おすすめ海外FX業者社15社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

FXGTの評判を総まとめ!口座開設&200%入金ボーナスに業界随一の狭スプレッドで仮想通貨取引も可能なハイブリッド取引所

その他

FXGTと言えば、2019年12月からサービス提供を開始した超新興海外FX業者。サービス開始当初から派手なボーナスキャンペーンを実施していることもあり、一気に知名度を高めたブローカーですね。運営スタッフに超メジャー海外FX業者XMやAxioryの創立メンバー、その他大手ブローカーの役員クラスなどが参加しており、いま最も話題の海外FX業者と言っても過言ではありません。

そんなFXGTですが、為替取引だけでなく仮想通貨取引も可能なハイブリッド取引所であり、さらにそのスプレッドが業界トップクラスの狭さを誇るなど、新興業者でありながら利用者をどんどん増やしています。そこで本記事では、FXGTの特徴や評判、メリットやデメリットを詳しく解説し、合わせてFXGTの利用をおすすめしたい相性の良いトレーダーについても紹介したいと思います。

FXGT最大の特徴は豪華ボーナスとFX/仮想通貨に両対応したハイブリッド取引所

FXGT最大の特徴であり魅力とも言えるのが、豪華なボーナスキャンペーンと為替(FX)/仮想通貨の両方に対応しているハイブリッド取引所であるという点。まずはその内容を詳しく解説していきたいと思います。

豪華なボーナスキャンペーン

FXGTでは毎月内容の異なるボーナスキャンペーンが実施されています。ここでは現在実施中のキャンペーンに加え、参考として過去に実施されていたものもまとめて紹介していきたいと思います。

入金額の100%(初回)/20%(追加)がもらえる入金ボーナス

FXGTが2020年3月現在で開催しているのは、100% or 30%の入金ボーナスキャンペーンです。

内容としては

  1. 初回入金に対して、入金額の100%のボーナスを付与(初回入金ボーナス)
  2. 2回目以降の入金に対して、入金額の20%のボーナスを付与(追加入金ボーナス)

という2段階の入金ボーナスですね。

それぞれのボーナスの概要をまとめると以下の表のような形です。

初回入金ボーナス追加入金ボーナス
ボーナス内容初回入金額の100%を付与2回目以降入金額の20%を付与
ボーナス上限額70,000円($700)450,000円($4,000)
出金可否出金不可
※利益分は出金可能
開催期間2020年3月2日~31日
対象条件MT5口座への入金
備考・出金すると自動的にボーナス消滅
・2ヶ月間以上MT5口座にアクティビティがない場合には消滅

初回入金ボーナスは、FXGTに初めて入金した額に対して100%のボーナスが付与されます。ただし、ボーナスの上限額は7万円(700ドル)までに設定されていますので、それを超えた入金部分に関してはボーナスはもらえない点には注意しましょう。

追加入金ボーナスは、2回目以降の入金に対して、入金額の20%のボーナスが付与されるキャンペーンですね。こちらのボーナス上限額は45万円に設定されていますので、225万円までの入金に対してはボーナス適用範囲内ということになります。

ただしこれらのボーナスには以下3つの共通した注意点があるため、入金前によく確認しておきましょう。

①開催期間は1か月

開催期間は2020年3月中のみとなっています。利用を検討されているトレーダーはお早めに資金の準備等を進めて行きましょう。

②ボーナス分の出金はできない

ボーナスとしてもらった証拠金の出金はできませんので注意してください。出金した場合には自動的に消滅する仕組みとなっています。

③2ヶ月間以上アクティビティがない場合には消滅

2ヶ月以上の間MT5口座で取引などをしないとボーナスは自然消滅してしまいます。

FXGTの口座開設はこちら

入金額の30%(初回)/10%(追加)がもらえる入金ボーナス※2020年2月末に終了

こちらは2020年2月末まで実施されていたボーナスキャンペーンですね。内容としては

  1. 初回入金に対して、入金額の30%のボーナスを付与(初回入金ボーナス)
  2. 2回目以降の入金に対して、入金額の10%のボーナスを付与(追加入金ボーナス)

というものです。

条件などをまとめると下記の表のような感じですね。

初回入金ボーナス追加入金ボーナス
ボーナス内容初回入金額の30%を付与2回目以降入金額の10%を付与
ボーナス上限額550,000円($5,000)800,000円($7,000)
出金可否出金不可
※利益分は出金可能
開催期間2020年2月1日~29日
対象条件MT5口座への入金
備考・出金すると自動的にボーナス消滅
・ボーナスは付与後、60日で消滅

初回入金についてはボーナス率が30%とやや低いものの、上限額550,000円というのはかなり大きいですね。

入金額の200%がもらえる入金ボーナス※2020年1月末に終了

2020年1月末をもって本キャンペーンは終了してしまっていますが、FXGTでは開業から1ヶ月以上の期間、初回及び2回目の入金に対して、それぞれ200%のボーナスが付与されるキャンペーンを実施していました。一回の入金で獲得できるボーナスの上限額は65,000円でしたので、2回合わせて13万円のボーナスがもらえたことになりますね。

海外FX業者では豪華なボーナスキャンペーンを実施しているところも数多くありますが、入出額の200%というのは、GemForexis6comでしか見たことがありません。これはかなり太っ腹なキャンペーンと言えるでしょう。

現在このキャンペーンは開催されていませんが、同レベルのボーナスキャンペーンが今後も定期的に開催される可能性もあり、ボーナスについては十分期待できると思います。

口座開設で1万円の口座開設ボーナス※2020年1月末に終了

口座開設するだけでボーナスがもらえる口座開設ボーナス(未入金ボーナス)も海外FXでは定番のキャンペーンですね。こちらについても入金200%ボーナスと同様、2020年1月末まで実施されていました。

内容としては口座開設を行い本人確認書類を提出するだけで、未入金でも1万円が付与されるというもので、これはFBSやGemForexなどの口座開設ボーナスが豪華な業者に劣らないレベルですね。こちらのキャンペーンも定期的に開催される可能性があるため、まだ口座開設をしていない人は公式サイトを時々チェックして、このタイミングを狙ってみるのも良いでしょう。

FXと仮想通貨取引に対応した「ハイブリッド取引所」

FXGTのもう一つの特徴とも言えるのが、FXと仮想通貨の両取引に対応していること。数ある海外FX業者の中でも、仮想通貨のレバレッジ取引ができる主要業者は、BigBossTradersTrustTradeviewHotForexiForexの4業者しかありません。

仮想通貨専用の取引所をわざわざ開設せずとも、FX業者の口座で為替取引も仮想通貨取引もできるというのは、両方を取引するトレーダーにとっては大きなメリットと言えるでしょう。

さらにFXGTの仮想通貨取引は、

  • 仮想通貨の取扱商品数が多い
  • スプレッドが狭い
  • 土日でも取引ができる

という特徴を備えています。

具体的にFXGTと他の業者の仮想通貨商品数とスプレッド、土日の取引可否をまとめると以下の表のようになりますね。

仮想通貨商品数スプレッド※土日取引可否
FXGT
1317.5
BigBoss
536
※FOCREX口座(仮想通貨取引専用口座)に限る
TradersTrust
1522
Tredeview
58×
HotForex
730
iForex
1453

※BTCUSDのスプレッド

商品数で言えばTradersTrustよりも少ないものの、その差はたった2つであり、さらにスプレッドはFXGTの方が狭く設定されています。またスプレッドではTradeviewのほうが狭いですが、商品数では圧倒していますしTradeviewではできない土日の取引も、FXGTでは可能です。

これらを総合的に判断すると、FXGTの仮想通貨取引環境は他の業者に比べてかなり優れていると言えるでしょう。

FXGTの口座開設はこちら

FXGTの特徴と評判 ~メリットとデメリット~

口座の基本スペックや特徴

FXGTでは現在、スタンダード口座のみが開設可能です。運営開始からまだ2ヶ月程度ということもあり、今後口座タイプが増えてくる可能性は十分ありますが、今回はこのスタンダード口座の基本スペックを確認していきます。

スタンダード口座の基本スペックを表にまとめると以下のような形ですね。

取引方式STP方式
取引プラットフォームMT5
最大レバレッジ500倍
最小取引単(通貨ペア)0.01lot
(1,000通貨)
最低入金額500円
ロスカット水準証拠金維持率50%以下
追証なし
取引手数料無料
平均スプレッド(ドル円)1.6pips

後ほど詳しく解説していきますが、STP方式で最大レバレッジ500倍というのはごく一般的かやや低めと言えるでしょう。気になるのは取引プラットフォームがMT5のみで、ロスカット水準が証拠金維持率50%以下とやや高めなことでしょうか。基本スペックとしては可もなく不可もなくといったところですね。

最大レバレッジ500倍は仮想通貨取引にも適用

前述の通り、FXGTの最大レバレッジは500倍。海外FX業界では最大レバレッジ1,000倍を超える業者もいくつかありますので、500倍はそれほど高いレバレッジ設定ではありませんね。それでも、国内FX業者と比較すると、その20倍のレバレッジを効かせたトレードができますので、海外FX業者としては合格ラインはクリアしていると言えるでしょう。

以下の表は、主要業者との最大レバレッジを比較したものです。

業者名最大レバレッジ
FXGT
500倍
XM
888倍
GemForex
1,000倍
FBS
3,000倍
Axiory
400倍
TitanFX
500倍

ただレバレッジに関しては、他の業者とは異なりFXGTならではと言えるポイントがあります。それは通貨ペア取引だけでなく、仮想通貨取引にもこの最大レバレッジが適用されるということですね。下記の表のように取引ボリューム(保有ポジション)によってレバレッジが制限されるものの、最低でも20倍は維持されます。

取引ボリュームレバレッジ
0〜1万ドル(約110万円)500倍
1万ドル〜5万ドル(約550万円)200倍
5万ドル〜10万ドル(約1100万円)100倍
10万ドル〜20万ドル(約2200万円)50倍
20万ドル〜20倍

日本国内の仮想通貨取引所が4倍、仮想通貨に対応した海外FX業者のレバレッジが5倍~10倍であることを考えると、これは世界最高レベルのハイレバレッジであると言えますね。

FXGTの口座開設はこちら

追証なしのゼロカットシステム採用

FXGTは他の多くの海外FX業者と同じく、ゼロカットシステムを採用しています。相場が急変動し口座残高がマイナスとなった場合でも、顧客はマイナス分の証拠金(追証)を支払う必要がないというわけですね。

マイナス分についてはFX業者が補填してくれるため、トレーダーは入金額以上に損失を負うことはありません。そしてもちろん、これは仮想通貨取引にも適用されます。

法律によりゼロカットシステムを採用できない国内FX業者と比べると、安全に取引を行うことができる点で安心と言えるでしょう。

為替取引(FX)のスプレッドは比較的狭め

仮想通貨取引においてはかなりの低スプレッドを実現しているFXGTですが、FXにおけるスプレッドも比較的狭く設定されています。実際に主要海外FX業者のスタンダードな口座の平均スプレッドと比較すると、下記の表のようになりますね。

FXGT
Axiory
TitanFX
XM
USD/JPY1.41.31.21.7
EUR/JPY2.21.51.42.3
GBP/JPY3.52.02.43.9
EUR/USD1.61.21.21.8
GBP/USD2.21.61.62.3
EUR/GBP1.91.31.92.6

スプレッドが狭いことで有名なAxioryやTitanFXと比較すると、若干広めではあるものの、海外FX業者の代表格であるXMとの比較では、全体的に狭くなっていますね。業界トップクラスの狭さとまではいきませんが、比較的有利な条件でトレード可能なスプレッドと言えるでしょう。

完全日本語対応の公式サイト&日本語サポートも充実

日本人トレーダーにとっては、日本語でのサポート体制が整っているかという点は、非常に重要なポイントですよね。自身の資産を預けるということもあり、万が一の場合に日本語でやりとりできないというのは致命的になりかねません。

その点FXGTでは、公式WEBサイトが完全日本語対応されており、問い合せに対してもしっかりと日本語でサポートしてくれます。海外FX業者の中には、サイトが日本語対応していても、和訳ツールで変換されたような不自然な日本語が使われていることもありますが、FXGTはそのようなこともありませんね。しっかりと意味の分かる日本語での表記となっており、利用する上での不便さや問題は特に感じません。

また、緊急時の業者への問い合わせに対しては、下記のようにEメール、チケット(クライアントポータル内にあるサポート窓口)、ライブチャットで受け付けています。

営業時間平日対応土日対応
Eメール24時間
チケット
ライブチャット9時~23時

現時点では電話での対応は不可となっていますが、Eメール、チケット、ライブチャットでのやり取りでは、自然な日本語で素早くレスポンスがもらえるため、この点に関しても特に問題はないでしょう。ライブチャットであれば、時間は限られているものの、非常時にすぐにサポートを受けることも可能です。

セーシェルFSAの金融ライセンス保有

FXGTの運営会社である”360 Degrees Markets Ltd”は、下記の通りセーシェル共和国が発行するFSAという金融ライセンスを取得しています。

運営会社360 Degrees Markets Ltd
所在地Suite C, Orion Mall , Palm Street,
Victoria , Mahe , Seychelles
金融ライセンスFSA(登録番号:SD019)

FSAライセンスは、金融ライセンスとして信頼の厚いFCA(イギリス)やCySEC(キプロス)と比べて、安全性や信頼性という面ではやや劣ると言えるでしょう。しかし、XMHotForexといった業者も、日本向けユーザーの管理はこのFSAライセンス下でおこなっており、そういう意味では全く意味がないライセンスという訳でもありません。海外FX業者が日本の顧客を管理するには、日本の金融庁と関係性の薄い国のライセンスで活動せざるを得ないため、これは仕方がありませんね。

ただXMHotForexは、FSA以外に、FCA(イギリス)、CySEC(キプロス)といった信頼性の高いライセンスを複数保有しています。海外FX業者の中には金融ライセンスを保有していない業者も多く存在するため、その点ではFXGTは最低限の信頼性は確保されていると言えますが、主要な大手業者と比較すると安全性はやや劣るという印象ですね。

FXGTの口座開設はこちら

顧客資産は信託保全ではなく分別管理

FXGTでは顧客資産を信託保全ではなく分別管理方式で管理しています。そのため、業者の倒産など万が一の際には、トレーダーの資産が返ってこないという可能性もあり、これはやや不安なポイントですね。

とは言え、海外FX業者で信託保全を採用している業者はAxioyなど一部の業者に限られ、その数は非常に少ないです。その点ではFXGTの管理方式は一般的なレベルと言えるでしょう。

ただ、同じ分別管理でも、XMのように保険をかけることで、顧客資産を全額 or 一定額まで補償している業者も複数あります。現時点でFXGTはそういった補償もかけていないため、顧客資産管理に一定のリスクがあると言えますね。

取引ツールはMT5のみ

MT5やcTraderといった高機能な取引プラットフォーム利用者も徐々に増えていますが、それでも世界ではまだまだMT4を使っているトレーダーが多くいます。

ところが、FXGTでは取引ツールがMT5のみに限定され、MT4は利用することができません。MT4を使用していたトレーダーにとっては、使い慣れた取引ツールを乗り換える必要があり、これはFXGTの利用ハードルを上げる要素と言えるでしょう。

他の海外FX業者では、MT4・MT5両方のプラットフォームに対応している業者が多いため、この点ではやや利用者を選んでしまうかもしれませんね。特にEAやインジケーターはMT4の方が圧倒的に豊富ですので、これらをよく使うトレーダーにとっては大きなデメリットと言えます。

創業メンバーは豪華だが運営歴が短く実績が少ない

冒頭でも述べたとおり、FXGTの創業にはXMやAxioryといった大手ブローカーの創設者など、取引所運営について豊富な知識と経験を持ったスタッフが関わっています。経験に裏付けされた運営が出来るメンバーがそろっていることから、運営開始から間もないながらも、今後に関して過度な不安を抱く必要はないでしょう。

とは言え、FXGTが運営を開始したのは2019年12月とつい最近のこと。超新興業者であり運営歴はまだ非常に短いため、実績や口コミ評判が少なく情報が乏しいことは事実です。出金拒否など、運営上の目立った問題はまだ出てきていませんが、SNSや国内掲示板サイトでは「まだまだ様子見」という意見が散見されますね。

また、海外FX最大の口コミサイト”FPA”にも、FXGTはまだ登録されていないため、実績・口コミから業者の良し悪しを判断するには情報が不足しているというのが現状です。いきなりトレードを始めることに不安のあるトレーダーは、実績や情報が出るのを待ってから取引するのが良いでしょう。

FXGTの利用をおすすめする相性の良いトレーダー

ボーナスで資金を増やして取引したいトレーダー

FXGTでの取引は、少ない資金からボーナスを活かして利益を狙うトレーダーにおすすめです。過去、入金額に対して200%のボーナス付与や、口座開設するだけで1万円のボーナス付与など、豪華キャンペーンを実施していたこともあり、今後もボーナスについてもある程度期待できるでしょう。

豪華なボーナスキャンペーンを開催しているタイミングを見計らい、上手に資金を増やすことで、資金効率の良い取引が可能です。

仮想通貨を積極的に取引したいトレーダー

FXの取引はもちろん、仮想通貨の取引も積極的に行いたいトレーダーにもおすすめです。FXGTの口座を持っておけば、一つの口座でFXも仮想通貨も取引可能なため、仮想通貨用の別口座を設ける必要もありません。

また、他の業者に比べて仮想通貨の取扱商品数が多く、スプレッドも狭いため、豊富な商品から取引ができることや取引コストを抑えた利益拡大が狙いやすい点も大きなメリットと言えますね。積極的な仮想通貨取引を考えているトレーダーにはFXGTの利用がおすすめです。

FXGTの口座開設はこちら

まとめ

FXGTはまだまだ運営歴の短い業者ということで、完全に安心してトレードできるとは言い難いですが、一定の信頼性はあると考えられます。現在は実施されていませんが、当初開催されていたボーナスキャンペーンも非常に豪華で、ボーナスに関しては今後もある程度期待できそうですね。

ただFX業者として見た場合、そのトレード環境は特別優れている訳ではありません。もし為替取引のみで海外FX業者を利用するということであれば、もっと優秀な業者が存在しますので、そちらを使うようにしましょう。

一方で仮想通貨関連の取引に関しては、数ある海外FX業者の中でもかなり優れたトレード環境を実現しています。FXと仮想通貨、両方を1業者で取引したいと考えている人であれば、ぜひFXGTの利用を検討してみてください。

FXGTの口座開設はこちら

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8156名
有効回答数6214名
調査の期間2020年1月15日〜2020年4月15日
その他
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました