海外FXの始め方マニュアル|業者の選び方からおすすめの海外FX会社一覧、取引の流れ、入金出金、税金、基礎知識まで徹底解説

海外FXの使い方

FX取引については2018年に国内のレバレッジ規制が話題となったこともあり、最近は海外FXが注目されるようになってきています。しかし、海外FXの経験がない人は「英語が話せない・・・」「入金や出金はどうすればいい・・」「そもそも安全なのか」と思う人も多いのではないでしょうか。

実は、海外FXは昔に比べると、かなり参加するための敷居が低くなってきています。海外FXの口座開設は国内のFX業者と比較しても、そんなに難しくはありませんし、日本語対応が充実している海外FX業者も今はたくさんあります。国内FX利用者もその規制の多さから今はどんどん海外FXを利用するようになっていますし、使い方がわからないからと海外FX業者を利用しないのは、機会損失と言っても過言ではありませんね。

海外FXと国内FXでは異なる点が多いのも事実ですが、海外FXの魅力やメリットを理解し、しっかりと利用する業者を選べば、FX取引における利益を最大化できるでしょう。そこで本記事では、海外FXの魅力や実際に始めるための業者の選び方、入出金方法などを詳しく解説していきたいと思います。

海外FXの魅力とは

海外FXの始め方/利用方法を説明していく前に、まずは簡単に海外FXの魅力について解説しておきたいと思います。

海外FXには多くの魅力がありますが、その中で代表的なものと言えば、「ハイレバレッジ」「ゼロカット」「ボーナス」の3点です。FXの特徴であるレバレッジを最大限に活用でき、取引に利用できる豊富なボーナスが付与され、さらに口座資金以上の損失リスクがない。このようなトレードが海外FXでは実際に体験できます。

では、簡単にそれぞれの特徴について見ていきましょう。

ハイレバレッジ取引が可能

レバレッジとはテコの原理に例えられるように、資金以上の取引を可能にする倍率のことですね。この最大レバレッジが国内FXでは25倍に制限されていますが、海外FXでは500倍や800倍は珍しくありませんし、中には1000倍という業者もあります。

「ハイレバレッジ=危険な取引」と考える人も多いようですが、必ずしもそうとは限りません。もちろんポジション量が多いと資金の変動が激しくなりますので、自分の資金量にあった適切な資金管理が必要です。しかし視点を変えてみると、適切な資金管理のもとでは、少ない証拠金で多くのポジションを保有できるということになります。

これはつまり、資金を最大限有効に使った効率的なFX取引が可能ということになり、過剰なポジションを保有することはおすすめできませんが、しっかりリスク管理をすれば少額の資金で多額の利益を出すことが可能になります。

ゼロカットシステムの採用

ゼロカットシステムとは、突然の価格の変動によって、口座資金残高がマイナスになってしまったとしても追証が発生しない仕組みのことです。よくFXや金融取引をしていて残高以上のマイナスが発生し追証が発生した=借金を背負ってしまったという話を聞くかもしれませんが、海外FXにおいてはそのような事態は発生しないということですね。

ゼロカットシステムを採用している海外FX業者では、最大損失額は口座残高までとなるため、追証の発生を避けられます。そういう意味では追証が発生する国内FXよりも海外FXのほうが安心して取引ができると言えるのではないでしょうか。

また前述のハイレバレッジ取引も、このゼロカットシステムによって不安を感じることなく活用できるようになります。

豊富なボーナスの付与

海外FX業者の中には、口座開設や入金の際にボーナスがもらえることあります。例えば口座開設をするだけで1万円と言ったものや、10万円の入金で10万円のボーナス(トータルで20万円)がもらえるなど、海外FX業者によって様々なボーナスが用意されていますね。

このボーナスは取引専用ですので出金はできませんが、ボーナスを使って出た利益は出金可能です。取引可能な残高が増えるということは、それだけ大きな取引ができたり余裕を持って取引ができるということになりますね。例えば口座開設ボーナスを使えば、元金0で口座に入金しなくてもFX取引を体験することもできます。

FX業者や口座タイプによってもボーナスの種類などは異なりますが、これも海外FXの大きな魅力のひとつですね。

海外FX業者を選んで、口座を開設する

それではここから海外FXの始め方を解説していきたいと思います。海外FXを始めるには、まず利用する海外FX業者を選び、口座を解説しなければいけません。

しかし、海外FX業者をインターネットで検索すると、驚くほどたくさんの結果が出てきますので、初めて海外FXを利用するという人は、どの業者を選べばよいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。ここでは6つの視点で海外業者の選び方を説明していきたいと思います。

海外FX業者の選び方

人気の高さで海外FX業者を選ぶ

海外FX業者を選ぶ上で、その人気の高さは重要な指標になるのではないでしょうか。サービスが充実しており利用者数が多い業者ほど、人気は高くなると推測できますよね。

各海外FX業者にはそれぞれ特徴やメリット・デメリットがあり、特定の分野が優れていても別の面で欠点があるということもあります。特に大きな欠点がある場合は、人気もそれに応じて下がっていきますね。そういう意味では全体的なサービスのバランスが良い、欠点もほとんど気にならないという業者ほど総合力が高く、万人から指示を得やすい=人気が高いといえます。

そして、最も人気が高く総合力で見てもナンバーワンと言える海外FX業者はやはりXM。ハイレバレッジ・豊富なボーナス・ゼロカットなど、海外FXの魅力を全て備えており、さらに高約定力に日本語サポートの充実と、あらゆる面で水準の高い海外FX業者です。

当サイトで独自に集計した海外FX業者のランキングは下記にまとめています。それぞれの業者の特徴やメリットなどについても記載していますので、海外FX業者選びの参考にしてください。

ただし、他人の評価が必ずしも自分の評価と一致するわけではありません。当サイトでは様々な海外FX業者の特徴をそれぞれ解説していますので、気になる業者があればぜひ一度確認してみてください。

人気ナンバーワン海外FX業者XMの口座開設はこちら

レバレッジの高さやロスカット水準の低さで海外FX業者を選ぶ

海外FXの魅力といえば、レバレッジと答える人もいます。海外FX業者は500倍や800倍など、国内FX業者の何十倍ものレバレッジをかけられますので資金をより効率的に活用した取引が可能になりますね。

海外FXの魅力でも説明した通り、レバレッジという言葉には「てこの原理のテコ」の意味があり、このレバレッジを利用すると少ない証拠金で大きな金額を動かすことが可能になります。日本国内では25倍に制限されていますが、海外FXでは200倍~3000倍と国内とは比較にならないほど大きなレバレッジをかけられます。

またレバレッジと並んで重要なのがロスカット水準。ロスカットとはFX業者による強制損切りのことですね。「これ以上ポジションを保有すると危険だ」とFX業者が判断する水準を下回ると、強制的にポジションが決済されてしまいます。このロスカット水準が低いほど、ロスカットされる可能性が少ないのでギリギリまでポジションを保有でき、トレードの幅も広がっていきます。

このようにどれくらい大きく取引ができるか(レバレッジ)や、どれくらい負けにくいか(ロスカット水準)という基準で、海外FX業者を選ぶというのも良いのではないでしょうか。ちなみに当社調べの主要海外FX業者の中で、最もレバレッジが高いのがFBSの3000倍、最もロスカット水準が低いのがiForexの0%となっています。

最大レバレッジが驚異の3000倍を誇るFBSの口座開設はこちら

ロスカット水準が低く最も損失を許容できるiForexの口座開設はこちら

ボーナスの豪華さ・豊富さで海外FX業者を選ぶ

海外FXの魅力としてボーナスを想像される人もいるでしょう。数ある海外FX業者の中には非常に豪華なボーナスを用意している業者もあります。口座開設や入金のたびにもらえるボーナスを使ってより大きな利益を狙うことができますし、口座のクレジットが多ければ取引の幅もかなり広がりますね。

FX業者や口座タイプによっては、そもそもボーナスを用意していなかったり対象外であったりするので口座開設をする前に確認が必要です。またほとんどの業者ではボーナス自体を出金することはできません。種類も非常に多くありますので、それぞれの特長を少しでも頭に入れておくといいですね。

ちなみに口座開設ボーナス、入金ボーナスが最も大きいのはGemForex。定期的に開催されるキャンペーンで口座開設ボーナスは20000円、入金ボーナスは500万円まで100%という非常に豪華なボーナスを提供しています。

またGemForexには劣るものの、やはりXMのボーナスも魅力的ですね。こちらはGemForexのように期間限定で開催されるものではなく常に実施されていますので、口座開設のタイミングなども考える必要がないのが良いですね。

なお、日本人トレーダーからの人気が非常に高いiForexでは、海外FX業者には珍しいキャッシュバックを実施しています。こちらは取引への利用はもちろん、ボーナスとは違って現金化して出金することも可能なお得なサービスとなっています。

定期的に豪華なボーナスキャンペーンを実施しているGemForexの口座開設はこちら

充実のボーナスがあるXMの口座開設はこちら

キャッシュバックがあるiForexの口座開設はこちら

安全性の高さで海外FX業者を選ぶ

海外FXをこれから始めようと考えている人の中には、「そもそも海外FXは安全なのか」と疑問に感じる人もいるでしょう。海外FX業者と取引すること自体は法律的に何の問題もありません。ただ金融庁の管轄ではないため、トラブルが起きても基本的には自己責任になるというだけですね。

つまり海外FX業者が信頼できるかどうかという安全性の高さは、海外FXを利用する上でとても重要といえます。口座開設して取引を始める前に、できるだけ情報収集をして安全な海外FX業者を選ぶ必要があります。

スプレッドの低さで海外FX業者を選ぶ

取引コストを最大限に抑えたいトレーダー、特に何回も取引を重ねるスキャルピングトレーダーは取引コストをできるだけ抑える必要がありますよね。そんな取引コストとなるスプレッドですが、これはFX業者や口座タイプによって異なってきます。固定幅のスプレッドもあれば変動するスプレッドもありますね。

自分がトレードする主な通貨ペアは何か、どんな取引スタイルなのかをしっかり分析して適切な業者を選べば取引コストを抑えて利益を伸ばせる可能性が高くなります。

最狭スプレッドを誇るTradeviewの口座開設はこちら

海外FXで自動売買をしたい

FXトレードには自分で取引の判断を下す「裁量取引」と、エントリーや決済を事前にプログラムしたEAを稼働させる「自動売買取引」があります。自動売買はチャートを見る必要もなく稼働させておくだけで注文から決済まで全て完了してくれるため、取引する時間がない人や裁量トレードと合わせてリスク分散のために利用する人もいますね。

ほぼ全ての海外FX業者が提供している取引プラットフォームMT4では、このEAを稼働させて自動売買を行うことが可能です。しかし自分で最初からプログラミングしてEAを作成するのは難しいですよね。そのため有料販売されているものや、無料で配布されている物を使うということがほとんどです。

そして海外FX業者の中には口座開設をした人を対象にEAを無償で提供している業者がありますそれがボーナスの部分でも紹介したGemForexですね。なんと数万円もするEAでさえも無償で提供しており、特に手数料を上乗せされることはありません。GemForexに口座開設するだけでEAの無料配布サービスを利用できるようになっています。

また無料でEAを配布しているサイトなども存在していますが、こちらの場合は特定の海外FX業者での口座開設が条件になっていることが多いです。そのため自動売買をしたいという人は、EA配布サイトなどを確認して対応する海外FX業者を選ぶようにしましょう。

口座開設することで優秀なEAが使えるようになるGemForexの特徴や評判、メリット・デメリットについては下記の記事に詳しくまとめています。

MT4とEAを使った自動売買の始め方や無料配布サイトについて知りたい人は下記の記事をどうぞ。

優秀なEAが無料で使えるGemForexの口座開設はこちら

どの業者がよいかわからないという人はまずXMがおすすめ

ここまで様々な視点で海外FX業者の選び方をみてきましたが、自分ですべて調べて選ぶのはハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。そんな時は海外FX業者の中の最大手であるXMでまず口座開設してみることをおすすめします。

XMは日本人トレーダーの中でも人気が高く、初心者から上級トレーダーまで幅広く利用できる業者ですね。レバレッジ888倍で追証なし、豪華なボーナス特典に万全の日本語サポートと、全体的にバランスがとてもよく知名度の高さも抜群です。

海外FX業者を選ぶ基準は様々ですが、どの業者にもやはりメリットもあればデメリットも存在します。スプレッドが狭い代わりにボーナスがないという業者や、レバレッジが高い代わりに入出金方法が限定されていて使いにくいと言った感じですね。

そういう意味において、XMはどの観点で見ても標準以上のレベルを備えており、海外FXを始めるのであれば、ぜひ口座開設をしておきたい業者と言えます。

総合力が高く人気ナンバーワンの海外FX業者XMの特徴や評判、メリット・デメリットは下記の記事に詳細をまとめています。

XMの口座開設方法やボーナスなどは下記の記事をどうぞ。

総合力が高く万人におすすすめできるXMの口座開設はこちら

口座タイプを選んで口座開設する

海外FX業者を選んだら、次は口座開設ですね。ただ開設前にまずは口座タイプを選択しなければいけません。

海外FX業者のホームページを見ると、口座タイプも様々な種類が用意されていることがわかると思います。口座の種類によって、レバレッジやボーナス、各取引条件が異なってきますので、口座タイプの違いやそれぞれのメリット・デメリットをしっかり理解した上で、自分に合ったものを選ぶ必要があるというわけですね。

海外FX業者の口座タイプには大きく分けて2種類あり、「STP口座とECN口座」があり、簡単にまとめると以下のようになります。

STP口座・スプレッドが広めだが手数料無料
・レバレッジが高く豊富なボーナスが用意されていることが多い
ECN口座・スプレッドは狭めだが手数料あり
・レバレッジは低めでボーナスがないことが多い
・最低入金額・取引量が高めに設定されている場合も

STP口座はスタンダード口座という名称になっていることが多く、レバレッジやボーナスが最大限活用できる口座になります。そのため一般的にはこちらの口座を選択することが多いですね。

逆にECN口座はレバレッジが抑えられていたりボーナスがないなどの制限があることが多いですが、取引コストは抑えやすくなっています。トレーダーがスプレッドなどの取引コストを重視するのか、レバレッジやボーナスなどを優先するのかによって選ぶ口座が異なるというわけですね。

海外FX業者では複数の口座を作ることもできますので、まずはその海外FX業者の特長を最大限活用できるスタンダード口座(STP口座)を開設し、追加口座としてECN口座を開設するという方法を個人的にはおすすめします。

また、スタンダード口座の中には最低取引量が低く設定されたマイクロ口座が用意されていることもありますので、少額から取引をしたいという人はこちらの口座を開設するようにしましょう。

取引プラットフォームをインストールする

FX業者の口座開設が完了したら、次は取引プラットフォームをインストールしましょう。この取引プラットフォームは海外FX業者によってMT4やcTrader、Currenexなど、いくつかの種類が提供されています。中でも、最もメジャーでほとんどの業者で採用されているのが「MT4(エム ティー フォー)」ですね。

日本ではFX会社が独自に開発したプラットフォーム(取引ツール)を使うことが多いですが、海外FXを利用する場合は、このMT4をメインで使うことになります。MT4は、まさに取引プラットフォームとしてはグローバルスタンダードと言える存在。自分でプログラムを作成したり、自分の戦略を過去のチャートを使って検証できたりなど、多くのメリットがあるツールですね。インターネットなどで配布されているインジケータや自動売買プログラムを導入して、独自のチャート分析をすることも可能です。

海外製のチャートソフトですが操作に慣れてしまうと「これほど使い勝手のいいツールはない」と思う人も多いはず。MT4は海外FX業者のサイトで配布されており、無料で利用することができますので、口座を開設した後は早速ダウンロード、インストールしましょう。MT4へのログイン用のIDやパスワードは、口座開設時にメールなどで送られてきていると思いますので、そちらもしっかり確認してしておいてください。

MT4のインストール方法や使い方については、下記の記事で詳細に解説していますので参考にしてください。

MT4がバージョンアップしたMT5と言うプラットフォームも存在します。ただしこちらはまだ多くの海外FX業者で採用されてはおらず、まだまだMT4のほうが利用者も多くスタンダードです。MT4とMT5の違いやそれぞれの特徴・メリットについては下記の記事をご覧ください。

口座に入金する

取引プラットフォームをインストールし、取引できる環境ができれば次は口座に入金をしなければいけませんね。ただし海外FXの場合、国内FXのようにクイック入金などはできないことが多く、クレジットカードや国際送金サービスなどを使う必要があります。

XMなど一部の海外FX業者は国内銀行送金に対応しており、この場合は国内間での資金の移動になるため、早くて安心で便利な入金方法と言えます。国内送金が使える場合はこの方法が最もおすすめの入金手段ですね。またクレジットカードを使った入金も、海外FXを利用する際は比較的一般的な入金手段となります。

海外FXの入金方法には様々な方法があり、それぞれに特長や注意点などがありますのでしっかりと把握しておくようにしましょう。

取引の利益を出金する

入金が完了して実際に取引を行い、利益が出れば次は出金する必要がありますね。出金の際も入金と同様に様々な方法がありますが、海外とのお金のやり取りにはマネーロンダリングという犯罪を避けるため様々な規制があります。不安なく海外FXを始めるためにも出金の方法を知っておくことは非常に重要ですね。

個人的に最もおすすめの出金方法はbitwalletを使った出金です。bitwalletはオンライン上にお金を保管する、いわゆるオンラインウォレットと呼ばれるサービス。入出金が非常に簡単で、国内の銀行と海外FX業者間の資金移動を中継する役割を果たしてくれます。

対応している海外FX業者からbitwalletへの出金は手数料が無料になっている場合が多く、費用が発生するのはbitwalletから国内の銀行口座に出金する時のみ。また、この国内銀行への出金手数料も、海外FX業者から直接国際送金するよりも大幅に安く824円となっています。

さらにbitwalletが素晴らしいのは、条件をクリアすることで会員ステータスがランクアップし、最大で手数料が50%割引になる点。最上位のステータスであるアンリミテッドは、直近1年間の入金実績が3万ドル以上、かつ、直近1年間の入出金、送金回数実績が30回以上ですが、これは海外FXを利用する上では特にハードルが高い条件ではありません。

実際に私も下記の画像のように、直近1年の入金実績が70,000ドル程度、回数実績が33回でアンリミテッド会員になっていますが、複数の海外FX業者を利用している場合、比較的簡単にクリアできる条件です。これで国内銀行への利益などの出金手数料が半額の412円に抑えられる点は、かなりのメリットと言えますね。

bitwallet上にお金を保管しておけば、対応している海外FX業者に簡単に入金が可能ですし、資金移動がすぐにできることもメリットのひとつで、海外FXを利用する場合はぜひ使うようにしたいサービスと言えます。

利益にかかる税金を納税する

海外FXで利益が出た場合、忘れてはいけないのが税金の支払いですね。国内FXでも海外FXでも税金の支払いは発生しますが、課税方法が異なってきますのでやや注意が必要です。

確定申告による税金の計算などは難しく感じてしまう人もいるかもしれませんが、しっかりと納税しておかないと、脱税となってしまいます。海外FXで利益が出た場合どんな方法で納税すればよいのかを把握し、しっかり納税するようにしましょう。

まとめ

海外FX業者はそれぞれに特長となるサービスが異なっています。また、国内業者とは入金方法や税金の支払いなど、仕組みが異なる部分も多いですね。

しかし、海外FXならではの特徴をしっかりと理解して活用すれば、資金を効率的に使って国内FX以上に大きな利益を得る可能性が高くなります。安全性の高い業者を選べば、ゼロカットのおかげで国内FX以上に安心して取引ができますし、日本語サポートが充実している業者であれば、入出金などで迷うこともありませんね。

国内FXでトレードしている人はもちろん、FX自体が初めてという人にも、ぜひチャレンジしてもらいたい海外FX。自分に合った海外FX業者をしっかりと選んで、海外FXならではの魅力を存分に満喫してください。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外のFX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナス+以降追加入金毎に+20%のボーナスが付与されます。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

GemForex

やや運営元の安心感には欠けますが、優秀なEAとミラートレードが手軽に使えるのがこのGemForex。
同じ運営会社のGEM-Tradeでは、本来有料で販売される数多くの優秀なEAが無料配布されており、GemForex口座ではこのEAが無制限で使用できます。
500万円まで100%という驚愕のボーナスもあり、FX初心者や裁量トレードの時間がないという人におすすめの海外FX業者ですね。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

ランキングは下記調査に基づき作成しています。

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数3456名
有効回答数1982名
調査の期間2018年11月12日〜2018年11月30日
海外FXの使い方
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント