海外FXの追証なしゼロカットを徹底解説!ハイレバのメリットを最大限に享受できリスクを限定する魅力のシステム

海外FXの魅力

FXをおこなう上で「負けた時が心配」「損をしたり借金を背負う可能性があるのでは」と不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。確かに国内FXの場合、急な相場の変動でロスカットが間に合わず、追証請求で借金を抱えてしまうということもありますね。

しかし海外FXにはそんな不安を払拭してくれる「ゼロカットシステム」が存在します。これは万が一口座残高よりも損失が大きくなってしまった場合に、海外FX業者が損失分を補てんするという仕組みですね。つまりゼロカットシステムを採用しているFX業者を利用すれば、口座残高以上の損失を出すことはないというわけです。

海外FX業者と国内FX業者の大きな違いのひとつでもある、このゼロカットシステム。今回は、そんな海外FXの特長・魅力である「ゼロカットシステム」について詳しく解説していきたいと思います。

FXには潜在的なリスクがある

「FXで借金を背負ってしまった」こんな話を聞いたことがある人もいるかもしれません。お金を増やそうとFXを始めたのに、借金を作ってしまうなんて本来は考えられないことですよね。しかし実際問題として、FXには「口座残高以上の損失を出してしまう」という潜在的なリスクがあります。

しかし結論から言えば、海外FXを利用する上ではこのような借金を背負うリスクはありません。

なぜならば、海外FXには、「口座残高が0になる前の強制ロスカット」と「口座残高がマイナスになってしまった後のゼロカットシステム」の2段階のロスカットがあり、これにより口座残高が一時的にマイナスになることがあっても、ゼロに戻るからです。

こう書くと「国内FXにも強制ロスカットはあるし、損切り注文をしていれば大丈夫なのでは」と疑問に思う人もいるかもしれません。そこでここでは、なぜ強制ロスカットだけでは不十分なのか、ゼロカットシステムがあれば、トレーダーにどんなメリットがあるのかという点を説明したいと思います。

強制ロスカットだけでは不十分な理由

FXトレードをする際には、多くの場合で損切り注文を入れますよね。そしてもし損切り注文を入れていなくても、通常はロスカットという形で強制損切りが執行されます。各FX会社は、「証拠金維持率が〇%以下になったら、強制的にポジションを決済する。」というロスカット水準を設けているため、これに従い決済が強制的に行われます。

ただ残念なことに、この強制ロスカットが実行されるのは、FX業者の機能が通常通り稼働しているときだけ。つまり、あまりにも相場が急激に変動してしまうとFX業者のサーバーに負荷がかかってしまい、決済注文が通らなくなってしまうことがあるというわけです。そうなってしまうと、ポジションを保有したまま損失がどんどん膨れ上がってしまいますよね。これがいわゆるマイナス残高、追証の発生です。

では、どんな時に強制ロスカットが作動しないのか、2つのパターンをご紹介します。

  • パターン1 週末のFX業者が営業していないとき
  • パターン2 相場が数百Pips変動して、FX業者の注文処理ができなくなった時。

パターン1については、通称“窓”と呼ばれており、週末の終値と月曜日の始値が大きく開いてしまう現象ですね。強制ロスカットが作動するのは、FX業者が営業している時間のみですので、週末には作動しません。そのため、月曜日に「口座残高>含み損」となっているとマイナス残高、つまり追証が発生します。

パターン2についてはパターン1よりも稀なケースですが、世界情勢や大ニュースなどが原因で相場が数分で数百Pips変動し、FX業者の決済注文処理が追い付かなくなった場合です。記憶に新しいところで言えば、2019年のお正月、1月3日午前7時過ぎに発生したフラッシュクラッシュ(瞬間的暴落)と呼ばれる現象ですね。この時はドル円が108円を割り込んだと思うやいなや、104円台後半へと一気に暴落しました。ドル円だけでなく豪ドル円は76円割れから一気に71円割れをするなど、まさに一瞬の暴落ですね。これにより2,000万円以上という多額の損失を被る人も実際にいました。

※フラッシュクラッシュとは・・

相場が瞬間的に急落すること。瞬間的暴落。瞬間的急落。前触れもないので、追証になる人が続出する恐ろしい現象

実際に強制ロスカットが正常に作動しなかった例

l  リーマンショック

l  スイスフランショック・・2015年1月15日

l  イギリスEU離脱・・2016年6月23日

l  年初のフラッシュクラッシュ・・2019年1月3日

画像1 過去の大暴落相場

パターン1よりは稀と言いましたが、近年は上記のような大暴落相場が数年の間に何回も起こっています。最近はAIによる自動売買が活発になっている影響で、相場が過熱する傾向になっているのかもしれませんね。

追証(おいしょう)とは

追証には2種類のタイプが存在します。1つは既定の証拠金維持率を下回った場合の追証、そしてもう1つは口座残高を超える損失になった場合の追証ですね。このうちトレーダーの借金となるのは口座残高を超えてマイナスになってしまった場合の追証です。

追証が発生すると、トレーダーのもとには「マイナスとなっている口座に拠金=追証を入金してください。」というメールが来ます。

追証=借金扱いとなる

口座残高を超えてマイナスとなった金額については、FX業者が代わりに負担しています。しかし、そのままではFX業者の負担になってしまいますので、これをトレーダーに請求することになりますよね。法律的に言えばこの状態のFX業者は債権者という扱いになるわけです。

一方、トレーダーは、追証金をFX会社に支払う義務を背負う債務者です。つまりトレーダーは追証が発生した時点で、FX会社に対して借金を抱えている状態になります。

FX会社は個人情報やマイナンバーなどをすべて把握しているので、当然逃げることはできません。期日までに一括返済が求められ、催促状、資産差し押さえ、裁判などの手段を通じて資金を回収しようとしてきます。

実際に2015年1月15日のスイスフランショック相場変動時には、合計1200件以上、30億円を超えるロスカット等未収金(追証)が発生しました。

参照:一般社団法人金融先物取引業協会モニタリング関連資料

いつ、ロスカットが間に合わない事態が生じるかというのはもちろん誰にも分かりません。これがいわゆるFX取引における“潜在的な”リスクですね。

そしてその潜在的なリスクを回避するために、海外FX業者で採用されているのが、次に解説していく“ゼロカットシステム”というわけです。

海外FXのゼロカットシステムはリスクを限定する仕組み

ゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムとは簡単に言えば「マイナスとなった口座残高を0にする仕組み」のこと。つまり、トレーダーの借金を帳消しにしてくれる制度です。口座残高が10万でも100万でも何千万という単位になってしまったとしても、海外FX業者が実質的に帳消しにしてくれるというわけですね。

こう聞くと「何か、デメリットが隠されているのではないか」と、不安に思う人もいるかもしれません。しかし、心配は不要です。このゼロカットについては全くデメリットはありません。

なぜ、ここまで海外FX業者がするのか。それは「トレーダーに、大きなポジションでどんどん取引をしてもらうため」といわれています。海外FX業者はNDD取引を採用しているため、その利益は“スプレッド(売りと買いの差額)”です。つまりポジションが大きくなればなるほど、FX業者の利益も大きくなっていくというわけです。ここで「FX取引でマイナス口座になって借金を背負ってしまったらどうしよう」とトレーダーが萎縮してしまっては、FX業者としても利益を生むことができなくなってしまいます。

つまりこのゼロカットシステムがあることで、海外FX業者は自らの利益を確保することができ、それによりトレーダーを借金から守り、手厚い保護ができるようになっています。

ゼロカットシステムはFXのリスクを限定する

上記の画像からもわかるように、ゼロカットシステムを採用している海外FX業者の最大リスクは口座残高までです。つまり、口座に入金した資金がなくなるリスクはあっても、それ以上の損失となる“潜在的なリスク”はないということですね。

国内FXと海外FXのリスク比較

ゼロカットシステムを採用している海外FX業者・・リスクは口座残高まで
国内のFX業者・・リスクは無限大

国内業者でゼロカットシステムはない

「トレーダーが保護される素晴らしい仕組みなのであれば、国内FXでも採用してほしい」と思った人もいるかもしれません。しかし残念ながら、国内FX業者はゼロカットシステムを導入できません。これはサクソバンク・OANDA・外為ファイネストなど、外資系企業でも例外はなく、金融庁に登録している全ての国内FX業者に共通することです。

なぜなら、日本の法律ではトレーダーの損失補てんの禁止が定められているためですね。具体的には下記の証券取引法により定められています。

証券取引法42条の2(損失補てんの禁止等)

証券会社は、次に掲げる行為をしてはならない。

  • 事前の損失補填又は利益追加の約束・申し込み(同項1号)
  • 事後の損失補填又は利益追加の約束・申し込み(同項2号)
  • 事後の損失補填行為又は利益追加行為(同項3号)

これにより今のところ、国内業者でゼロカットシステムを提供している業者はありません。ゼロカットシステムを導入しようとしても、法律を遵守しなければいけないためできないのです。また、国内FXの仕組みであるDD取引と、25倍までに制限されている最大レバレッジのため、追証をカバーしてしまうと会社自体の存続が危うくなってしまうという問題もありますね。

しかし、海外FX業者だからといって、すべての業者が安心とは限りません。信頼できる業者を選ばないと、大変なことになってしまいます。次に海外FX業者を選ぶポイントについて紹介していきたいと思います。

信頼性の高い海外FX業者を選ぶポイント

本当にゼロカットを実施したかを確かめる

海外FX業者だからといって、全ての海外FX業者がゼロカットシステムを採用しているわけではありません。

「ゼロカットシステムを導入!追証は発生しません。」という宣言は、実際にそのような事態にならなければ、証明できませんね。実際に過去には、「ゼロカットシステムをアピールしておきながら、追証を請求した」という海外FX業者も存在しました。

スイスフランショックなどの緊急時に、約束を反故にされてしまっては大変ですよね。実際に有名海外FX業者のXMは過去のスイスショック時の記録が、下記のように公式ホームページにしっかりと記載されています。

XMはスイスフランショックの際にも動じることなく、マイナス残高をリセットしました。この過去の実績がゼロカットを採用している何よりの証拠ですね。

突然の大暴落となった2015年のスイスフランショック。国内FX業者を利用していたトレーダーの中にも多額の負債を抱えてしまう人があふれかえる中、XMを利用していた人は口座残高以上の損失となりませんでした。つまり、XMを利用していれば借金を背負うこともなくリスクが限定されていたと言えます

また同じく大手海外FX業者のAxioryについてもギリシャショックの際にマイナスとなった口座残高を追証なしで“0”に戻した実績があります。

※この他にも、ゼロカットシステムを掲げている海外FX業者はたくさんありますたくさんあります。事前に、取引しようとする業者をご自身で調べてみると安心です。

※FXDDという業者は、スイスフランショックの際にゼロカットシステム導入を明記していたにも関わらず、「サービスの範囲を超える」として追証を請求してきました。老舗のFX業者ですが、多くのトレーダーの信頼を裏切り、信用度が低下してしまいました。

ゼロカット基準で考えた場合のおすすめの海外FX業者

1位:ゼロカットを実施した実績があるXM(XM Trading)

やはり、過去に実際にマイナス残高をリセットした実績が確認できるXM(XM Trading)が、ゼロカットという基準で考えても一番のおすすめと言えますね。下記の海外FXの三大魅力を高い水準で備えており、海外FXに初めて取り組むという方には特におすすめです。

海外FXの三大魅力

  • ゼロカットシステムでリスクが限定
  • 国内FXをはるかに上回るハイレバレッジ
  • 豪華なボーナス

XMは海外FXの中でも屈指の高さを誇る888倍のレバレッジで取引が可能。さらに、口座開設ボーナス、入金ボーナス、ロイヤリティポイントなど魅力がたくさんあり、まさに海外FX業者の代名詞的存在と言えます。

XM(XM Trading)の詳細
ゼロカットシステム◎ 過去の実績あり
レバレッジ最大888倍
日本語サポート(ライブチャット)平日9:00~21:00
取引形態NDD取引

XMの口座開設はこちら

2位:驚異のロスカット水準0%でハイレバ取引を最大限活かせるiForex

海外FXの醍醐味であるハイレバレッジ取引ですが、iForexはまさにハイレバレッジ取引に最適な海外FX業者といえます。レバレッジは400倍と平均的ですが、特筆すべきはそのロスカット水準の低さ。ロスカット水準がなんと0%に設定されているため、口座残高が0になるギリギリまで強制ロスカットされることはありません。もちろんゼロカットにより、万が一口座残高がマイナスになっても追証は発生せずしっかりとリセットされます。

その低いロスカット水準とハイレバ取引により、億り人や200億円を稼ぐような高額出金者の情報が多数あり、ネットではアイフォ戦士という言葉が生まれるほど。FXの魅力を存分に体験できる非常に人気の高い海外FX業者のひとつです。

iForexの詳細
ゼロカットシステム
レバレッジ400倍
日本語サポート平日24時間体制
取引形態明記なし(NDDと明記なし)

iForexの口座開設はこちら

3位:海外FX最高となる3000倍のハイレバレッジ取引が可能なFBS

業界屈指の3000倍というハイレバレッジにより、資金を効率的に運用できることが魅力の海外FX業者FBS。当然ゼロカットシステムも備えており、少ない証拠金しかないトレーダーであっても心配いりません。日本国内の業者と比較すると、なんと120倍もの資金効率を実現しており、高額を稼げる可能性が一気に上がりますね。

豪華なボーナスも提供しており、口座開設するだけでゼロカットを利用したハイレバレッジ取引を存分に味わうことができます。

FBSの詳細
ゼロカットシステム
レバレッジ3000倍
日本語サポート(ライブチャット)平日15:00~24:00
取引形態NDD取引

FBSの口座開設はこちら

その他のおすすめ海外FX業者一覧

Axiory:圧倒的な約定力、ゼロカットの実績あり

スキャルピング取引にとって最も重視するのは、スプレッドと約定力。目立ったボーナスはなくとも、スプレッドと約定力に関して、自信を持っておすすめするのがAxioryです。自動売買などに関しても、取引制限は一切ありません。

何よりも、過去にゼロカットを実際に行っているというのは、経営もそれだけ安定しているということでしょう。日本語サポートも万全で、平日の10:00~21:00までは電話・ライブチャットで問い合わせることができます。このような点も、安心できるポイントですね。

Axioryの詳細
ゼロカットシステム◎ 過去の実績あり
レバレッジ400倍
日本語サポート(ライブチャット)平日10:00~21:00
取引形態NDD取引

Axioryの口座開設はこちら

TitanFX

TitanFXは最新ZeroPoint技術を採用した圧倒的な約定力と、スプレッドの低さでスキャルピングトレーダーから人気の高い業者です。

TitanFXの詳細
ゼロカットシステム〇 ゼロカット明記
レバレッジ400倍
日本語サポート(ライブチャット)平日10:00~21:00
取引形態NDD取引

TitanFXの口座開設はこちら

Tradeview

圧倒的なスプレッドの狭さを誇るTradeview。特にILC口座を利用した場合の取引コストは業界最小レベルであり、何よりも低コストで取引をしたい場合におすすめの海外FX業者と言えます。

Tradeviewの詳細
ゼロカットシステム
レバレッジ500倍
日本語サポート(メール・ライブチャット)時間明記なし
取引形態NDD取引

Tradeviewの口座開設はこちら

GemForex

無料のEA配布なども行なっているGemForex。自動売買をする人におすすめの海外FX業者ですね。また口座開設ボーナス、入金ボーナスも豪華で、1000倍のハイレバレッジを活用した取引がすぐに可能です。

GemtForexの詳細
ゼロカットシステム
レバレッジ1000倍
日本語サポート(メール・ライブチャット)10:00-17:00
取引形態NDD取引

GemForexの口座開設はこちら

まとめ

海外FXはハイレバレッジ取引×ゼロカットシステムによって、リスクが限定されつつも非常に大きな取引が実際に可能です。リスクという面で考えれば、口座残高までの損失と決まっている海外FX業者のほうが、国内FX業者よりも安心できると言えるのではないでしょうか。ゼロカットシステムがあれば積極的なトレードも可能になりますし、ハイレバレッジを活かして高額を一気に稼ぐというようなことも夢ではありませんね。

とは言えFXで勝つためにはリスク管理は非常に重要です。ゼロカットはあくまでもマイナス残高からの保護という最低限の安全装置ですので、しっかりと資金管理をしてトレードに臨むようにしましょう。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外のFX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナス+以降追加入金毎に+20%のボーナスが付与されます。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

GemForex

優秀なEAとミラートレードが手軽に使えるのがこのGemForex。本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されており、GemForexであればこのEAが無制限で使用できます。
豪華な口座開設ボーナスや500万円まで100%という驚愕のボーナスキャンペーンも度々開催されており、FX初心者や裁量トレードの時間がないという人はもちろん、豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーにもおすすめの海外FX業者ですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりました。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

ランキングは下記調査に基づき作成しています。

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数3456名
有効回答数1982名
調査の期間2018年11月12日〜2018年11月30日
海外FXの魅力
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント