海外FXの安全性と信頼性について解説!安心して取引できる業者の選び方やポイントを説明

海外FXの基礎知識

世界中に数えきれないほどたくさんある海外FX業者ですが、日本国内以外で展開されるサービスということで、利用をためらってしまう、ハードルが高いと考える人も多いのではないでしょうか。しかし海外FXにはハイレバレッジ、ゼロカットシステム(追証なし)、豪華なボーナスなど数多くの魅力的なサービスがあり、漠然とした不安があるだけで利用しないのはもったいないですよね。

もちろん海外FX業者は、日本の金融庁の管轄外になりますので、トラブルが起こってしまったら自分で解決しなければなりません。しかし、事前にしっかり情報収集をして業者を選べれば、トラブルが起きる可能性も低く、安心して利用できるでしょう。

そこで本記事では、信頼できる海外FX業者を選択するためのポイントを紹介。海外FX業者の安全性と、信頼できる業者を選ぶ見分け方などを解説していきたいと思います。

海外FXの安全性について

「海外FXに挑戦したいけれど、トラブルに巻き込まれるのではないか。」そんな心配や不安があって、海外FXの口座開設にためらいを感じる人もいるのではないでしょうか。

一般的に、海外FX業者と呼ばれている会社は、日本の金融取引を管轄している金融庁に登録されていません。「それってなんだか不安だな」と思われる人も多いかもしれませんね。しかし、日本の金融庁に登録されていないという理由で、すべての海外FX業者を敬遠するのはとてももったいないことなのです。では、順番に説明していきましょう。

金融庁へ登録がされていない点について

まず、金融庁になぜ海外FX業者が登録していないのかという点です。その理由の1つには、「レバレッジ規制」があります。

日本国内では、レバレッジが25倍に規制されていますが、金融庁に登録する以上、外資系企業であってもこの規制を守らなければいけません。例えば、サクソバンクやOANDA、外為ファイネスト、デューカスコピージャパンなどのFX会社は、世界的に有名な外資系企業ですが、日本国内ではレバレッジ25倍までしか提供していません。また、各種のボーナスや賞金を懸けたトーナメントなども厳しく規制されています。

その一方で、海外FX業者は上記のような金融庁の規制を避けるために、あえて日本の金融庁に登録しないという方法をとっています。金融庁の規制がない海外FX業者だからこそ、ハイレバレッジやボーナスなどの魅力的なサービスの提供が可能になるというわけですね。

つまり規制を受けない海外FXこそがFX取引の本来の形であり、トレーダーにとっても有利で望むべきサービスであると言えるのではないでしょうか。

海外FXの違法性について

結論から言えば、海外FXに違法性はありません。この点については、金融庁のホームページにもしっかり掲載されています。

登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

⇒ 外国証券業者に関する法律施行令 第2条

金融庁HP:外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制

登録を受けていない外国証券業者=海外FX業者に対し、トレーダー側自ら口座を開設し、取り引きをするならば問題はありません。ただし、海外FX業者側から日本のトレーダーに取り引きの勧誘をすると法律違反となります。

例えば、電話で勧誘したり、テレビで広告を流したり、口座開設を目的としたセミナー・説明会などは「勧誘に類する行為」になり、違反となるというわけですね。

「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

⇒ 外国証券業者に関する命令 第7条

金融庁からの警告=危険というわけではない

海外FX業者の中には日本の金融庁から上記のような「警告」を受けている会社も存在します。「警告」というと、なんだか危険なイメージがありますよね。しかし、実際は、「この業者は日本の金融ライセンスを持っていません。だから、何かトラブルが生じても金融庁は介入できません。」という意味と同じです。

つまり金融庁からの警告というのは、海外FX業者が危険というわけではなく、「日本の金融ライセンスに登録していない」だけということですね。海外FX業者でも登録しようと思えばできますが、レバレッジなどの規制を避けるため、あえて登録していないだけです。

しかし、海外FX業者もすべてが安全な業者というわけではありません。入出金が突然できなくなったり、サポートセンターに全く連絡できなくなったりなどの問題が生じることもあります。日本の金融ライセンスを持っていれば、金融庁が厳しく規制していますので、そのような問題は滅多に起こりません。しかし、日本の金融ライセンスを持っていない海外FX業者との間でトラブルになっても金融庁は介入できませんので、すべて自己責任となります。

そのため、トレーダー側が信頼できる海外FX業者を見分ける必要があります。次は、信頼できる業者の見分け方について紹介していきたいと思います。

信頼できる海外FX業者の見分け方

信頼できる海外FX業者には共通している特徴があります。今回は、「金融ライセンスの保持」と「分別管理を行っている」という点についてご紹介します。

金融ライセンスを保持している

海外FX業者の安全性を測ることができる1つ目のポイントは、「何らかの金融ライセンスを保持しているか」という点です。海外FX業者は金融庁の規制を避けるために、日本の金融ライセンスを保持していないことは説明しました。しかし金融ライセンスは何も日本に限ったものではなく、他国にも存在します。

つまり、日本の金融ライセンスは持っていなくても、他の国の金融ライセンスを持っていることがあり、それがその海外FX業者の安全性を見分ける重要なポイントとなり得るというわけです。もちろん金融ライセンスを保持しているから絶対に安全、保持していないから危険と一概には判断できませんが、業者の信頼性を計るうえでこれは比較的重要な指標となるでしょう。

各金融ライセンスの基準や規制はそれぞれ異なっています。代表的な金融ライセンスの種類と主要海外FX業者の所有ライセンスをまとめると以下のようになっています。

金融ライセンスの種類

英国金融行為監督機構(FCA)主に、銀行や保険会社、投資会社などを審査する機関ですが、それと同じ基準で審査をしているため、保有している海外FX会社は厳格な規制のもと運営されていることが確認できます。ライセンスを維持するのも厳しく、顧客管理や運営状況なども定期的に審査されます。
MiFID(欧州金融商品市場令)欧州で金融活動する際に順守するべき内容が定められており、認可登録されていることで欧州の厳格な基準を守っていることを示すことになる
キプロスCySecライセンス信託保全を義務化しており、FX会社が万一倒産したとしても資金が完全に保証されているため、安心できるライセンスの1つです。

この他にも、ニュージーランド(NZFSP)、セーシェル金融庁、セントビンセント・グラナディーン金融庁、南アフリカ金融サービス委員会など国や地域ごとに金融ライセンスがあり、規制や基準も様々です。

主要海外FX業者の金融ライセンス

XM

セーシェル(FSA)

TitanFX

ニュージーランド(NZFSP)

Axiory

ベリーズ(IFSC)

Tradeview

ケイマン諸島(CIMA)

LAND-FX

イギリス(FCA)、ニュージーランド(NZFSP)

iForex

英領バージン諸島(BVI)、ハンガリー

FBS

ベリーズ(IFSC)、キプロス(CySEC)

GemForex

ニュージーランド(NSP)

顧客資金の管理方法

次に、トレーダーが預けた資金の管理方法について説明していきましょう。トレーダーは証拠金として自分の口座に入金し取引をしますが、FX会社の収益・資金等とちゃんと分けて管理されているかという点が非常に重要です。

分別管理と信託保全

トレーダーが入金する「証拠金」の管理の仕方には2種類あります。それは、「分別管理」と「信託保全」です。

日本では、金融庁の規制により信託保全が義務付けられていますが、海外FX業者では保有している金融ライセンスによって異なっています。分別管理とは、事業資金とは別に顧客の資金を管理する方式のことです。各国の金融ライセンスの保有条件に分別管理が条件に含まれています。

一方、信託保全とは、信託銀行や機関に顧客資金を預け、万が一FX会社が倒産したとしても、顧客の資産が完全に守られる制度です。

信託保全はなぜ良いのか

「分別管理」はあくまでもFX会社内で別々に管理される方式ですが、「信託保全」は外部の金融機関に資金が保管されており、FX会社が破綻した場合でも入金金額までは全額返還されます。

分別管理されていても名義がFX会社になっていると債権として差し押さえられる可能性もありますが、信託保全されていれば別名義で保管されており、速やかに受益人弁護士を通じて、顧客に返還されるという仕組みです。

このように考えると、「信託保全」を採用している海外FX会社であれば、より安心して資金を海外業者に入金できるでしょう。

金融ライセンスの条件にはなっていなくても、自主的に信託保全をしている会社もあります。このような要素も安全な海外FX業者を選ぶうえで重要です。

XM

英国バークレイズ銀行にて分別管理
AIG保険にも加入しており、万全の補償がある
TitanFX

オーストラリア国立銀行に信託保全
Axiory

Union Bankに信託保全
Tradeview

サタンデール銀行に信託保全
LAND-FX

分別管理

※英国の金融サービス補償機構(FSCS)が5万ユーロ(620万程度)まで補償

カスタマーサービスが日本語対応である

海外FX業者は日本の金融庁の管轄外です。そのため、入出金や何らかのトラブルが生じた場合、自分で解決する必要があります。

英語がネイティブのように堪能な人は例外として、不安と焦りが募る場面では日本語で問い合わせできることがとても心強く感じるでしょう。海外FX会社によっては、日本人スタッフを採用している会社もあり、この点についても安全な海外FX業者を選ぶうえで比較的重要なポイントと言えると思います。

ゼロカットシステム(追証なし)がある

海外FX業者の魅力の1つとして、ゼロカットシステム(追証なし)をちゃんと履行しているかどうかも重要なポイントです。例として、2015年のスイスフランショックは、一瞬にして価格が大暴落し、国内FX業者を利用している日本人トレーダーの多くが追証を迫られる結果となりました。

一方、安心できる海外FX業者の場合はゼロカットシステムがあるため、追証となることがありません。XMなどの大手海外FX業者には、顧客の損失分を負担し、マイナス分をすべてゼロに戻したという実績があります。

しかし、追証なしと宣言しておきながら、スイスフランショックの後に追証を請求した海外FX業者もあったようですね。

こうしたことを考えると、過去にどのように対処したのかということも、海外FX業者の安全性・信頼性を測る上で重要なポイントとなり、しっかりと調べておく必要があります。

運営歴の長さ

運営歴の長さも重要なポイントとなります。運営歴が長いということは、それだけ継続してサービスをトラブルなく提供できているということになり、その実績から一定の信頼性があるとみなすことができるからです。

逆に、開業して間もない業者であれば、本当に信頼がおける会社かどうかが分かりません。運営歴が長ければ、経営が安定しており顧客も一定数存在するという事実から信頼度が高まりますね。

また、日本人向けにどれぐらいの期間サービスを提供してきたのかを調べるようにしましょう。これまでの豊富な実績などを考慮して、口座開設を検討しましょう。しかし、優良な会社であっても開業間もないということもあり得ますので、これだけで判断するのではなく1つの基準として考えるほうがいいのかもしれません。

Forex Peace ArmyによるSCAM認定について

Forex Peace Armyは、世界最大級のFX業者口コミサイト。サービスを使っている人が気軽に口コミ投稿ができることが特徴的で、詐欺業者と疑われるFX会社を「SCAM」として認定し、注目を集めています。

ただし、口コミサイトである以上、意図的に特定の業者を貶めるような悪意のある投稿も存在します。実際のところ大手海外業者「IronFX」がこのSCAM認定を受けていますね。IronFXは、イギリスのFCAライセンスを所持しており、厳格な規制のもと運営されている優良会社ですが、一部の悪質なコメントや虚偽、誤解に基づいたコメントなどからこのように認定されてしまったようです。

こうした状況からも、このForex Peace Armyだけの情報を鵜呑みにするのではなく、総合的な判断が必要です。あくまでも1つの情報として考慮したほうが良いと思われます。

レバレッジ・スプレッドなど自分の希望するサービスを調べる

上記の基本的な項目を調べたら、自分の望むサービスが提供されているか調査しましょう。例えば、スプレッドを重視しているのであれば、スプレッドの狭さに定評があるTitanFXAxioryなどを検討できますし、運営歴の長さやボーナスなど総合的に判断するのであればXMがおすすめです。自分がどんなサービスを重視しているのかを考慮して最適なFX会社を選択してくださいね。

主要海外FX業者の特徴比較

上で説明したような、安全性を見分けるポイントをある程度クリアしている、信頼性の高い海外FX業者の特徴をまとめると以下のようになります。

海外FX会社メリットデメリット

XM

・総合的なサービスで一番おすすめのFX会社

・7年以上の運営歴があり、日本人スタッフも多数在籍しているので安心

・豊富なボーナスがあり、約定拒否・リクオートもないなど信頼性も高い

・スプレッドが狭くないのでスキャルピング取引などには不向き

TitanFX

・スプレッドが狭いため、スキャルピングトレーダーには最適。両建てやEAなどの利用制限もなし

・約定力も優れており、約定拒否・リクオートなどがない

・日本語サポートが24時間なので安心

・ボーナス・コンテストなどがない

・信託保全ではなく、分別管理となっている

Axiory

・海外FX屈指の高い約定力

・NDD取引のため、約定拒否・リクオート一切なし。公平性の高いトレードが実現できる

・cTraderというプラットフォームが使用可能

・レバレッジ400倍と低め(他の海外FX会社と比較して)

・ボーナスやトレードコンテストなどもない。

Tradeview

・業界随一の低スプレッド

・ILC口座(ECN)の手数料が安い

・ハイスペックな取引環境で高い約定力を実現

・プラットフォームが豊富

・ILC口座(ECN)の最大レバレッジが200倍とやや低め

・最低入金額と最小取引単位が存在

・ボーナスなし

LAND-FX

・イギリスの金融ライセンスを持っており、信頼性が高い

・海外FXの中ではスプレッドが狭い

・ボーナスがあり

・日本語対応が24時間ではない

・教育コンテンツなどは英語版での提供のため、日本語で視聴できない

FBS

・レバレッジは海外FX屈指の3000倍

・MT5が利用可能であり、世界120ヶ国以上でサービス提供実績あり

・ボーナスが豊富

・最低入金額100円から利用可能

・日本人スタッフが少ない

・信託保全ではない

GemForex

・自動売買やEAなどのトレードが充実している

・入金ボーナスもあり、初心者トレーダーを強く意識したサービスを提供している

・2014年からの5年間の運営実績がある

・新たにニュージーランドNSPのライセンスを取得

上記主要海外FX業者の総合的なランキングなともまとめていますので、よければこちらも参考にしてください。

まとめ

本記事では安全な海外FX業者の見極め方のポイントについて説明してきました。海外FX業者を利用すること自体は違法ではありません。しかし、何かトラブルが生じても原則金融庁は介入することができず、自己責任で対処する必要があります。そのためトラブルにならないよう安全な海外FX業者を選択することが重要になってきますね。

大切なお金を運用するのですから安全でない業者は避けたいもの。そのような事態にならないためにも、運営実績やサポート体制などをよく考慮して利用する海外FX業者を選ぶようにしましょう。

海外FX業者はハイレバレッジですが、多くの会社でゼロカットシステムを採用しているため、追証などは発生しません。この点に関していえば、日本のFX会社よりも安心できる要素と言えますね。自分の希望するサービスと提供されているサービスをよく比較して、自分に一番合った海外FX会社を是非選ぶようにしてください。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外のFX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナス+以降追加入金毎に+20%のボーナスが付与されます。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

GemForex

優秀なEAとミラートレードが手軽に使えるのがこのGemForex。本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されており、GemForexであればこのEAが無制限で使用できます。
豪華な口座開設ボーナスや500万円まで100%という驚愕のボーナスキャンペーンも度々開催されており、FX初心者や裁量トレードの時間がないという人はもちろん、豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーにもおすすめの海外FX業者ですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりました。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

ランキングは下記調査に基づき作成しています。

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数3456名
有効回答数1982名
調査の期間2018年11月12日〜2018年11月30日
海外FXの基礎知識
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント