おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

TitanFX(タイタンFX)でのスキャルピングについて徹底解説!メリットやルール、注意点について総まとめ

TitanFX

低スプレッド・高約定力なハイスペック取引環境で人気を集めている海外FX業者TitanFX(タイタンFX)。サービス開始は2014年と比較的新しい業者と言えますが、業界での実績あるスタッフがその運営を担っており、信頼性も高い人気ブローカーのひとつですね。

そんなTitanFXですが、多くの海外FX業者が開催しているようなボーナスキャンペーンは一切行わず、取引環境の充実に努めている点が特徴的と言えるでしょう。海外FXの大きな魅力でもあるボーナスが存在しない代わりに、狭いスプレッドや高速約定を誇っており、その点ではまさにスキャルピング向きの口座スペックとなっています。特にECNタイプであるブレード口座は、スキャルピングとの相性も抜群ではないでしょうか。

そこで本記事では、TitanFXでスキャルピングする際のメリットなどを分かりやすく解説。取引制限が少なくスキャルピングをしやすいTitanFXですが、してはいけないスキャルピング方法も存在しますので、その注意点などもあわせて説明していきたいと思います。

TitanFXはスキャルピングに制限なし

FX業者の取引方式や注文の処理能力によっては、スキャルピングを事実上禁止していたり、禁止はしていなくてもロット数や取引回数に制限を設けている場合があります。

その点TitanFXでは、スキャルピングを禁止していないことはもちろん、取引制限もほとんどありません。ルール違反となるような取引方法はいけませんが、TitanFXではロット数や取引回数気にすることなく、そして裁量トレードやシステムトレードの別なくスキャルピングをできるブローカーと言えます。

TitanFXでスキャルピングをするメリット

スキャルピングに適したブローカーとも言われるTitanFXですが、実際にスキャルピングをするメリットについて見ていきたいと思います。

ECN取引によるブレード口座を提供

TitanFXでは、下記のようにスタンダード口座とブレード口座の2つの口座タイプを提供しています。

スタンダード口座ブレード口座
STP取引による口座タイプ。ディーリングデスクを介さずインターバンクに直結して取引ができる。スプレッドはドル円で平均1.33pipsとされスキャルピングとしては狭いスプレッドではないが、取引手数料は発生しない。ECN取引による口座タイプ。TitanFXのZero Pointテクノロジーにより、より狭いスプレッドと高速の約定力を実現している。スプレッドはドル円で平均0.33pipsとされ、別途1ロットの往復取引あたり7ドル(約0.7pips相当)がコストとしてかかる。

2口座タイプのうち、よりスキャルピング向きと言われているのがECN取引によるブレード口座ですね。ECN(Electronic Communications Network)は、銀行、リクイディティプロバイダー、機関投資家などが参加しているインターネット上の電子取引所のことです。ECNにはディーラーは存在せず、参加者の注文がシステムにより自動的にマッチングされることから、下記のようなメリットがあります。

ECN取引のメリット

  • ディーラーを介さないため、透明性・公平性が最も高い取引方法
  • 巨大市場での取引のため流動性が高く、高速の約定が期待できる
  • スプレッドがほとんど発生しないため、取引コストが安くなる(ただし、別途取引手数料は必要)

ブレード口座の取引では、海外FXの中でも評判の高いTitanFXの取引インフラを通してECNの中で売買を行うことになります。より早い約定や低い取引コストを求めるスキャルパーにとっては、ブレード口座は1つの選択肢になるでしょう。

TitanFX公式サイトで口座スペックを確認

最新技術による高い取引環境

TitanFX ECNの取引サーバーは、世界中の多くの金融機関も利用しているニューヨークのエクイニクスNY4データセンター内に置かれています。地理的に近い距離の中で、提携銀行や金融機関と光ファイバーによるレイテンシーの少ないネットワークを構築することにより、TitanFXではより高速の約定と低スプレッドを提供できるというわけですね。

さらにTitanFXの取引環境は「Zreo Point テクノロジー」と呼称される以下3つの技術によって支えられています。

  • ZP-ASM:選択可能なリクイディティ(流動性)の中から1秒間に数百万回比較し、最適な価格とスプレッドを抽出する
  • ZP-DLA:AIアルゴリズムにより、より深いリクイディティの中から最適な価格を提供する
  • ZP-OEO:光ファイバー接続により、約定速度を最適化する

これらの技術は、ECN口座であるブレード口座で最大限に用いられていますが、スタンダード口座でも使用されています。

少ないコストで取引が可能

TitanFXのECN口座であるブレード口座では、最低0pipsからの取引が可能です。ただしECN口座はスプレッド以外に取引手数料が必要になるため、合計の取引コストで考えなければいけませんね。ここではブレード口座の取引コストについて、具体的に見ていきましょう。

ブレード口座の取引手数料は、1ロットの取引あたり片道3.5ドル。オープンとクローズまでの往復取引では合計7ドルの取引手数料となり、他業者のECN口座と比較して標準的と言えるでしょう。

1ロットあたり7ドルの取引手数料は、pipsに換算するとおよそ0.7pipsとなります。それを踏まえて、ブレード口座でのメジャー通貨ペアのスプレッドと総取引コストは以下になります。(単位はpips)

EURUSD0.2(0.9)
GBPUSD0.57(1.27)
USDJPY0.33(1.03)
AUDUSD0.52(1.22)
USDCAD0.55(1.25)
USDCHF0.92(1.62)

カッコ内はスプレッドと取引手数料(0.7pips相当)を合計した総コストです。ブレード口座では、非常に狭いスプレッドと低いコストで取引できることが分かります。

他業者との取引コスト比較

続いて、主要な海外FX業者のECN口座と、TitanFXのブレード口座の取引コストを比較してみましょう。取引手数料、及びメジャー通貨ペアのスプレッドを比較すると下記の表のようになります(スプレッドの単位はpips。カッコ内は取引手数料を含む総取引コスト)

TitanFX
XM
FBS
Axiory
HotForex
往復取引手数料7ドル10ドル6ドル6ドルメジャー通貨ペアは6ドル、それ以外の通貨ペアは8ドル
EURUSD0.2(0.9)0.1(1.1)0.0(0.6)0.3(0.9)0.1(0.6)
GBPUSD0.57(1.27)0.3(1.3)0.5(1.1)0.5(1.1)0.3(0.9)
USDJPY0.33(1.03)0.1(1.1)0.3(0.9)0.3(0.9)0.2(0.8)
AUDUSD0.52(1.22)0.4(1.4)0.3(0.9)0.6(1.2)0.3(0.9)
USDCAD0.55(1.25)0.5(1.5)0.6(1.2)0.8(1.4)0.5(1.1)
USDCHF0.92(1.62)0.4(1.4)0.5(1.1)0.4(1.0)0.3(0.9)

ストップレベルが0pips

スキャルピングをする上で考慮する必要がある要素として、ストップレベルがあります。ストップレベルとは、指値・逆指値注文を入れる際の現在のレートとの差のこと。つまりもしストップレベルが5pipsの場合は、現在のレートの上下5pips圏内では指値・逆指値注文を入れられないということですね。

一般的なFX業者では、通貨ペアごとに数pipsのストップレベルが設定されていますが、TitanFXのストップレベルは「0pips」。つまりエントリーのための指値・逆指値注文も、決済や損切りのための指値・逆指値注文も、特に制限がないということです。細かい値幅を取りに行くスキャルピングでは、これは非常に重要と言えるでしょう。

このストップレベルの狭さも、TitanFXでスキャルピングするメリットのひとつですね。なおストップレベルが0pipsの海外FX業者は、TitanFXの他に、Axiory、Tradeview、TradersTrustなどが該当します。

残高によるレバレッジ制限がない

TitanFXのもう1つの特徴として、口座残高によるレバレッジ制限がない、と言うことがあります。

多くの海外FX業者では、口座残高が増えてくると段階的にレバレッジを引き下げますが、TitanFXでは口座残高にかかわらずいつでも最大500倍のレバレッジを活用可能。そして1ポジションあたりの最大ロット数は、100ロット(1,000万通貨)です。

TitanFXの口座スペックは、ビギナーはもちろんプロトレーダーの高い要望にも応えられると言えるでしょう。

TitanFXの口座開設はこちら

ブレード口座とスタンダード口座のどちらを選ぶべきか

ここまで、スキャルピング向きの口座タイプとして、ECN口座であるブレード口座を中心に解説してきました。しかし、TitanFXの高い口座スペックは、STP口座であるスタンダード口座でも大きく劣る訳ではありません。

スタンダード口座は取引手数料がかからない口座タイプで、取引コストは最低1pipからのスプレッドのみとなっています。

ここで簡単に、2つの口座のメジャー通貨ペアのスプレッドを比較してみましょう。(単位はpips。カッコ内は取引手数料を含めた総取引コスト)

スタンダード口座
ブレード口座
EURUSD1.20.2(0.9)
GBPUSD1.570.57(1.27)
USDJPY1.330.33(1.03)
AUDUSD1.520.52(1.22)
USDCAD1.550.55(1.25)
USDCHF1.920.92(1.62)

ブレード口座は、ニューヨークのエクイニクスNY4データセンター内に置いたサーバーにより高速取引と低スプレッドを目指す口座タイプですが、スタンダード口座も同データセンターを通してディーリングディスクを介さないクリーンな取引が可能です。

相場状況によってデイトレードとスキャルピングを使い分けるようなトレーダーにとっては、スタンダード口座を候補に入れてみても良いかもしれませんね。

TitanFXでスキャルピングをする場合の注意点

最後に、TitanFXでスキャルピングを行う際の注意点を確認したいと思います。

裁定取引などの禁止

取引手法に制限の少ないTitanFXですが、ルール違反となる取引は、短時間で取引が終わるスキャルピングでも行うことはできません。

例えば異なる2つの口座を利用した両建てや、他業者との価格差を利用した裁定取引などは、TitanFXだけではなく他の海外FX業者でも禁止されていますので、絶対に行わないようにしましょう。

ゼロカットの悪用となる取引の禁止

指標発表時や週初めの窓開けだけを狙った取引は、ゼロカットの悪用になる可能性があるため禁止されています。

例えば、米国雇用統計などのレートの急変動が起こりやすい指標発表のタイミングで、最大レバレッジがかかるように同じ口座内で両建てをするとします(同一口座内の両建ては許可されています)。思惑通りにレートの大きな変動が起こった場合、一方のポジションは大きな利益が出ますが、もう一方のポジションは少なくともロスカット、場合によっては口座残高がマイナスになるでしょう。

ユーザーはゼロカットにより口座残高以上の損失は発生しませんが、ゼロカットをするブローカー側としては、ユーザーが行う取引のリスクを肩代わりする形になってしまいます。

こうしたゼロカットの悪用を防ぐために、一瞬の出来事のスキャルピングだとしても、指標発表時や週初めの窓開けとゼロカットの盲点を利用するような取引は禁止されています。

TitanFX公式サイトで詳細を確認

まとめ

高い技術に裏打ちされたTitanFXの取引環境は、スキャルピングにとって最適と言えるでしょう。当然ですが裁量トレードはもちろんのこと、EAを利用したスキャルピングについてもTitanFXでは制限がありません。本格的にスキャルピングに打ち込んでみたいトレーダーは、TitanFXの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

TitanFXの口座開設はこちら

TitanFXと同じく、人気海外FX業者のひとつであるXMでスキャルピングをする場合のメリットや注意点については、下記の記事に詳しくまとめています。

TitanFXの口座開設手順や、口座有効化・ボーナスの受け取り方法などは下記で詳しく解説しています。口座開設を検討している人はぜひ参考にしてください。

スキャルピングのしやすさなどを含め、複数のポイントに着目した海外FX業者の総合ランキングは下記をご覧ください。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

FXGT

外国為替FXに加え仮想通貨FXでも、1000倍という非常に高いレバレッジで取引可能なハイブリッド海外FX業者FXGT。
ランキング上位業者では対応していないbitwalletによる利益出金も可能で、さらに国内銀行送金による入金、仮想通貨による入出金など、その優れた入出金環境も魅力ですね。
仮想通貨FXは証拠金が多ければ多いほど良いですが、FXGTには追加入金なしでクッション機能付きのボーナス=証拠金を増やす手法もあり、仮想通貨FXはもちろんのこと外国為替FXでもダイナミックな取引が可能な業者です。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数10231名
有効回答数7596名
調査の期間2021年1月15日〜2021年3月15日
TitanFX
writerをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました