FXのDD方式とNDD方式の違いを徹底解説!海外FX業者が採用するNDD方式のメリットを説明

海外FXの魅力

FX取引には大きく分類すると2種類の取引方法があります。ひとつは「DD取引(OTC取引/店頭取引/相対取引)」と呼ばれる方式で、もうひとつは「NDD取引」と呼ばれる方式ですね。このうち国内のFX業者のほとんどはDD取引方式を採用していますが、日本以外の海外FX業者のほとんどはNDD取引方式を採用しており、こちらがグローバルスタンダードと言えます。

そこで今回は、そんなDD取引とNDD取引の仕組みの大きな違いや、それぞれのメリット・デメリットについて解説。なぜ海外FXではNDD取引が多く採用され、それが魅力となっているのかを説明していきたいと思います。

FXには大きく2種類の取引方式がある

冒頭にも記載したように、FXには「DD(ディーリングデスク)方式(OTC取引/店頭取引/相対取引)」と「NDD(ノンディーリングデスク)方式」の2つの取引方式が存在します。そして、主に国内FX業者がDD方式、海外FX業者がNDD方式を採用しています。(※一部の国内FX業者はNDD方式を採用しています。)

この2つの取引方式は仕組みが大きく異なりますので、口座開設をしたいと思っているFX業者がどちらを採用しているのかという点は、FX業者を選択する際の重要なポイントの一つとなります。

DD方式の概要

DD方式を日本語に直すと、ディーリングデスク方式。ディーリングデスクという名前のとおり、トレーダーの注文はFX会社に常駐しているプロのディーラーたちの介入を受けます。個人投資家は、手元で注文が成立していたとしても、実際にインターバンクに注文が流れたかどうかは一切分かりません。

一旦は全ての注文をFX会社で決済し、それをインターバンクに流すか、他の注文と相殺するかどうかはFX業者次第。そのため、DD取引の場合は、FX業者と利益が相反になる可能性があります。トレーダーが損をした部分がFX業者の利益になってしまうことがあるというわけですね。

では、次にNDD方式の概要について説明していきましょう。

NDD方式の概要

NDD方式を日本語に直すと、ノンディーリングデスク方式。DD取引とは対照的に、NDD取引はディーリングデスクの介入はなく注文は直接カバー先銀行・インターバンクに直結する方式ですね。NDD方式はさらに2種類に分かれ、STP方式とECN方式があります。

・STP方式

「ストレート・スルー・プロセス」の略で、スプレッド(売買価格の差)に業者の利益分を上乗せされる仕組み。スプレッドに業者の利益分が含まれているため、スプレッドがやや広めですが取引手数料は無料です。

 

・ECN方式

「エレクトリック・コミュニケーションズ・ネットワーク」の略で、注文が直接インターバンクに流れ、参加者同士の注文がマッチングされる仕組み。スプレッドは狭いですが、FX業者の利益として別に取引手数料が発生します。

STP方式とECN方式の違いは下記の記事で詳細を解説しています。

NDD方式は、ディーリングデスクを介さずに、注文がカバー先金融機関やインターバンク市場に流れる取引方式です。一般的にはDD方式よりも透明性が高く、公平な取引が期待できますね。業者の利益分も明確で、スプレッドに含まれている部分もしくは取引手数料がFX業者の利益です。そして、ほとんどのNDD取引業者でスタンダード口座=STP口座(スプレッドに業者の利益が含まれている)となっています。

DD方式について

DD方式の仕組み

では、詳しいDD方式の仕組みについて説明していきたいと思います。

個人投資家が出した注文は、次のように処理されていきます。

例)ドル円 110円で成行注文を出した場合

  1. Aさんの出した注文は、FX業者のディーラー※に流れます。
  2. ディーラーはAさんの注文を一旦決済します。
  3. Aさんの注文をカバー先金融機関に流すか、FX業者が受けるかどうかを決めます。

(Aさんの注文を取り込むと、Aさんが損をすればFX業者は儲かり、Aさんが利益を出せばFX業者は損をするという利益相反の関係が生まれる)

 

※ディーラーとは
FX業者に常駐している顧客の注文を処理する人。相場に関する深い知識と経験が求められるプロトレーダーが担っている。

つまり、トレーダーが実際に取引をしている相手はFX業者。だから“相対取引”と呼ばれているわけです。そして、上記のようにトレーダーとFX業者の利益は背反する関係になっています。トレーダーが勝ちそうな注文はそのまま流して、負けそうな注文は反対売買をして利益を得るのがDD方式というわけですね。

画像:国内業者の利益源

FXトレーダーの90%は損をして、10%が利益を得ているといわれています。90%のトレーダーの注文に反対売買を入れれば、十分な利益が得られるというわけです。つまり国内業者においては、スプレッドはおまけのようなもので、そのためスプレッド0銭というような国内FX業者も登場していますね。

また、提示しているレート・スプレッドもFX業者次第。相場が急変動しそうなとき、リスクが極めて高い時は、リクオート(注文したのに約定されない・他のレートを提示する現象)などをして、あらかじめリスクを回避しています。

DD方式の特徴

先ほど、DD方式ではFX業者と利益が相反になる、と説明しましたね。顧客であるトレーダーの損失分は、FX業者側の利益になります。スプレッドも提示レートもFX業者次第ですので、トレーダーにとっては不利な状況であると言わざるを得ません。

また、DD方式を採用しているFX業者の利益にはスプレッドはほとんど関係ないので、圧倒的な固定低スプレッドを提供できます。

一般的に、日本ではスプレッドを重視するトレーダーが多いと思いますが、このようにFX取引に2種類の取引方式があり、DD方式では不透明で利益相反になるということは、あまり周知されていないのが現状。このような仕組みを知らずに、日本のFX業者と比較するとスプレッドが広いという理由で、海外FXをためらってしまう人も多くいます。

DD方式のデメリット

FX業者は、スプレッドと提示するレートを決めることができます。仮にドル円が110円だとしても、FX業者側が115円にすることも可能なのです。実際、過去のスイスフランショックやフラッシュクラッシュなどでは一瞬でスプレッドが開いてしまい、顧客に不利なレートで約定するという事態が多発しましたね。

また、「ストップロス狩り」という現象も横行し、多くのトレーダーが損失を出してしまいました。ストップロス狩りとは、意図的にレートを動かして、ストップロス注文をわざと約定させる働きのこと。薄商いの朝にスプレッドが100Pips開くということもありました。それでも、トレーダーはFX業者に賠償を求めることはできません。契約時の約款の規定にも突然の価格の変動については明記されているからです。

DD方式のデメリットをまとめると下記のとおりです。

  • ストップ狩り
  • 不利なスリッページ
  • 故意のレート変更
  • 故意のリクオート

では次に、海外FX業者が主に採用しているNDD方式について見ていきましょう。

NDD方式について

NDD方式の仕組み

国内FX業者の多くがDD方式を採用している一方で、海外FX業者のほとんどが採用しているのがNDD方式。FX業者のディーリングデスクを経由せずにそのまま注文が流される仕組みです。

NDD方式のFX業者の収益源はスプレッドのみです(STP口座の場合)。トレーダーが大きなロットで取引をすればするほど、FX業者のスプレッド手数料もたくさん入るため、それだけ儲かるという仕組みですね。そのため海外FX業者は豪華なボーナスやハイレバレッジ、ゼロカット、高約定力など、トレーダーがより取引しやすい環境の構築に力を入れています。

DD方式と比較するとスプレッドはやや広くなってしまいますが、その分取引の透明性は非常に高いと言えます。

画像 NDD取引業者の収益源はスプレッド

また、ストップロス狩りや顧客に不利になるような操作は、ほとんどないと断言できます。NDD取引業者にとって、収益源である顧客が取引をしてくれなければ、利益が出せません。故意にトレーダーに損をさせて、資金がなくなりトレーダーがFX取引をしなくなってしまうようなことがあれば、FX業者にとっても損でしかありません。DD方式とは違ってNDD方式の場合、FX業者とトレーダーはまさに協力関係にあると言えます。

NDD方式には2種類ある

NDD方式の概要でも記載したように、NDD方式にはさらにSTP方式とECN方式の2種類に分類されます。このうちSTP方式はトレーダーの注文を、FX業者を経由してカバー先の金融機関に流す仕組みのことですね。

最も有利なレートを提示するカバー先の金融機関をFX業者側が選定して注文を成立させるため、カバー先金融機関が多いほど有利なレートを提供することができます。STP方式の口座では、カバー先の金融機関のレートを比較して、スプレッドを上乗せしてトレーダーにレートを提示し、このスプレッド分のみがFX業者の利益となっているのです。

ほとんどの海外FX業者ではスタンダード口座=STP口座となっており、基本口座に設定されています。ボーナスなどの特典も対象になる最も一般的な口座ですね。FX業者が関わるのは、カバー先の金融機関を選定するときのみで、さらにこれは自動的に行われるため、ディーリングデスクが注文内容を操作することはありません。

一方のECN方式とは、電子取引所(Electric Communications Network 別名:インターバンク市場)を意味する英語の頭文字からとられています。インターバンク市場に直接トレーダーの注文を流し、自動的にマッチングさせる仕組みのことですね。海外FX業者などではボーナスの対象外になっていたり、レバレッジが制限されていたりなどの注意点もありますが、最も公平で透明性が高いため、上級トレーダーや大口投資家に人気の取引口座です。

またECN口座では、スプレッドが非常に狭いですが、その代わり取引手数料が発生します。ECN口座における海外FX業者の役割は、トレーダーとインターバンクの仲介役となるため、その際の手数料が“取引手数料”として徴収されるというわけですね。

NDD方式の特徴

NDD取引の代表的な特徴は以下のとおりです。

  • 顧客に不利なレートの操作をしない
  • ディーリングデスクが介入しないため、公平な取引が期待できる
  • スプレッドが収益源(ECN方式は取引手数料)のため、やや広め

DD方式と大きく異なる点は、その収益源。NDD方式を採用している場合、FX業者の役割はトレーダーを金融機関・インターバンクにつなげることです。そして、その仲介における手数料(スプレッド・取引手数料)がFX業者の収益源となっており、これは利益相反となるDD取引と大きく異なりますね。

ですから、スプレッドがやや広めだったり、ECN口座の場合は別途取引手数料が発生したりしますが、NDD方式は透明性は非常に高く、顧客に不利なレート操作、約定拒否、ストップ狩りなどは相対的に少ないと期待できます

(※NDD方式を採用していても上記のような悪質な行為をする業者も実際にあります。安心でき、信頼があるFX業者を選ぶことがポイントです。)

NDD取引を採用している主な海外FX業者

XM ー海外FX業者人気No.1 信頼と実績のFX業者ー

取引形態NDD取引
スプレッドやや広め

(ドル円1.6Pips・スタンダード口座)

レバレッジ最大888倍
ゼロカットシステム◎   過去の実績あり

XMの口座開設はこちら

Axiory ー業界最狭水準のスプレッドと高い約定力-

取引形態NDD取引
スプレッド業界最狭水準

(ドル円1.3Pips・スタンダード口座)

レバレッジ最大400倍
ゼロカットシステム◎   過去の実績あり

Axioryの口座開設はこちら

TitanFX -圧倒的な約定力と最狭スプレッドが魅力-

取引形態NDD取引
スプレッドやや広め

(ドル円1.33Pips・スタンダード口座)

レバレッジ最大400倍
ゼロカットシステム〇 ホームページ上に明記

TitanFXの口座開設はこちら

FBS -業界内最高3000倍のレバレッジが体験できる-

取引形態NDD取引
スプレッド広め

(ドル円2.5Pips・スタンダード口座)

レバレッジ最大3000倍
ゼロカットシステム〇 ホームページ上に明記

FBSの口座開設はこちら

まとめ

DD方式とNDD方式の取引の違いやそれぞれのメリットについて説明してきましたが、その最も大きな違いは業者が利益を得る仕組みですね。スプレッドは狭いものの、やや取引の透明性に欠け、トレーダーの損失が業者の利益となりやすいDD方式。スプレッドは広いものの、取引の透明性は高く業者の利益の発生源もわかりやすいNDD方式。

どちらに魅力やメリットを感じ、どちらの取引方式を使うかは人それぞれだと思いますが、個人的にはやはり公平な取引ができるNDD方式の方がトレーダー本位な方式だと思います。DD業者であっても誠実に取引をしているFX業者ももちろんありますが、今まで国内FXでストップ狩りやスリッページ、リクオートなど不利な取引を経験したという人は、ぜひNDD方式を採用している海外FX業者の利用を検討してみてください。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外のFX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナス+以降追加入金毎に+20%のボーナスが付与されます。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

GemForex

優秀なEAとミラートレードが手軽に使えるのがこのGemForex。本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されており、GemForexであればこのEAが無制限で使用できます。
豪華な口座開設ボーナスや500万円まで100%という驚愕のボーナスキャンペーンも度々開催されており、FX初心者や裁量トレードの時間がないという人はもちろん、豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーにもおすすめの海外FX業者ですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりました。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

ランキングは下記調査に基づき作成しています。

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数3456名
有効回答数1982名
調査の期間2018年11月12日〜2018年11月30日
海外FXの魅力
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント