おすすめ海外FX業者社15社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

海外FXの最大レバレッジを比較&おすすめ業者ランキング!レバレッジ制限やロスカット水準についても紹介

海外FX比較

海外FXの魅力のひとつと言えば、ハイレバレッジな取引が可能なこと。国内FXでは規制によりレバレッジが最大25倍に制限されていますが、海外FX業者ではその数十倍、1000倍や3000倍といったレバレッジをかけて取引することが可能です。

そのため非常に資金効率の良いトレードが可能で、少額の資金でも大きく稼ぐことができますね。レバレッジが高いとそれだけギャンブル性も高くロスカットの危険性も上がりますが、海外FX業者はロスカット水準が低いため、しっかり資金管理さえしっかりしていれば、大きな損失を出すリスクを抑えることができます。さらに海外FXならではの追証なしのゼロカットでは入金額以上の損失が発生しないため、その点もハイレバレッジと非常に相性が良いと言えるでしょう。

しかし、海外FX業者は非常に多くあり、いくらレバレッジが高いと言っても信頼性の面などで全てがおすすめできるわけではありません。そこで本記事では海外FX業者の中でレバレッジが高く、かつ優良なおすすめブローカーを厳選。それぞれの業者の特徴や魅力もあわせて紹介します。

主要な海外FX業者の最大レバレッジ比較

主要な海外FX業者を、最大レバレッジが高い順に並べると以下の表のようになります。

業者名最大レバレッジロスカット水準
FBS
3000倍証拠金維持率20%以下
HotForex
1000倍証拠金維持率10%以下
Gemforex
1000倍証拠金維持率20%以下
is6com
1000倍証拠金維持率50%以下
XM
888倍証拠金維持率20%以下
BigBoss
555倍証拠金維持率20%以下
LandFX
500倍証拠金維持率30%以下
TitanFX
500倍証拠金維持率20%以下
AnzoCapital
500倍証拠金維持率20%以下
TradersTrust
500倍証拠金維持率50%以下
iForex
400倍証拠金維持率0%以下
Axiory
400倍証拠金維持率20%以下
Tradeview
200倍証拠金維持率100%以下

上の表からもわかるように、FBSが3000倍という圧倒的なレバレッジを誇っていますね。これは、例えば1ドル=100円とした場合、10万円の資金でUSDJPYを最大300万通貨=30ロット保有できるということ。ここで1ドルが100.1円に10銭上がれば、それだけで100万円もの利益が生まれることになります。

もちろんこれは3000倍という圧倒的に高いレバレッジがあっての話ではありますが、他の業者も概ね500倍以上と、国内FXと比較すればかなり高いレバレッジでの取引が可能です。

1万通貨保有するのに、レバレッジ3000倍であればたったの333円、レバレッジ500倍でも2000円しか資金が必要ないということを考えても、レバレッジが高い海外FXはかなり投資効率が良いと言えるのではないでしょうか。もちろん、海外FXには追証なしのゼロカットがあるため、フルレバレッジで取引して万が一損失が出たとしても、入金額以上に損をすることはなくリスクも限定されています。

また、ロスカット水準は、ほとんどの業者で証拠金維持率20%以下。これも50%〜100%に設定されることが多い国内FXと比べて、かなり抑えられていると言えるでしょう。特にiForexに関しては証拠金維持率0%以下と実質強制ロスカットされることがなく、損失に耐えやすくなっています。

最大レバレッジが高い海外FX業者のおすすめランキング

ここからは最大レバレッジ500倍以上を誇る主要海外FX業者の中から、特におすすめのブローカーをランキング形式で紹介。最大レバレッジは制限がかかったり条件があることも多いため、レバレッジの高さだけではなく、より制限されにくいことなども考慮に入れて、ランキング化しています。

1位:GemForex

豪華ボーナスで有名なGemForexですが、その最大レバレッジは1000倍。FBSの3000倍には流石に負けますが、数ある海外FX業者の中でもかなり高いレバレッジでの運用が可能ですね。

何よりも素晴らしいのは、その制限の緩さです。CFD銘柄に関しては66~200倍に制限されていますが、それ以外であれば口座残高200万円(20,000USD)までは1000倍での取引が可能。仮に残高が200万円を超えた場合でも、500倍という比較的高めのレバレッジでトレードできます。

また、他の海外FX業者では口座タイプによってレバレッジが制限されることが多く、特にスプレッドの狭いECN口座では大きくレバレッジが下がるということも珍しくありません。しかしGemForexの場合は、スプレッドが狭いノースプレッド口座でも、スタンダードなオールインワン口座同様1000倍での取引が可能であり、この点もランキング1位とした理由です。

レバレッジの高さだけで言えばFBSに劣りますが、その制限の緩さから最もハイレバレッジトレードをしやすいブローカーと言えるでしょう。

2020年2月10日、驚異のレバレッジ5000倍口座の開設が可能となりました。入金額や利益の上限付きではありますが、5000倍といえばFBSの3000倍を超えるレバレッジであり、海外FX業者の中でも最大クラスの高さですね。限定300口座ということですぐに規定数に達してしまい、現在は開設できませんが、ノースプレッド口座のように今後一般解放される可能性もありますので、超ハイレバレッジ口座を試したいという人は定期的に公式サイトなどを確認しておきましょう。

GemForexの口座開設はこちら

2位:XM(XMTrading)

日本人利用者数がナンバーワンで海外FXの代名詞とも言えるXMですが、その最大レバレッジは888倍。3000倍や1000倍といったかなり大きな数字が並ぶ海外FXにおいては、標準よりやや上という立ち位置ですね。レバレッジはあらかじめ設定されている1倍から888倍の16段階から任意で設定でき、柔軟にコントロールできるようになっています。

そんなXMですが、口座タイプによるレバレッジ制限が存在します。XMには標準的な「スタンダード口座」のほか、10通貨から取引できる「マイクロ口座」、スプレッドの狭いECN口座にあたる「Zero口座」の合計3つの口座タイプが用意されていますが、この中で888倍のレバレッジが選択できるのは「スタンダード口座」と「マイクロ口座」の2つ。「Zero口座」では最大500倍までの利用となります。

また口座残高による2段階のレバレッジ制限も存在し、2万ドル(200万円相当)以上の口座残高で200倍、さらに残高が10万ドル(1,000万円相当)を超えると100倍まで制限されます。888倍から一気に200倍/100倍と大きくレバレッジが下がってしまう点は、やや残念ですね。

とは言え、これでも他のブローカーと比較すれば、まだ基本レバレッジが高く制限が緩い方です。GemForexほどではありませんが、XMも高いレバレッジを維持しやすいブローカーと言えるでしょう。

XMの口座開設はこちら

3位:FBS

FBSは世界で唯一、最大レバレッジ3000倍という驚異的なハイレバレッジでFX取引が出来る業者。しかし、常に無条件で3000倍で取引出来るわけではなく、口座タイプや口座残高によって、設定できる最大レバレッジが変わってきます

まず口座タイプによるレバレッジ制限ですが、FBSの5つの口座タイプにおいて設定できる最大レバレッジは下の表のようになっています。

口座タイプ最大レバレッジ
セント口座1000倍
マイクロ口座3000倍
スタンダード口座3000倍
ゼロスプレッド口座3000倍(最低入金額500ドル)
ECN口座500倍

表からもわかるように、3000倍レバレッジが利用できるのは「マイクロ口座」「スタンダード口座」「ゼロスプレッド口座」の3口座のみ。セント口座とECN口座はそれぞれ1000倍、500倍と最大レバレッジが抑えられています。

さらに下記の表のように、口座残高によってもレバレッジ制限が掛けられます。

口座残高最大レバレッジ
200ドル(約2万円)以下3000倍
2000ドル(約20万円)2000倍
5000ドル(約50万円)1000倍
30000ドル(約300万円)500倍
150000ドル(約1500万円)以上200倍

※レバレッジ50倍と100倍に関しては、残高による制限なし

上記のように3000倍のレバレッジで取引するためには、口座残高が200ドル以下でないといけません。つまり最低入金額が500ドルからとなっている「ゼロスプレッド口座」は、口座タイプとしては3000倍が設定できても、入金直後には3000倍で取引することが出来ないということですね。

もちろん入金だけでなく、トレードによる利益なども含め、口座残高が増えていくと、段階的にレバレッジが制限されていきます。なるべく高いレバレッジを維持したいのであれば、定期的に別口座へ資金移動をしたりこまめに出金するなどして、口座残高が増えすぎないように調整しましょう。FBSは複数口座を持てるため、取引用の口座と利益をプールする用の口座を分けて用意するのも有効ですね。

さらにもうひとつ、ボーナスやキャンペーンの利用でもレバレッジ制限がかかります。FBSには魅力的な入金ボーナスや口座開設によるキャンペーンがありますが、これらを利用すると最大レバレッジが500倍に制限されてしまうということですね。

このように様々なレバレッジ制限を考慮した場合、「マイクロ口座」「スタンダード口座」で口座残高200ドル以下、かつキャンペーンやボーナスを利用しないことが、3000倍レバレッジで取引するための条件となります。FBSは3000倍という圧倒的に高いレバレッジを誇るものの、やや厳しいとも言える制限のため、GemForexやXMと比較すれば高いレバレッジを維持しづらいブローカーと言えるでしょう。

FBSの口座開設はこちら

4位:HotForex

FBSの3000倍に比べれば低いですが、それでも1000倍とかなり高いレバレッジで取引出来るのが、HotForexです。HotForexのレバレッジ制限は主に口座タイプによるものだけ。口座残高によるレバレッジ制限もありますが、30万ドル以上の場合のみ最大レバレッジが調整されるだけなので、あまり気にする必要はないと言えるでしょう。

HotForexの口座タイプによるレバレッジ制限については以下の表のようになっています。

口座タイプ最大レバレッジ
プレミアム口座500倍
マイクロ口座1000倍
zero口座500倍
Auto口座500倍
HFCOPY口座400倍

HotForexでは、マイクロ口座のみ最大レバレッジ1000倍で取引することが出来ます。標準的なプレミアム口座では利用できず、他の口座では400~500倍でしか取引出来ませんので、1000倍で取引したい場合はマイクロ口座を選択するようにしましょう。

また、HotForexには複数のボーナスが用意されていますが、「30%レスキューボーナス(日本での新規受付は終了/既存利用者は利用可能)」を利用した場合、レバレッジが500倍に制限される点は注意が必要ですね。マイクロ口座では他に「100%クレジットボーナス」を利用できますが、こちらの利用であれば、レバレッジ制限なく取引することが可能です。 

FBSに比べ、レバレッジ制限の条件も少ないと言えますが、口座タイプがひとつに限られているのはやや残念なポイント。特に100%スーパーチャージボーナスという、HotForexで最もおすすめのボーナスが利用できるプレミアム口座で1000倍が使えないのは、大きなデメリットですね。そのため最大レバレッジの高さではXMを超えていますが、ランキングではこの位置付けになっています。

HotForexの口座開設はこちら

総括

レバレッジが高ければ、それだけ資金効率の良いトレードができるため、レバレッジの高さはもちろん海外FX業者を選ぶ際の指標になります。しかしほとんどの業者でレバレッジ制限がありますので、単純に高さだけを見てしまうと、思った通りのレバレッジで取引ができない、ということが発生してしまう可能性がありますね。

そのようなことを避けるためにも、レバレッジの高さだけに注目するのではなく、必ずレバレッジ制限の条件などについても確認しておくことが重要です。特に残高に応じた制限は多いですので、自分がどれくらいの資金でトレードをするかを想定し、その資金額における最大レバレッジを確認しておくと良いでしょう。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8156名
有効回答数6214名
調査の期間2020年1月15日〜2020年4月15日
海外FX比較
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました