おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

Axiory(アキシオリー)でのスキャルピングについて徹底解説!メリットやルール、注意点について総まとめ

Axiory

Axioryは2012年に設立され、ベリーズ国際金融サービス委員会の認可を受けて運営している海外FX業者です。顧客の資金管理として信託保全を行なっているなど、高い信頼性によっても支持されているブローカーですね。

Axioryと言えば、ボーナスキャンペーンはほとんど行わない代わりに、低いスプレッドと高い約定力を提供している事や、高機能取引ツールである「cTrader」に対応している事でも知られています。Axioryの高い取引環境はスキャルピングとの相性が良く、取引する場合は候補に挙げたい業者の1つになるでしょう。

そこで本記事ではAxioryでスキャルピングをする際のメリット、そしてあらかじめ知っておきたい注意点を分かりやすく解説したいと思います。

Axioryのスキャルピングルール

高頻度な取引を繰り返し行うというスキャルピングの性質上、ブローカー側の負担も大きくなるため、行う前にはその業者がスキャルピングに対応しているかどうかを確認する必要があります。

公式サイトのFAQによると、Axioryはスキャルピング可能な業者であり、回数の制限もありません。さらに、1ポジションあたりの最大取引ロット数は1,000ロット(1億通貨)となっています。

Axioryは裁量トレード/システムトレードを問わず、プロトレーダーレベルのスキャルピングにも対応可能なブローカーと言えるでしょう。

Axioryでスキャルピングを行うメリット

続いて、ここからはAxioryでスキャルピングを行う場合に得られるメリットを確認していきたいと思います。

ECN方式のナノスプレッド口座が用意されている

Axioryが提供する口座タイプは、「スタンダード口座」と「ナノスプレッド口座」の2種類。このうちスタンダード口座は、デイトレードやスイングトレードなどに最適の口座タイプとされています。一方のナノスプレッド口座は、スキャルピングなどと相性が良いECN方式による口座タイプになりますね。

ECN取引は、リクイディティプロバイダー、銀行、ファンドなどが参加しているECN(Electronic Communications Network)市場へ、FXブローカーを通じて直結する方法になります。巨大市場での自動的な注文のマッチングのため、高い透明性、低スプレッド、高速約定などのメリットが得られますね。さらに取引の仕組み上、スリッページは起こり得ますが、不当な約定拒否やリクオートは起こらないことも大きな利点と言えるでしょう。

そのほかのECN取引のメリットとしては、板情報を確認できることも挙げられますね。特にAxioryで利用可能な高機能取引プラットフォーム「cTrader」から確認できる板情報は信頼性が高く、取引の精度をより高めることも可能になるでしょう。

透明性・公平性の高い取引環境

Axioryのすべての口座タイプは、NDD(None Dealing Desk)方式による取引になります。NDD方式はその名の通り、ディーラーが介在しない取引方式。ユーザーの注文をFX業者側が「呑む」ことはないため、ユーザーが利益を出すと業者が損をする、と言うことも起きず、したがって不透明な価格操作などとは無縁の取引方法と言えるでしょう。

ユーザーの注文は市場の価格で決済され、透明性・公平性の高い取引を行えます。取引環境の高さはスキャルピングはもちろんのこと取引をする上では非常に重要な条件ですが、Axioryはそれを満たしていると言えますね。

スプレッド、取引手数料を含めたコストが小さい

特にECN口座であるナノスプレッド口座では、少ない取引手数料と、狭いスプレッド幅での取引が可能です。Axioryのナノスプレッド口座の往復取引の手数料は、1ロットあたり6ドルとなっており、これは業界最少額レベルですね。

またスプレッドもとても狭く、メジャー通貨ペアでの平均的なスプレッドをまとめると以下のようになります(単位はpips)。

EURUSD0.3(0.9)
GBPUSD0.5(1.1)
USDJPY0.3(0.9)
AUDUSD0.6(1.2)
USDCAD0.8(1.4)
USDCHF0.4(1.0)

※カッコ内は取引手数料である6ドルをスプレッドに換算し、スプレッドに加算した合計の取引コストです。1ロットあたり6ドルの手数料は、pipsではおよそ0.6pipsとなります。

他業者との取引コスト比較

Axioryと主要な海外FX業者のECN口座で、取引手数料とメジャー通貨ペアのスプレッドを比較すると下記のようになります。

Axiory
XM
FBS
TitanFX
HotForex
往復取引手数料6ドル10ドル6ドル7ドルメジャー通貨ペアは6ドル、それ以外の通貨ペアは8ドル
EURUSD0.3(0.9)0.1(1.1)-0.1(0.5)0.2(0.9)0.1(0.6)
GBPUSD0.5(1.1)0.3(1.3)0.5(1.1)0.57(1.27)0.3(0.9)
USDJPY0.3(0.9)0.1(1.1)0.3(0.9)0.33(1.03)0.2(0.8)
AUDUSD0.6(1.2)0.4(1.4)0.3(0.9)0.52(1.22)0.3(0.9)
USDCAD0.8(1.4)0.5(1.5)0.6(1.2)0.55(1.25)0.5(1.1)
USDCHF0.4(1.0)0.4(1.4)0.5(1.1)0.92(1.62)0.3(0.9)

(スプレッドの単位はpips。括弧内は取引手数料を含めた合計の取引コスト)

主要な他業者のECN口座と比べても、Axioryのナノスプレッド口座の取引コストの低さは引けを取らないことがわかりますね。

Axioryの口座開設はこちら

実績を公開するほどの高い約定力

Axioryの感心させられる特徴として、月ごと、そして通貨ペアごとの約定スピードやスリッページ率を、公式サイトの取引統計のページで公開している点があります。ここまでストイックに自社のサービスに対する責任を形で示しているFX業者は珍しく、この一事をもってもAxioryがどのようなブローカーかを知ることができるでしょう。

取引統計で確認できる情報は以下の通りです。

対象となる通貨ペア測定項目
EURUSD / GBPUSD / USDCHF / USDJPY / USDCAD / AUDUSD / EURJPY / NYZUSD / GBPJPY / 全通貨ペア合計・約定スピード
・スリッページ率
・約定スピード vs. スリッページ
・時間毎のスプレッド

9種類の個々の通貨ペア、または全体の測定値を、月単位で確認できます。時間毎のスプレッドについては、個々の通貨ペアの場合にのみ確認可能です。

EAの利用制限もなし

Axioryが対応している取引プラットフォームは、「MT4」と「cTrader」の2つです。このうちMT4は、自動売買ソフトであるEAの種類が豊富なことでも知られていますね。

スキャルピングには、裁量トレードで行う方法もありますが、EAで行う方法もあります。EAのロジックによっては多くの回数のスキャルピングを行うようなものもありますが、Axioryではそうした取引に対する制限もありません。システムトレーダーにとっても、Axioryは安心して利用できるブローカーと言えるでしょう。

cTraderが利用できる

cTraderは、MT4(またはMT5)以外の取引プラットフォームの選択肢として、最近注目されている高機能ツールです。基本的にはECN取引に特化したプラットフォームですが、AxioryではSTP取引によるスタンダード口座でも使用できますね。

cTraderの主なメリットをまとめると以下のようになります。

  • ECN取引に特化したプラットフォームなので、ECN方式のナノスプレッド口座とは相性が良く、より狭いスプレッドやより早い約定が期待できる
  • 直感的に操作が可能なインターフェイス
  • MT4には標準搭載されていない、一括決済や日本時間設定などの機能も備わっている
  • 細かい分足やティックチャートの設定が可能
  • インジケーターやオブジェクト類も豊富に搭載
  • 板情報を確認できる

ワンクリックによる一括決済などcTraderはスキャルピングと相性の良い機能も数多く搭載されており、スキャルピング特化のツールと言っても過言ではありませんね。Axioryでスキャルピングをする際は是非使ってみたいプラットフォームと言えるのではないでしょう。

不定期開催のボーナスは、ナノスプレッド口座も対象

基本的にボーナスキャンペーンのないAxioryですが、季節の節目などには入金ボーナスを開催することが恒例になっています。例えば過去には2021年1月1日からお年玉ボーナスキャンペーンが開催されていましたね。

多くの海外FXでECN口座は、低スプレッドの代わりにボーナス対象外となっていますが、Axioryの不定期ボーナスは全口座タイプが対象になっている場合がほとんど。ナノスプレッド口座でもボーナスを獲得することが可能な点は非常に魅力的であり、さらに有利な条件で取引を行うことができます。

Axioryの口座開設はこちら

Axioryでスキャルピングする時の注意点

続いて、Axioryでスキャルピングする際にあらかじめ知っておきたい注意点を確認したいと思います。

スタンダード口座はスキャルピングには不向き

Axioryの高い取引環境は、ECN方式のナノスプレッド口座だけではなく、スタンダード口座でも同様です。

スタンダード口座はナノスプレッド口座とは違い、取引手数料がかからずスプレッドだけが取引コストの口座タイプですが、スプレッド幅は平均よりもやや狭い程度となっています。(単位はpips)

EURUSD1.3
GBPUSD1.5
USDJPY1.3
AUDUSD1.7
USDCAD2
USDCHF1.7

スタンダード口座はデイトレードなどをメインにした設計とされており、より狭い値幅を細かく狙うタイプのスキャルピングの場合は、やや不向きと言えるでしょう。

アカウント残高によるレバレッジ規制がある

最大400倍のレバレッジが魅力のAxioryですが、口座残高によってレバレッジに制限がかかる場合があります。口座残高と制限されるレバレッジをまとめると以下の表のようになりますね。

口座残高レバレッジ
0〜10万ドル最大400倍
10万1ドル〜20万ドル最大300倍
20万1ドル以上最大200倍

Axioryの場合は、口座残高が基準を超えた場合に問答無用でレバレッジが変更されるわけではなく、一度サポートデスクからユーザーへ、別口座への資金移動や出金の相談があります。

規制が始まるのはおよそ1,000万円からとなっており、余程のことがない限り心配はいりませんが、豊富な資金力をでハイレバスキャルをしたいというようなトレーダーは気をつけた方が良いでしょう。

MT4とcTraderで、ロスカットルールなどに違いがある

前述の通り取引プラットフォームとしてMT4だけではなくcTraderを選択できる点はAxioryのメリットですが、両者には特にロスカットルールで違いがあり、この点は気を付けなければいけません。

両者ともマージンコールは証拠金維持率50%、ロスカットは証拠金維持率20%という点では共通していますが、ロスカット水準である20%を下回った際の強制決済の仕方が下記のように異なります。

プラットフォームロスカットルール
MT4証拠金維持率が20%を下回った場合、証拠金維持率が20%を超えるまで、保有しているポジションのうち損失が大きいものから強制的に決済さる。
cTradercTraderは「スマートストップアウト」という機能により、ポジションごとの決済ではなく、ポジションを部分決済することで、口座の証拠金維持率が20%を下回らないように保つ仕組みになっている。

MT4ではシンプルにポジションごとの一括決済になりますが、cTraderでは分割決済をしながら証拠金維持率を回復する、という形になるため、この点は注意しましょう。

Axiory公式サイトで詳細を確認

まとめ

Axioryではスキャルピングに対する制限はほとんどなく、取引回数やロット数を気にする必要がありません。また高約定力を誇る非常に優秀な取引環境を備えていることから、非常にスキャルピング向きと言えるでしょう。

特にナノスプレッド口座はその取引コストの低さから非常にスキャルピングと相性が良いですね。さらにスキャルピング特化とも言われるcTraderに対応している点も、非常に魅力的ではないでしょうか。

海外FXでスキャルピングをする場合、Axioryは十分利用に値するブローカーですので、スキャルパーは是非口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

Axioryの口座開設はこちら

Axioryと同じく、人気海外FX業者のひとつであるXMでスキャルピングをする場合のメリットや注意点については、下記の記事に詳しくまとめています。

Axioryの口座開設手順や、口座有効化などは下記で詳しく解説しています。口座開設を検討している人はぜひ参考にしてください。

スキャルピングのしやすさなどを含め、複数のポイントに着目した海外FX業者の総合ランキングは下記をご覧ください。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

FXGT

外国為替FXに加え仮想通貨FXでも、1000倍という非常に高いレバレッジで取引可能なハイブリッド海外FX業者FXGT。
ランキング上位業者では対応していないbitwalletによる利益出金も可能で、さらに国内銀行送金による入金、仮想通貨による入出金など、その優れた入出金環境も魅力ですね。
仮想通貨FXは証拠金が多ければ多いほど良いですが、FXGTには追加入金なしでクッション機能付きのボーナス=証拠金を増やす手法もあり、仮想通貨FXはもちろんのこと外国為替FXでもダイナミックな取引が可能な業者です。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数10231名
有効回答数7596名
調査の期間2021年1月15日〜2021年3月15日
Axiory
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました