おすすめ海外FX業者社15社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

iForexの3%利息支払スキーム(キャッシュバック)を徹底解説!他のボーナスにはない大きなメリットを持った魅力のキャンペーン

iForex

FXでの利益の出し方と言えば、基本的にはトレードによる為替差益を狙う方法が一般的です。中にはポジションを保有することで獲得できるスワップポイントを、コツコツと貯めているという人もいるかもしれませんが、こちらの場合どうしても大きく稼ごうと思うとマイナーな通貨ペアに手を出すことになり、ややリスクが高くなりますね。

しかし海外FX業者のiForex(アイフォレックス)を利用すれば、スワップポイントのような不労所得に近い利益を、かなり低リスクに獲得できます。それが「3%利息支払いスキーム(キャッシュバック)」というもので、内容としては残高に応じた割合を毎月キャッシュバックするという、かなり珍しいもの。利息の場合、為替相場の影響を受けにくい低リスクな状態で利益を得られるため、まさに不労所得のイメージに近いですね。

iForexと言えば20年以上の取引実績がある海外FXの老舗であり、日本人トレーダーにとっても馴染み深いブローカーの1つ。実績から考えても、安心して利用できる海外FX業者であり、そんな業者が実施しているということもあって、これは非常に魅力的なキャンペーンと言えるでしょう。

本記事ではそんなiForexが提供している3%利息支払スキームについて、受け取り方や注意点を詳しく解説していきたいと思います。

iForexの3%利息支払いスキームとは

3%利息支払スキームの概要

iForexの3%利息支払スキームとは、簡潔に言うと口座の有効保有額に対して年率3%の利息を毎月支払うと言うもの。これは他の海外FX業者によくある入金ボーナスのように、トレードのみに使える出金ができないクレジットではなく、出金可能な現金として口座に反映されます。

3%というと少なく感じるかもしれませんが、国内銀行の普通預金利率などを考えれば、これはかなりの好条件と言えるでしょう。株式投資などであればもう少し高い運用利回りも期待できますが、利息であることを考慮すれば非常に魅力的ではないでしょうか。

3%利息支払スキームの対象者

3%利息支払スキームですが、口座に入金したすべてのユーザーが対象になるわけではありません。以下の3つの条件を、すべて満たす必要があります。

  • 新規で口座を開設したユーザーで、なおかつ本人確認書類等を提出し、登録の手続きをすべて完了していること。
  • 口座の有効保有額が1,000USD(相当額)以上を保っていること。
  • 最後の取引活動から30日以上経過していないこと。

まず、この利息支払スキームは、既存の顧客を対象にしているものではありません。いわば、口座開設ボーナスや初回入金ボーナスと同じような位置付け、と言うことですね。(ただしこの利息キャッシュバックはかなり昔から実施されていますので、既存顧客でもすでに対象となっていることがほとんどです)

iForexで新しく口座を開設し、必要な登録手続きをすべて済ませた上で、1,000USD(相当額)以上の初回入金を行うこと。まずはこれが最初の条件になります。

そして、口座に入金するだけではなく、定期的に取引をしないと、利息受け取りの資格を維持できません。その取引条件が「最後の取引活動から30日以上経過していないこと」ですね。

ここで言う取引活動の内容は、具体的には以下を指します。

  • 口座への入金
  • 新規注文とポジション決済
  • 未決済ポジションの保有

注文&決済をする通常のトレードに加えて、口座への入金や、ポジションを保有する行為が取引活動として許可されています。つまりこれらをしない期間が30日続くと、利息受け取りの権利も失ってしまうということですね。

上記の条件を満たす限り、口座の有効保有額に対して年率3%の利息を毎月受け取り続けることが可能です。

100%ウェルカムボーナスとの関連性

iForexが提供する新規ユーザー向けのキャンペーンとしては、初回入金時の「100%ウェルカムボーナス」もありますね。こちらは、1,000USD(相当額)を上限とした入金ボーナスとなっており、仮に1,000USDを入金すれば、同額のボーナスが付与され、2,000USDで取引をスタートできることになります。

それに対して、3%利息支払スキームは、口座にある「有効保有額」に対して利息が支払われる、と言うもの。「有効保有額」とは、一言で言うと出金可能な残高のことであり、ボーナスであるトレーディングチケットの金額は含まれません。そのため、ボーナスをどれだけもらっても、受け取れる利息が多くなるわけではなく、あくまでも入金額+利益に対してのみ、利息は発生します。

3%利息支払スキームと100%ウェルカムボーナスは、同じタイミングで獲得資格のあるキャンペーンですが、ボーナスはあくまでも初回利用時に自己資金を増やして有利にトレードするためのもの、利息はその後の利用実績などに応じて支払われるキャッシュバック、と考えるとわかりやすいでしょう。

またウェルカムボーナスはあくまでもトレードのみに使える(出金できない)トレーディングチケットですが、利息は出金可能な現金という点も大きな違いです。

iForex公式サイトで3%利息支払スキームの詳細を確認

iForexの3%利息支払いスキームの魅力

年利3%の利息ということは、100万円を預けている場合で考えて、年間3万円もの金額をほぼ何もせずに受け取ることができるということ。もちろん残高が多ければ、それに比例して利息も多くなります。

もちろんFXトレードや株式のようなアクティブな取引による利益と比べるとその額は小さく感じますが、その分リスクもほとんどありません。積極的な運用という訳ではなく、あくまでも余剰資産の運用として考えれば、かなり魅力的と言えるでしょう。

国内銀行における利息との比較

iForexの3%利息支払いスキームの場合、100万円の有効保有額に対する半年分の利息は、1万5,000円になります。それに対して、2020年5月時点での国内銀行の平均的な利息は、年利0.007%。仮に100万円を預けた場合、半年分の利息はわずか35円と、利息はほとんど有って無いようなものです。

もちろん銀行の預金と同じように比べることはできませんが、iForexの3%利息が破格の好条件であることがよく分かりますね。

IFCMarketsの利息キャンペーンとの比較

利息キャンペーンを提供している海外FX業者はiForexだけではありません。IFCMarketsというブローカーも、似たようなキャンペーンを実施しています。

しかし、IFCMarketsの利息の支払い条件はiForexと大きく異なり、下記の表のように月間の取引ロット数も加味される形ですね。

月間取引ロット数年利率
10ロット以下0%
10ロット〜30ロット1%
30ロット〜50ロット2%
50ロット〜70ロット4%
70ロット以上7%

IFCMarketsの場合、口座残高に対する利息という点では変わりありませんが、表の通りその利率は取引ロット数が多くなればなるほど、上がる仕組みになっています。

iForexの利息の条件は、取引ロット数に関わらず有効保有額に対して年率3%でしたね。しかしIFCMarketsで年率3%以上を得るためには、毎月50ロット以上の取引をしなければいけません。これは比較的大口のトレーダーでなければ、なかなか達成することが難しい取引量ではないでしょうか。

年利は3%と固定ではあるものの、利息を受け取るためのハードルが低いという点で、iForexは非常に良心的であると言えますね。ただし、月間50ロット以上の取引をするのであれば、IFCMarketsの利用も検討すべきです。

iForexの口座開設はこちら

3%利息支払いスキームの受け取り方

ここまでiForexの3%利息支払スキームの概要や魅力を解説してきましたが、ここからは実際に利息を受け取る場合の、具体的な計算方法や受け取り方の手順を説明していきたいと思います。

利息の計算方法

利息は1日毎に計算されますが、ここで言う「1日」とは、日本時間ではなくGMTで数えられます。毎日の終わり(GMT 23:59:59)に、有効保有額に対して年率3%のレートで計算されるということですね。ここで口座通貨が日本円の場合は四捨五入し整数にされます。

年率3%の利息の1日あたりの計算方法は、以下の通り。

有効保有額×年率(0.03)÷365日=1日あたりの利息

ここで注意が必要なのは、有効保有額が多ければ多いほど無制限に利息が受け取れるというわけではない点。利息の対象となる有効保有額は1日あたり15万ドル(相当額)が上限となっています。もし有効保有額が上限を超えた場合は、利息は上限である15万ドル(相当額)を対象に支払われるということですね。

稀に利息の上限額が1日あたり15万ドルと解説しているサイトがありますが、利息キャッシュバックの額ではなく、あくまでも有効保有額の上限となります。有効保有額が15万ドルを超えていても、15万ドルの残高分に対してしか、利息は適用されません。

3%利息支払スキームを受け取る手順

利息は上述の計算式に従い日毎に計算し蓄積されますが、支払い自体は日毎ではありません。毎月5日に、利息の受け取り条件を満たしたユーザーの口座へ自動的に反映されます。

この利息の受け取りに際しては、特別な申請は必要ありません。先に説明した3%利息支払スキームの対象条件を満たす限り、ずっと受け取り続けることができるというわけですね。

利息の入金については、iForexの取引プラットフォームである「FXnet Trader」から確認することができるようになっています。

3%利息支払スキームの付与例

3%利息支払スキームの対象となる有効保有額は、最低の必要額が1,000USD(相当額) 、最大である上限金額が150,000USD(相当額)になります。日本円にすると、およそ10万円から1,500万円までになりますね。有効保有額に対してどれくらいの利息がつくのか、具体的に算出すると下記の表のようになります。

有効保有額1年間の利息月毎(31日分)の利息日毎の利息
10万円(最低額)3,000円255円8円
50万円1万5,000円1,274円41円
250万円7万5,000円6,370円205円
800万円24万円2万384円658円
1,500万円(最高額)45万円3万8,219円1,233円

(※わかりやすくするため、日本円で計算)

毎月の利息は有効保有額に加算・反映されることになりますので、複利的に運用することもできます。もちろんトレードに使用することもできますので、トレードによる利益と利息のダブルインカムで、より効果的に資産を増やしていくということもできますね。

iForex公式サイトで3%利息支払スキームの詳細を確認

3%利息支払スキームの注意点

期間内に必要な取引活動をこなすこと

3%利息支払スキームの適用条件はいくつかありますが、その中でもとりわけ注意したいものが、「最後の取引活動から30日以上経過しないこと」でしょう。取引活動には、入金や保有しているポジションを決済せずに持ち越すことも含まれますので、上手に活用したいですね。

有効保有額が1,000USD(相当額)を下回らないこと

有効保有額が1,000USD(相当額)を下回ると、3%利息支払スキームの適用対象外になってしまいます。これを防ぐためには、一時的な有効保有額の減少を考慮して多めに入金しておくことや、有効保有額が減ってきた場合に追加入金をして、1,000USD(相当額)以下になることを防ぐ、などの方法が考えられます。

利用規約違反をおかさないこと

3%利息支払スキームの獲得に際して、何らかの不正を働いたり、またはその疑惑を持たれるような行いをした場合、最悪の場合は口座にアクセスできなくなり、資金も凍結される恐れがあります。得る利息以上の資金を失うリスクもありますので、規約違反やそれに関わる行為は絶対にやめましょう。

まとめ

条件を満たせば毎月必ず入ってくる利益という点で、iForexの3%利息支払スキームは非常に魅力的です。積極的な取引や資産運用ほどの大きな利益は期待できませんが、ほぼノーリスクで得られる不労所得に近い利益ということを考えれば、十分に利用価値があると言えるでしょう。

特に余剰資産が多いトレーダーであれば、より効果的この利息スキームを活用できますので、これを機会に評価の高い老舗海外FXブローカーであるiForexを試してみるのも面白いのではないでしょうか。

iForexの口座開設はこちら

iForexの口座開設手順やボーナスの申請方法は下記の記事にまとめていますので、口座開設を検討している人は参考にしてください。

iForexを含めた優良海外FX業者の総合ランキングは下記にまとめています。

iForexの利息スキームのような海外FX業者のキャッシュバックサービスのまとめ・比較は下記をご覧ください。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8156名
有効回答数6214名
調査の期間2020年1月15日〜2020年4月15日
iForex
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました