おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

FXGTでのスキャルピングについて徹底解説!メリットやルール、注意点について総まとめ

その他

設立は2019年と新しいものの、豊富な入金ボーナスを提供していることや、話題の仮想通貨FXも扱っていることなどから、近年少しずつ人気を高めてきている新興海外FX業者FXGT。セーシェル金融庁のライセンスを取得して運営していることもあり、信頼性もまずまずのブローカーですね。

そんなFXGTではスキャルピングを認めており、裁量トレード、システムトレードともにスキャルピングを行うことができます。しかしFXGTの口座タイプは「MT5口座」の1種類のみで、スプレッド幅も平均的。そのため、本格的にスキャルピングを行うにはやや不向きと考えるトレーダーが多いかも知れませんね。

本記事ではFXGTでのスキャルピングに関する事情や、FXGTでのスキャルピング以外のおすすめのトレードスタイル、そしてスキャルピングにおすすめの海外FX業者について、分かりやすく解説していきます。

FXGTにおけるスキャルピング

スキャルピングはFX業者によっては禁止している場合があるので、行う前には対応状況を確認しなければいけません。

FXGTは公式サイトのFAQでスキャルピングが可能であると明言しているため、安心してスキャルピングを行える海外FX業者と言えるでしょう。取引プラットフォームとしてMT5を採用しているので、裁量トレードのスキャルピングはもちろん、EAを利用した自動売買も行えます。

しかし、スキャルピングを認めていることと、スキャルピングをしやすいことは別の問題ですね。スキャルピングはデイトレードなどとは違い、短い時間で狭い値幅を狙っていくトレード方法となるため、スキャルピングをする取引口座のスペックには、スプレッドの狭さ(取引コストの少なさ)が最低条件として挙げられます。

その点でFXGTのMT5口座は、実はあまりスキャルピングには適していません。次はFXGTがスキャルピングに向いていない理由を見ていきたいと思います。

FXGTがスキャルピングに向いていない理由

ここからは、FXGTがスキャルピングにはあまり適していない理由を、スプレッドやキャンペーンなどの面から説明したいと思います。

ECN口座を提供していない

スキャルピングに最も適していると言われるのが、ECN方式による口座タイプですね。ECN口座の特徴は、スプレッド+取引手数料の総取引コストが少ないこと、そして高速かつ強い約定力です。

しかしFXGTの提供する口座タイプは、一般的な海外FXで言うところのスタンダード口座(STP口座)である「MT5口座」のみ。MT5口座はスタンダード口座としては使いにくい口座タイプではありませんが、本格的にスキャルピングを行いたい場合は有利とは言えません。

MT5口座のスプレッドは特別狭いわけではない

FXGTのMT5口座がスキャルピング向きではない一番の理由は、スプレッド幅の狭さです。以下は、2021年5月12日17時台のMT5口座のリアルタイムスプレッドです。(単位はpips)

EURUSD1.5〜2.1
GBPUSD1.9〜3.3
USDJPY1.3〜1.6
AUDUSD1.6〜2.3
USDCAD2.1〜3.0
USDCHF2.2〜2.6

また、以下は他社のECN口座(TradersTrustのみSTP口座タイプ)の平均的なスプレッドの一覧表(単位はpips)です。(カッコ内は、取引手数料を含めた総取引コストをスプレッドに換算したもの)

Axiory
TitanFX
Tradeview
XM
EURUSD0.3(0.9)0.2(0.9)0.2(0.7)0.1(1.1)0.3(0.9)
GBPUSD0.5(1.1)0.57(1.27)0.4(0.9)0.3(1.3)0.5(1.1)
USDJPY0.3(0.9)0.33(1.03)0.3(0.8)0.1(1.1)0.4(1.0)
AUDUSD0.6(1.2)0.52(1.22)0.4(0.9)0.4(1.4)0.5(1.1)
USDCAD0.8(1.4)0.55(1.25)0.7(1.2)0.5(1.5)0.6(1.2)
USDCHF0.4(1.0)0.92(1.62)0.5(1.0)0.4(1.4)0.6(1.2)

ECN口座をはじめとした低スプレッド口座では、スプレッドと取引手数料を含めた合計の取引コストは、FXGTのスプレッドよりも明らかに低く抑えることが可能です。そのため本格的なスキャルピングを行いたい場合は、あえてFXGTのMT5口座を選択する理由はない、と言うことになってしまいます。

入金ボーナスは豊富だが、キャッシュバックボーナスは少なめ

FXGTと言えば、期間ごとに内容を変えながらも常時開催している入金ボーナスキャンペーンが魅力ですね。入金ボーナスは証拠金を増やして有利に取引を行う場合には、おすすめのボーナスになります。

しかし入金ボーナスは、スプレッドなどの1回ごとの取引にかかるコストを直接的に縮小する効果はありません。実質的なスプレッドの縮小には取引量に応じて還元されるキャッシュバック系のボーナスが有効ですが、FXGTではキャッシュバック系のキャンペーンはあまり行なっていませんね。

例えばXMでは、スプレッドが広めでもロイヤリティプログラムによるボーナス還元が大きいので、実質的な取引コストは少なめなのですが、FXGTの場合はキャンペーンを利用したスプレッドの縮小は難しいと言えます。

仮想通貨ペアではマーケットデプス方式を採用している

FXGTの仮想通貨ペア取引では、マーケットデプス方式を採用しています。マーケットデプス方式とは、一言で言うと注文するロット数によって約定する価格が変わる方式です。ロット数が少ないとスプレッドは狭く、ロット数が大きくなるとスプレッドは広がります

仮想通貨ペアを取引する場合、小ロットでのスキャルピングは可能かもしれませんが、ロットが大きくなるほどスプレッドが広がってしまうため、本格的なスキャルピングには不向きと言えるでしょう。

FXGT公式サイトで詳細を確認

FXGTでおすすめのトレードスタイル

ここまでは、FXGTではスキャルピングは不向きである理由を説明してきましたが、FXGTではどちらかと言うとデイトレードなどのトレード方法がおすすめになります。ここからはFXGTが提供するサービスに適した取引方法を紹介しましょう。

入金ボーナスを活かしたデイトレード

FXGTのメリットとして、常時開催している入金ボーナスキャンペーンがあります。ボーナス割合はその時々で違いますが、多い時には200%の初回入金ボーナスということもありますね。2回目以降の入金でも、20〜50%のボーナスがもらうことができ、ボーナス額の上限が200万円と高額なのも嬉しいポイントです。

FXGTのスプレッドは特別狭いわけではなく、一般的な海外FX業者のスタンダード口座レベルですが、ボーナスを生かすことでより有利なデイトレードやスイングトレードができるのではないでしょうか。

仮想通貨ペアのボラティリティを狙うトレード

FXGTと言えば、海外FXの中でも仮想通貨寄りの取引所として知られています。取引できる仮想通貨FXの銘柄も多い点が特徴ですね。

仮想通貨ペアはボラティリティの大きい金融商品です。例えばビットコインでは、登場した2009年頃は1BTCあたり1円未満の価値しかありませんでしたが、2021年には1BTC=600万円を超える高騰を見せています。仮想通貨ペアにも強いFXGTでは、そうしたボラティリティを狙って一気に稼ぐということも可能と言えるでしょう。

FXGTの口座開設はこちら

スキャルピングにおすすめの5業者

広く海外FXを見渡せば、スプレッドが狭く約定力が高い、スキャルピングにおすすめの口座を提供する業者を見つけることができます。最後に、スキャルピングにおすすめの5業者を紹介したいと思います。

Axiory

Axioryは2012年にサービスを開始した海外FX業者です。スキャルピングではスプレッドや約定力が非常に重要な要素ですが、Axioryは公式サイト内で、約定スピード/スリページ率/時間ごとのスプレッドの統計データを公開しており、提供するサービスに対する自信と責任が伺えますね。

口座タイプはスタンダード口座だけではなく、ECN方式によるナノスプレッド口座も用意されています。ナノスプレッド口座の取引手数料は1ロットあたり往復6ドルと業界最低水準の好条件であり、スプレッド幅もユーロドルやドル円などで、平均的に0.3pipsほどの狭さで取引可能です。

Axioryの口座開設はこちら

TitanFX

TitanFXは2014年に運営を開始した、比較的新しい海外fX業者です。しかし設立や経営には有力な業界経験者が携わっており、歴史の浅さは感じさせない高いサービス水準となっています。

TitanFXは、ボーナスキャンペーンを一切行わずその分を取引環境でユーザーに還元するスタイルを取っており、スキャルピング向けの代表格と言える海外FX業者ですね。口座タイプは、スタンダード口座とECNタイプのブレード口座の2種類で、ブレード口座ではニューヨークのエクイニクスNY4に設置された取引サーバーにより、超高速の約定を実現。取引手数料も1ロットあたり往復7ドルで、ユーロドルでは平均的に0.2pipsほどの低スプレッドで取引ができます。

TitanFXの口座開設はこちら

Tradeview

Tradeviewは2004年に設立された海外FX業者です。日本語対応はしていますが公式サイトから得られる情報は少なく、初心者にはややハードルの高いブローカーと言えるでしょう。

そんなTradeviewですが、ECN方式によるILC口座は、海外FXの中でも最も取引コストが少ない1社として知られていますね。1ロットあたりの往復取引手数料はわずか5ドルと、数ある海外FX業者の中でも最安水準であり、ユーロドルのスプレッドでは平均的に0.2pipsほどで取引ができます。本格的にスキャルピングを行いたいトレーダーは、候補に挙げたいブローカーではないでしょうか。

Tradeviewの口座開設はこちら

XM

XMは最も有名と言っても過言ではない超大手海外FX業社ですね。高額かつ使いやすいボーナスキャンペーンや、安定した約定力などにより、海外はもちろん日本でも非常に人気の高いFXブローカーです。当サイトにおける海外FX業者総合ランキングでも、長年1位に君臨し続けており、まさに海外FXの代表格とも言えるでしょう。

そんなXMの口座タイプは、スタンダード口座とECNタイプのXM Zero口座などがあります。スキャルピングにおすすめなのは普通ならECNタイプの口座ですが、XMの場合はロイヤルティープログラムによる取引コストの還元や豊富な入金ボーナスを活用できる、スタンダード口座の利用もありです。

スタンダード口座のスプレッドはユーロドルなどで平均1.7pipsほどですが、ロイヤルティープログラムでボーナス還元を最大に行うと1ロットあたり0.6ドルほどの実質スプレッドの削減ができ、トータルでは1.1pipsほどの取引コストで取引が可能。本格的なスキャルピングと言うよりは、デイトレードの合間にスキャルピングも行いたい場合や、入金ボーナスも欲しいトレーダーにとっては、XMは使ってみたい業者ですね。

XMの口座開設はこちら

TradersTrust

TradersTrustは2009年にサービスを開始した海外FX業者です。世界各国でのライセンス取得や完全NDD方式の採用など、信頼面でもメリットがありますね。

TradersTrustでは3つの口座タイプを提供していますが、すべてSTP方式の口座タイプとなっています。本来STP口座はそれほどスキャルピングには向いていないのですが、例えばプロ口座では1ロットあたり往復6ドルの手数料、スプレッドはユーロドルなどで平均0.3pipsほどとなっており、取引コストの面ではかなり抑えられています。また平均約定スピードも、100ミリ秒(0.1秒)と高速である点もスキャルピングと相性が良く魅力ですね。

さらに、TradersTrustを始め、Axiory、TitanFX、Tradeviewの4社は、ストップレベルが0pipsと言うメリットがあります。指値や逆指値を利用してスキャルピングを行うトレーダーにとってストップレベルの狭さは重要なので、その点も評価したい所です。

TradersTrustの口座開設はこちら

まとめ

FXGTはスキャルピングを許可していますが、実際にはスプレッド幅などの理由により、スキャルピングにはあまり向いていません。本格的にスキャルピングを行いたい場合は、最後にご紹介したスプレッドが狭い海外FX5社を候補に挙げても良いでしょう。

FXGTはスキャルピングよりは、入金ボーナスを活かしたデイトレードや仮想通貨FXに向いていると言えます。業者の特徴を知って、より良い取引を行いたいですね。

FXGTの口座開設はこちら

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数10231名
有効回答数7596名
調査の期間2021年1月15日〜2021年3月15日
その他
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました