海外FXの強制ロスカット水準について解説|証拠金維持率やレバレッジとの関係、ロスカットされにくい業者を比較・ランキング

海外FXの基礎知識

FXにおいて損失を抑えて最低限の資金を残すための仕組みである「強制ロスカット」。トレーダーの意図に関係なく強制的にポジションが決済される、この「強制ロスカット」が実施される基準(ロスカット水準)は各FX業者ごとに差があります。

このロスカット水準は、FXを行う上で比較的重要な要素であり、損失の確定が遅ければ、ギリギリまでポジションを保有でき、反転の機会をうかがえる一方、ロスカット水準が高いと、それだけポジションが決済される確率が必然と高くなります。つまり強制ロスカット水準が低ければ低いほど、損失の確定も遅く負けにくくなるというわけですね。

そんなロスカット水準ですが、国内FXでは証拠金維持率100%ということが多いのに比べ、海外FXでは証拠金維持率0%〜50%と低く抑えられています。そこで今回は、海外FXの強制ロスカットの基礎知識や流れ、ロスカットという基準で考えた場合のおすすめの海外FX業者について、詳しく解説していきたいと思います。

強制ロスカットについての基礎知識

冒頭でも説明したように、FXには「強制ロスカット」という、トレーダーの資金を最低限守るための仕組みがあります。通常、ストップロス注文はトレーダーが行いますが、強制ロスカットは含み損が一定以上になった場合に、FX業者がトレーダーの意図とは関係なく実行する損切りのことですね。

ロスカットは強制的なポジションの決済ですので、このロスカット水準は保有ポジションの明暗を分ける重要なポイント。強制ロスカット水準が低ければ、それだけ負けにくいと考えることもできます。

そんな強制ロスカットですが、証拠金維持率をもとに実行されますので、この辺りをまずは詳しく解説していきたいと思います。

必要証拠金と有効証拠金の違い

証拠金には必要証拠金を有効証拠金があります。このうち必要証拠金とは、エントリーをする際に最低限必要な証拠金のことですね。必要証拠金は注文時の価格×Lot数÷口座のレバレッジサイズで計算することができます。

例)ドル円100円で1万通貨エントリーの場合

国内FX業者A レバレッジ25倍

必要証拠金 100円×1万通貨÷25=4万円

海外FX業者B レバレッジ500倍

必要証拠金 100円×1万通貨÷500=2000円

このようにレバレッジが異なれば、同じポジション量を保有した場合でも必要証拠金は異なります。レバレッジが高ければ高いほど必要証拠金は少なくなり、資金を効率的に活用できるということがわかりますね。

一方で、有効証拠金とは未確定損益を加味した口座残高のことを指します。そのため、損益が推移するたびに有効証拠金も変動するというわけですね。例えば、口座残高10万円の口座で含み益が5万円の状態であれば、有効証拠金は15万円になり、新規のポジションは有効証拠金の範囲内で注文できます。(未確定損益のため、含み益が減少してしまうと証拠金維持率も急激に下がる点は注意が必要)

MT4の口座取引画面では以下のような表示がされています。

有効証拠金や証拠金維持率は自動で計算されます。そしてこの画面の②証拠金維持率が、強制ロスカット水準と深い関係がある数値になります。

証拠金維持率=強制ロスカットが実行される基準値

証拠金維持率とは、「有効証拠金÷必要証拠金×100」で求められる数値のこと。保有ポジションに対して、どれぐらい口座に余裕があるのかを数値化したものです。そして、この証拠金維持率がどれくらい低くなると強制ロスカットが実施されるかが、ロスカット水準になります。

このロスカット水準は、国内FXの多くが100%を設定しており、海外FXでは各業者ごとに0%〜50%まで様々。ロスカット水準が低いほど強制ロスカットになる確率は低くなり、ギリギリまで粘ることができますので、限られた資金で運用しているトレーダーは、できるだけ強制ロスカット水準が低い海外FX業者を選択すべきと言えますね。

画像 強制ロスカット水準50%と20%のFX業者比較

例)強制ロスカット水準が20%のFX業者Aと、強制ロスカット水準が50%のFX業者Bの比較

重要経済指標が発表された直後、価格が急激に下落。その際に証拠金維持率が45%まで下落し、その後急回復しました。

50%が強制ロスカット水準のB業者では、証拠金維持率が50%を下回ったため強制ロスカットとなりましたが、20%のA業者では、強制ロスカットとはならずに、ポジションを保有でき、結果的に利益を残すことができました。

上記はあくまでも一例ですが、強制ロスカット水準が低ければ、一時的な価格の変動が起こってもポジションを保有し続けることができ、結果的に負ける可能性が低く利益を出しやすくなります。

強制ロスカットまでの流れ

強制ロスカットは突然執行されるわけではなく、多くの場合で「マージンコール」と呼ばれるものがFX業者から届くようになっています。マージンコールとは、「あと少し含み損が増えたら強制ロスカットが実行されます。注意してください。」というFX業者からの警告ですね。

マージンコールの後、証拠金維持率がFX業者の基準以下になると、実際に強制ロスカットが実行され、ポジションが強制決済されるという流れになります。

画像:強制ロスカットまでの流れ

主要海外FX業者のロスカット水準&レバレッジ比較

ロスカット水準とレバレッジの関係

証拠金の部分でも説明したように、強制ロスカット水準とレバレッジは、非常に深い関係があります。これは強制ロスカット水準が証拠金維持率をもとに設定されており、レバレッジによってこの証拠金維持率を計算するための必要証拠金が大きく変わるためですね。

これらをまとめると以下のような関係になります。

  • 保有Lot数が大きいほど証拠金維持率は低くなる
  • 同じLot数を保有する場合、口座の最大レバレッジが大きいほど、証拠金維持率は高くなる
  • 強制ロスカット水準が低いほど、損失が確定しにくくなる

つまりロスカット水準が低く、かつレバレッジが大きい業者ほど、許容できる損失額が大きい=負けにくい業者と言えます。

主要海外FX業者ロスカット水準と最大レバレッジ比較表

下記の表に、主要海外FX業者の強制ロスカット水準と最大レバレッジをまとめてみました。

海外FX業者強制ロスカット水準最大レバレッジ
XM

証拠金維持率20%以下最大888倍
FBS

証拠金維持率20%以下最大3000倍
iForex

証拠金維持率0%最大400倍
GemForex

証拠金維持率50%以下最大1000倍
TitanFX

証拠金維持率20%以下最大500倍
Axiory

証拠金維持率20%最大400倍
Tradeview

証拠金維持率100%最大200倍

この中で目立つのはiForexの証拠金維持率0%というロスカット水準ですね。これはつまり「含み損=口座残高」になるまでポジションを保有できるという意味になり、さらに万が一残高がマイナスになってもゼロカットによりリセットされます。

またレバレッジとロスカット水準で考えると、3000倍のハイレバレッジかつロスカット水準が証拠金維持率20%であるFBSも、ロスカットされにくい業者と考えることができます。

ロスカット水準を軸に考えた場合のおすすめ海外FX業者

iForex -海外FX業者屈指の資金効率を実現-

上でもコメントしたように、iFOREX最大の魅力は、証拠金維持率0%までポジションを保有し続けられるということです。これは数ある海外FX業者の中でも、iFOREXだけの特徴ですね。

もし相場が急変動して、ロスカットが間に合わない場合でも、他の海外FX業者と同様ゼロカットによりリセットされます。もし口座残高がマイナスになってしまったとしても、追証を求められることはないというわけですね。

このような特性を活かして、iFOREXを利用して一攫千金を狙うトレーダーも数多く存在し、ネットでは「アイフォ戦士」という言葉も生まれています。中には数億円という金額を実際に稼ぎ出したトレーダーも存在し、非常に人気が高い海外FX業者です。

証拠金維持率0%という驚異のロスカット水準を誇り、億越えトレーダーを数多く生み出したiForexの評判や特徴解説、メリット・デメリットについては下記の記事にまとめています。

iForexの豪華なボーナスキャンペーンについては下記をそうぞ。

iForexの口座開設方法や入金方法などは下記で詳しく解説していますので、実際に利用を検討している人は参考にしてください。

iForexの口座開設はこちらから

FBS -ハイレバレッジとロスカット水準の低さが魅力-

ロスカット水準が20%、レバレッジが驚異の3000倍を誇るFBS。ロスカット水準ではiForexに及ばないものの、そのレバレッジの高さから、ロスカットされることなく保有し続けられる最大金額はiForexと同等レベルとなります。

例えば、ドル円が100円の時、1万通貨保有するのに必要な必要証拠金はわずか333円ほど。必要証拠金が少なければ、その分証拠金維持率も高くなり、ロスカットされにくい上に資金に余力のあるトレードが可能になりますね。

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇るiForexの評判や特徴解説、メリット・デメリットについては下記の記事にまとめています。

FBSの豪華ボーナスやキャッシュバックについては下記をどうぞ。

FBSの口座開設手順やボーナスの申請方法は下記にまとめています。

FBSの口座開設はこちらから

XM -総合力が高く、ハイクオリティなトレードを体験-

日本人トレーダーに絶大な人気を誇る大手海外FX業者XM。888倍のハイレバレッジと強制ロスカット水準が証拠金維持率20%以下ということで、XMもFBS同様比較的負けにくい業者のひとつと言えますね。

過去の実績や信頼性、豪華ボーナスなど、海外FX業者の魅力を高い次元で実現しており、ロスカット水準以外で考えても、総合的におすすめできる海外FX業者です。

海外FXの人気ナンバーワン業者XMの評判や特徴解説、メリット・デメリットについては下記の記事にまとめています。

XMのボーナスについては下記で詳しく解説しています。

XMの口座解説手順や有効化の方法は下記をご覧ください。

XMの口座開設はこちらから

まとめ

トレーダーの資金を守るために設定されている強制ロスカットですが、トレーダーにとっては意図しない強制的な損切りですので、不本意なトレードになってしまう可能性もあります。反転が期待できる場面での強制ロスカットなどは、もう少しポジションを保有できていれば、と思ってしまいますよね。

そのためFXでは、なるべく強制ロスカット水準が低い業者を選ぶことも重要になってきます。もちろん基準はそれだけではありませんが、より不本意な負けを減らしたい場合は、なるべく損失に耐えられる=レバレッジが高く強制ロスカット水準が低い業者を選ぶようにしましょう。

テーマ別の海外FX業者の選び方などは、下記の海外FXの始め方マニュアルに詳しく記載しています。

デイトレやスイング、スキャルピングに加え、ハイレバレッジを活かしたトレード、自動売買などトレードスタイル別のおすすめ業者は下記にまとめています。

独自調査をもとにした海外FX業者の総合ランキングは下記の記事をどうぞ。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外のFX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナス+以降追加入金毎に+20%のボーナスが付与されます。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

GemForex

優秀なEAとミラートレードが手軽に使えるのがこのGemForex。本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されており、GemForexであればこのEAが無制限で使用できます。
豪華な口座開設ボーナスや500万円まで100%という驚愕のボーナスキャンペーンも度々開催されており、FX初心者や裁量トレードの時間がないという人はもちろん、豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーにもおすすめの海外FX業者ですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりました。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8120名
有効回答数5825名
調査の期間2019年7月1日〜2019年9月30日
海外FXの基礎知識
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント