おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

FXGTの最新口座タイプやスペック、評判などを総まとめ!最大レバレッジ1000倍への変更方法や追加口座の開設手順、各種取引条件などを徹底解説

FXGT

FXGTは、使いやすいボーナスキャンペーンや、充実した仮想通貨(暗号資産)取引環境によって注目されている海外FX業者です。設立は2019年ですが、セーシェル金融庁のライセンス取得や、FXブローカー向け損害賠償責任保険の締結など、信頼面でのアピールもされており、国内ユーザーからの人気も高いブローカーですね。当サイトにおける海外FX業者総合ランキングにおいても、FXGTは超大手のブローカーに次ぐ第4位となっており、その人気の高さがうかがえます。

そんなFXGTの口座タイプですが、サービス開始時点では「MT5口座」の1種類のみで、最大レバレッジも500倍でした。しかし2021年6月からは、口座タイプはスタンダード口座やECN口座を含めた合計4口座タイプに、最大レバレッジも1000倍へと引き上げられ、提供されるサービス内容は格段に向上しています。

そこで本記事では新しくリリースされたFXGTの口座スペックの詳しい解説や、既存ユーザーのための各種設定変更手順を、仮想通貨FXを扱う競合ブローカーとの比較なども交えながら分かりやすく説明していきたいと思います。

FXGTではスタンダード口座に加え、セント口座・ミニ口座・ECN口座を追加

2019年12月にサービスを開始したFXGTですが、当初の口座タイプは一般的な海外FXのスタンダード口座に相当するMT5口座だけでした。このような仕様は、仮想通貨FXもメインに据えているブローカーでは珍しくありませんが、選択できる口座タイプが増えたことで、FXGTはさらに取引しやすい海外FX業者になったのではないでしょうか。

ここからは、従来から提供していた「スタンダード口座」に加え、2021年6月から新しく提供されている「セント口座」「ミニ口座」「ECN口座」について、詳しく見ていきたいと思います。

口座タイプ一覧

まずは、各口座タイプの仕様を確認しましょう。

口座タイプセント口座ミニ口座スタンダード口座ECN口座
口座通貨USD/EURJPY/USD/EUR/
BTC/ETH/XRP/USDT
JPY/USD/EUR/
BTC/ETH/XRP/USDT
JPY/USD/EUR/
BTC/ETH/XRP/USDT
1ロットあたりの通貨量1,000通貨1万通貨10万通貨10万通貨
最小ロット数0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大ロット数500ロット200ロット100ロット200ロット
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍1,000倍
初回最低入金額5ドル500円500円2万5,000円
取引可能銘柄FX通貨ペアFX通貨ペア
仮想通貨FX
メタルとエネルギー
株価指数
FX通貨ペア
仮想通貨FX
シンセティックペア
GTi12
メタルとエネルギー
株価指数
株式
FX通貨ペア
仮想通貨FX
シンセティックペア
GTi12
メタルとエネルギー
株価指数
株式
ドル円の最低スプレッド2pips1.8pips1.6pips0.3pips
取引手数料なしなしなし
1ロット往復取引あたり10ドル
マージンコール50%50%50%70%
ロスカット20%20%20%40%
キャンペーン対象一部利用可能利用可能利用可能不可

続いて、各口座タイプの詳細を見ていきたいと思います。

セント口座の特徴

セント口座は、少額での取引に特化した口座タイプです。1ロットあたりの通貨量は1,000通貨で、海外FXで一般的な「1ロット=10万通貨」に比べて1/100のサイズで取引が可能になっています。

セント口座の最小ロットである0.01ロットで取引した場合、1pipsの変動で発生する損益はおよそ0.1円。損益を限りなく小さくできるため、FX初心者や、リアルトレードのレートでEAを試運転してみたい人に最適と言えるでしょう。

ただしFXGTのセント口座では、口座通貨はUSDとEURのみで、JPYでは取引できません。また、取引可能な銘柄はFX通貨ペアのみであることに加え、ボーナスキャンペーンではセント口座が除外されているものが多いため、少々制約の多い口座タイプでもあります。そのため使い方には少々注意が必要ですね。

ミニ口座の特徴

FXGTのミニ口座も、少額取引向けの口座タイプになっています。1ロットあたりの通貨量は1万通貨で、スタンダード口座の1/10のサイズで取引が可能です。

ミニ口座の最小ロットである0.01ロットで取引した場合、1pipsの変動で発生する損益はおよそ1円になります。大きな金額を取引に使うのはまだ躊躇うという人は、ミニ口座から利用してみてはいかがでしょうか。

ミニ口座はセント口座と違い、FXGTで入出金や口座通貨として設定できるすべての法定通貨・仮想通貨を利用可能です。取引可能銘柄も一部不可のものがありますが、FX通貨ペアや仮想通貨FXなどほとんどのものは取引可能で、ボーナスキャンペーンの利用にも制限がありません。スタンダード口座とほとんど同じスペックで、少額取引ができる口座タイプと言えるでしょう。

スタンダード口座の特徴

FXGTでメインの口座タイプになるのが、スタンダード口座です。以前からFXGTを利用しているユーザーの場合は、従来の取引口座はスタンダード口座として引き継がれています。

取引サイズは、海外FXでの標準である1ロット=10万通貨。最小では0.01ロットから、最大では100ロットと言うダイナミックな取引も可能です。FXGTが提供しているすべての銘柄を取引可能で、さらにすべてのボーナスキャンペーンが利用可能となっています。

FXGTのメリットが詰まった、初心者からベテランまで対応できる口座タイプなので、口座選びに迷った場合はスタンダード口座を選択して問題ないでしょう。

ECN口座の特徴

ECN口座は、低コスト取引に特化した口座タイプです。取引手数料が必要な代わりに、他の口座タイプよりも狭いスプレッドで取引が可能になっていますね。

取引手数料について、例えばFX通貨ペアでは、1ロットの往復取引あたり10ドルの手数料がかかります。これはスプレッドに換算すると、およそ1pips相当。もしドル円のスプレッドが0.3pipsの場合、実質的なスプレッド(取引コスト)としては、合計した1.3pipsと考えられます。取引手数料は別途発生しますが、総合的な取引コストとしてはFXGTの口座タイプの中で最も少ないと言えますね。

ECN口座の取引手数料は、FXGTの全銘柄で同じ金額がかかるわけではありません。例えば、仮想通貨FXでは取引手数料はかかりません。より低いスプレッドを手数料なしで利用できるので、仮想通貨FXを取引したい方にとっては、おすすめしたい口座タイプですね。その他、ゴールドやシルバーでは1ロットあたり往復5ドルなど、銘柄によって手数料の設定が異なります

ECN口座の仕様は、基本的にはスタンダード口座と同じですが、ボーナスは利用できないと言う制限があるため、その点は注意が必要ですね。

FXGT公式サイトで詳細を確認

他社との口座タイプ比較

最近ではFXGTのように仮想通貨FXを主力銘柄として扱うブローカーも増えてきましたね。今回はその中から、Bitterz、AltumFX、CryptoGTとFXGTで、提供する口座タイプ数の違いを確認したいと思います。

以下は、各社が提供する口座タイプ数の一覧です。

FXGTBitterzAltumFXCryptoGT
口座タイプ数4種類1種類1種類1種類

一般的な海外FX業者では、スタンダード口座の他にECN口座などの低スプレッド口座も用意している場合が多いのですが、仮想通貨FXもメインで扱うブローカーでは、MT5を利用するスタンダード口座の1種類のみの提供の場合がほとんどです。その中でもFXGTは口座タイプが増えたことで、FXブローカーと仮想通貨取引所のハイブリッドと言うテーマにより近づけたと言えるでしょう。

FXGTの口座開設はこちら

新しい口座タイプの追加手順

スタンダード口座以外の口座タイプを利用したい場合や、最初はミニ口座を開設したけどスタンダード口座も使ってみたいなどの場合、追加で異なる口座タイプを開設することが可能です。

ここでは、新しい口座タイプの追加手順を見ていきたいと思います。

まずはこちらをクリックするかFXGT公式サイト(https://jp.fxgt.com/jp/home)からマイページにログインし、ダッシュボードのページが開いたら、「MT5」から「口座開設」を選択します。

「MT5口座を開設する」ページが開きますので、「ライブ口座」を選択しましょう。

紹介コードを入力するページが開きますが、ない場合はスキップして構いません。

次は口座タイプの選択画面です。希望する口座タイプの「選択」ボタンをクリックして先に進みましょう。

続いて設定する口座通貨を選択します。

ここで口座のレバレッジを選択する画面になり、5倍から1,000倍まで段階的に選択できます。特別な理由がない限り、最大の1,000倍を選択した方が有利に取引を行えます。選択を終えたら「進める」をクリックしましょう。

最後は、MT5から取引口座へログインする際のパスワードの設定ですね。自動設定することも、自分で設定することも可能です。設定を終えたら「進める」をクリックします。

以下のように「MT5口座の準備ができました。」の画面が表示されたら、追加口座の設定は完了です。口座情報は登録メールアドレス宛にも送信されますので、無くさないように保管しましょう。

FXGTの最大レバレッジは1,000倍へ引き上げ

FXGTでは、サービス開始当時は最大500倍のレバレッジを提供してきましたが、2021年6月の新口座タイプのリリースとほぼ同時期に、最大レバレッジを1,000倍に引き上げました。

ここからは、最大1,000倍のレバレッジの利用範囲や、口座レバレッジの変更方法について確認していきます。

最大1,000倍のレバレッジは、FX通貨ペアと仮想通貨(暗号資産)FXで利用できる

FXGTが提供する4つの口座タイプすべてで、最大1,000倍のレバレッジが利用可能です。

また、最大1,000倍のレバレッジが適用される銘柄は、FX通貨ペアと仮想通貨FXです。その他の銘柄では、従来通り銘柄ごとに最大レバレッジは設定されています。

他社との最大レバレッジ比較

続いて、競合するブローカーと最大レバレッジを比較したいと思います。比較するのは、FXGTと同じく仮想通貨取引をメインにしている、Bitterz、AltumFX、CryptoGTの3社です。

FXGTBitterzAltumFXCryptoGT
最大レバレッジ1,000倍888倍500倍500倍

仮想通貨取引自体は普通の海外FX業者でも取り扱いがある場合がありますが、レバレッジは10倍以下に設定されていることも珍しくありません。その点、仮想通貨取引に重きを置いている今回比較の4社は、いずれも500倍以上の高いレバレッジが利用可能となっていますね。

その中でも最大1,000倍というFXGTのレバレッジは最も高く、FX通貨ペアの取引と遜色ない高水準となっています。

最大レバレッジの変更手順

新しく口座開設するなどの場合は、最大レバレッジは口座開設中に設定できます。しかし、最大1,000倍のレバレッジがリリースされる以前からの既存ユーザーが変更したい場合は、自身で最大1,000倍のレバレッジを設定する必要があります。

ここからは、最大レバレッジの変更手順を確認したいと思います。

まずはこちらをクリックするかFXGT公式サイト(https://jp.fxgt.com/jp/home)からマイページにログインし、ダッシュボードのページが開いたら、右上の「三」のようなマークから「MT5口座」の項目にある「→MT5口座」を選択します。

保有中の口座情報が表示されますので、レバレッジを変更したい口座の右下にある「…」のようなマークから「レバレッジ変更」を選択しましょう。

すると「レバレッジの変更」と言うウィンドウが開きますので、「要求済みレバレッジ」の中から「1000」を選択。選択し終えたら「確認」をクリックします。

手続きは以上で完了ですね。

FXGT側で確認作業が入り、少し時間を置いた後にレバレッジは変更されます。

まとめ

FXGTでは以前は1つの口座タイプのみの提供でしたが、少額取引向けの「セント口座」「ミニ口座」と、低スプレッド口座タイプである「ECN口座」が追加されたことにより、ユーザーにとってより使いやすい仕様になったと言えるでしょう。

レバレッジも500倍から1,000倍へと引き上げられたことで、取引の幅がより広がると共に、他の仮想通貨FX重視のブローカーと比較して、最も利用価値がある一社になったと言えるでしょう。FXGTでは口座開設ボーナスや入金ボーナスも提供していますので、仮想通貨メインのFXトレードに興味がある人は、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

FXGTの口座開設はこちら

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

FXGT

外国為替FXに加え仮想通貨FXでも、1000倍という非常に高いレバレッジで取引可能なハイブリッド海外FX業者FXGT。
ランキング上位業者では対応していないbitwalletによる利益出金も可能で、さらに国内銀行送金による入金、仮想通貨による入出金など、その優れた入出金環境も魅力ですね。
仮想通貨FXは証拠金が多ければ多いほど良いですが、FXGTには追加入金なしでクッション機能付きのボーナス=証拠金を増やす手法もあり、仮想通貨FXはもちろんのこと外国為替FXでもダイナミックな取引が可能な業者です。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数10231名
有効回答数7596名
調査の期間2021年1月15日〜2021年3月15日
FXGT
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました