリまで自分の裁量でトレードすることが可能です。またゼロカットにより追証が存在せず、入金額以上の損失からは保護されているため、安心してトレードを行うことができます。

海外FXの課題や注意点も最近は解消傾向にあり

海外FXのスプレッドは国内とそれほど変わらない

海外FXというと「スプレッドが国内より広い」という見方があります。確かに、国内FXのスプレッドはドル円を中心に非常にタイトになり、今や「ないに等しい」レベルですね。

しかし、近年海外FXでもボーナス制度を非適用にするなどの代わりに、極限までスプレッドを小さくした口座サービスを用意するようになりました。

例えばXMの提供するXM Zeroなどは、最小0.0pips~のスプレッド(手数料を加味しても0.7pips~)を提供しています。これだけスプレッドが狭いと国内FXとの差はあまりないといえるでしょう。

海外FXでも今やスキャルピングトレードは十分可能になっています。

XM Zero口座の詳細はこちら

入出金・安全面で気に留めておく必要があること

海外FXで最も気を付けないといけないのは入出金に関してです。こればかりは流石に国内FXには叶わない部分と言えますね。

国内FXの場合には、提携銀行からクイック入金(即時入金)を手数料無料で行うことができ、非常に簡単です。一方で、海外FXの場合には入出金に手間や手数料、時間がかかることがあります。

また、定評のある海外FX業者であれば安全性は大丈夫だといえますが、中には顧客からお金をだまし取ることが目的の非常に危険な業者もあります。そのため利用にあたっては、「その業者に関する入出金の評判」に関しては、特に気を付けておく必要があります。

bitwalletは海外FXのマストアイテム

海外FXを利用するにあたって、非常に頼りになるのがbitwallet(旧mybitwallet)というオンラインウォレットサービス。

※bitwallet公式ホームページより

bitwalletはインターネット上のウォレットということで、国を超えた多様な入出金・送金が可能な画期的なサービスですね。対応している海外FX業者は多く、海外FX←→bitwalletの入出金は即時に手数料無料で行うことができます。

また、bitwalletから各自の銀行口座への出金手数料も一律824円と、海外銀行送金と比べて非常にリーゾナブルな点も魅力的と言えますね。

海外FX利用者にとってはマストなサービスだといえるため、海外FX口座開設と同じタイミングかそれより前に、アカウント開設をしておきたいところです。

海外FXと国内FXの税制の違い

税制に関しても国内FXのほうが特別な取り扱いをされており、有利だと言えるポイントです。

国内FXの税金は、申告分離課税となっておりどれだけ利益が出ても一律で20.315%。さらに「損失繰り越し」という特別な取り扱いが認められています。

一方、海外FXの税金は総合課税の雑所得となっており、海外FXの利益が大きくなればなるほど税率が高くなります(累進課税)。給与所得など他の所得と合算した上で税率が決まるため、最大で55%(+復興特別所得税)の税金がかかる可能性がありますね。

海外FXと国内FXの比較まとめ

海外FXのメリットを数多く解説してきましたが、国内FXが一概に全て駄目という訳ではありません。ただ取引面や収益性の高さ、その他数々のメリットを考えれば、やはり海外FXは非常に魅力的だということがわかると思います。

それぞれの特徴やメリット、良さを理解した上で、自分に最適な環境・会社を選ぶようにしましょう。

人気の高い海外FX業者ランキングTOP6

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数7550名
有効回答数4932名
調査の期間2019年11月15日〜2020年1月15日
海外FXの基礎知識
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました