おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

Tradeview(トレードビュー)でのスキャルピングについて徹底解説!メリットやルール、注意点について総まとめ

その他

ECN口座タイプの口座スペックの高さ、特に業界最狭水準とも言われるスプレッドと取引手数料の少なさに定評がある海外FX業者Tradeview。15年以上の運営実績を持ち、ケイマン諸島金融庁CIMAの許認可を得ていることもあり信頼性の高いブローカーのひとつですね。

そんなTradeviewですが、ボーナスキャンペーンを行わない姿勢に加えて、公式サイトから得られる情報が少ないことから知名度はあまり高くないと言えるでしょう。しかしながらTradeviewは公式にスキャルピングを認めており、極めて制限の少ない取引が可能です。取引プラットフォームでも定番のMT4やMT5だけではなく、cTraderやCurrenexにも対応と、取引環境は非常に充実していますね。

そこで本記事ではTradeviewでのスキャルピングについて、行う際のメリットや注意点を分かりやすく解説したいと思います。

Tradeviewはスキャルピング制限なし

Tradeviewには大きく分けて2つの口座タイプがあります。一般的な海外FXでのスタンダード口座に相当する「X Leverage口座」と、ECN口座タイプである「ILC(Innovative Liquidity Connector)口座/cTrader口座」ですね。この2つの口座タイプを元に、選択する取引プラットフォームによってさらに口座スペックは細分化されますが、どの口座を選んでもスキャルピングは可能です。

また、スキャルピングだけではなく自動売買系の取引も制限はされていません。EAを利用したスキャルピングも自由に行えますね。

Tradeviewが行っているNDD方式とは

Tradeviewでスキャルピングができる大きな理由に、NDD方式による取引を行っていることが挙げられます。NDD(No Dealing Desk)方式はディーラーの仲介がない取引方法で、顧客の注文を業者が一旦決済して約定させるDD方式とは違い、直接インターバンク市場へ流して約定させます。業者内で注文を処理しないため、たくさんの注文が入っても注文処理能力に影響が出ない、と言うことですね。

NDD方式の他のメリットとしては、顧客に提示するレートの透明性・公平性が高いこと、約定拒否・リクオートがなく約定力が高いことなどがあります。反対にデメリットとしては、スリッページは起こりうること、DD方式に比べてスプレッドが広めなことがあります。

ただし取引制限の少ないTradeviewですが、一般的に禁止されている他口座間の両建てや裁定取引は同じく禁止されていますので、その点は注意しておきましょう。

Tradeview公式サイトで詳細を確認

Tradeviewでスキャルピングをするメリット

 

ここからは、Tradeviewでスキャルピングを行う際のメリットを確認していきたいと思います。

ECN取引によるILC口座とcTrader口座を提供

Tradeviewには主にSTP方式によるX Leverage口座と、ECN方式によるILC口座とcTrader口座がありますが、スキャルピングをするためにTradeviewで口座を開設するなら、迷わずECN方式による口座を選ぶべきでしょう。

ECN方式では、ECN(電子商取引ネットワーク)と言うインターネット上にある市場での取引になります。ECNには、TradeviewのようなFXブローカーだけではなく、銀行、リクイディティプロバイダー、機関投資家などが参加しており、自動的な注文のマッチングが常に行われています。

ECNは大量の注文が飛び交う巨大市場であるため、流動性が極めて高いことが特徴ですね。それはスキャルピングにおいて最も重要である、取引コストの少なさと約定力の高さに繋がります。

業界最狭水準のスプレッドと取引手数料

Tradeviewの最大の魅力は、ILC口座/cTrader口座での取引コストの少なさと言えるでしょう。

ECN口座タイプでは、極めて狭いスプレッドの代わりに別途取引手数料が発生しますが、TradeviewのILC口座では、1ロットの往復取引あたりわずか5ドル。海外FX最大手であるXMのECN口座で取引手数料が往復10ドル、その他の業者でもほとんどが6〜12ドルということを考えると、Tradeviewの手数料がいかに安いかがわかりますね。

さらにスプレッドの狭さも特筆すべきポイントです。ILC口座のスプレッドは変動制なので時間帯によって平均幅は変化しますが、最低で0pips〜のスプレッドを提供しています。

例えば2021年4月12日の16時台のリアルタイムスプレッドは以下のようになっており、確かに実測値でもかなり狭いと言えますね(単位はpips)。

EURUSD0.1〜0.3
GBPUSD0.2〜0.6
USDJPY0.2〜0.4
AUDUSD0.3〜0.5
USDCAD0.5〜0.8
USDCHF0.4〜0.6

ECN口座の取引コストについて

ILC口座がいくら低コストと言っても、1回1回の取引ごとに目に見える取引手数料が発生するため、果たして本当に取引コストが安いのかどうかは分かりにくいかも知れません。そのため取引コストを意識しなくて良いスタンダード口座(STP口座)の方が好き、と言うトレーダーも多いのではないでしょうか。

ここでは、同じ取引をX Leverage口座(STP)とILC口座(ECN)で行なったとして、簡単なコスト比較を行ってみたいと思います。

まずは前提となる比較条件を以下のようにしてみましょう。

  • 1ドル=100円
  • X Leverage口座のスプレッドは1.7pips、ILC口座のスプレッドは0.2pips
  • ILC口座の取引手数料は、往復500円

1ロット(10万通貨)で取引をし、ある価格からある価格まで10pipsの値幅を獲得したとします。しかし実際にはスプレッドを含むため、当然10pipsの値幅すべてを獲得できる訳ではなく、ポジションを持った瞬間からスプレッド分のコストが引かれている状態になります。

獲得利益を計算すると以下のようになりますね。

X Leverage口座:
1万円(10pips分の利益)ー1,700円(スプレッド1.7pips分のコスト)
8,300円(実際に得た8.3pips分の利益)

ILC口座:
1万円(10pips分の利益)ー200円(スプレッド0.2pips分のコスト)ー500円(取引手数料)
9,300円(実際に得た9.8pipsから取引手数料を引いた利益)

上記の計算通り同じ取引内容でも、取引コストが少ないILC口座の方が多くの利益を残せることが分かりますね。今回は説明のために取引手数料を別途減算しましたが、500円=0.5pipsとしてスプレッドに加えても同じことが言えます。

特にスキャルピングは取引回数が多くなりやすいため、この差は顕著に現れます。そのためスプレッドと取引手数料の総コストが少ない口座を選ぶことが非常に重要と言えるでしょう。

Tradeviewの口座開設はこちら

他の主要業者との取引コスト比較

ここで、主要な他業者のECN口座と、TradeviewのILC口座の取引コストを比較してみましょう。1ロットあたりの往復取引手数料とメジャー通貨ペアでのスプレッド、取引手数料を含む総スプレッド(カッコ内数字)を比較すると、下記の表のようになりますね。

Tradeview
XM
FBS
Axiory
TitanFX
BigBoss
往復取引手数料5ドル10ドル6ドル7ドル6ドル9ドル
EURUSD0.2(0.7)0.1(1.1)0.0(0.6)0.3(0.9)0.2(0.9)0.7(1.6)
GBPUSD0.4(0.9)0.3(1.3)0.5(1.1)0.5(1.1)0.57(1.27)1.7(2.6)
USDJPY0.3(0.8)0.1(1.1)0.3(0.9)0.3(0.9)0.33(1.03)0.4(1.3)
AUDUSD0.4(0.9)0.4(1.4)0.3(0.9)0.6(1.2)0.52(1.22)0.7(1.6)
USDCHF0.5(1.0)0.4(1.4)0.5(1.1)0.4(1.0)0.92(1.62)1.1(2.0)

Tradeviewの1ロットあたりの手数料は片道2.5ドル、決済までを含む往復取引では5ドルとなっており、他社と比較しても圧倒的な安さです。

スプレッド幅自体は各社共に狭いのですが、取引手数料を考慮することでTradeviewがわずかにリードしている部分もあります。今回のTradeviewのスプレッドは平均的な値ですが、最小値の0pipsになるとさらに少ないコストで取引が可能になります。

約定力の高さ

Tradeviewの取引サーバーは、世界的な金融インフラの拠点であるエクイニクス社のLD4データセンターに置かれています。銀行やリクイディティプロバーダーなども利用するデータセンターにより高速接続ができるので、大きいロットの取引でも高い約定力を提供できますね。

MT4/MT5だけではなく、cTrader/Currenexにも対応

一般的に海外FXの取引プラットフォームではMT4またはMT5が主流ですが、Tradeviewではそれらに加えてcTraderとCurrenexも選択可能です。

特にcTraderは、ECNによるスキャルピングに特化したプラットフォームとも言われており、この高機能ツールが利用できる点はスキャルパーにとって非常に魅力的と言えるでしょう。cTraderは対応している海外FX業者が少なく、それだけでもTradeviewを利用する価値がじゅうぶんにあると判断できますね。

またCurrenexは裁量トレード専用のプロ向けプラットフォームです。スプレッドや取引手数料が少し高めの代わりに、リクイディティプロバイダー直結による高速約定が特徴となっています。

ストップレベルが0pips

ストップレベルとは、指値・逆指値注文を入れる際に、現在のレートから最低限離さなければいけない値幅のこと。もしストップレベルが5pipsなら、現在のレートの上下5pips圏内には指値・逆指値注文を入れられないことになりますね。

Tradeviewではこのストップレベルは0pipsとなっています。つまり特に制限がなく指値・逆指値注文が可能ということですね。細かい値幅を扱うスキャルピングでは、これは非常に重要な口座仕様と言えるでしょう。

ちなみにTradeview以外にストップレベルが0pipsの海外FX業者は、Axiory、TitanFX、TradersTrustなどが存在します。

信託保全による信頼性の高さ

Tradeviewの顧客資金の管理は、自社資本とは完全に分けられ別銀行口座に信託されています。また顧客資金は独立した会計機関であるGC PARTNERSによって管理されていますね。

さらに、万一Tradeviewが破綻したとしても、Fundaministration社との信託契約により、35,000ドル相当額の顧客資金補填が可能です。このように顧客資金の管理面で言えばTradeviewの信頼性は非常に高く、安心して資金を預けることができる業者と言えるでしょう。

Tradeviewの口座開設はこちら

Tradeviewでスキャルピングをする際の注意点

口座タイプや取引プラットフォームによる口座条件は少々複雑

前述の通り、Tradeviewには大きく分けてSTP取引の「X Leverage口座」と、ECN取引の「ILC口座/cTrader口座」の2種類が存在します。しかし、選択する口座タイプと取引プラットフォームによって、下記のように口座条件が異なる部分が存在します。

口座タイプX Leverage口座(MT4/MT5)ILC口座(MT4/MT5)cTrader口座Currenex口座
最低入金額100ドル(1万円)1,000ドル(10万円)1,000ドル(10万円)1,000ドル(10万円)
最小ロット数0.010.10.010.01
最大レバレッジ500倍200倍200〜400倍200〜400倍
1ロット往復取引手数料なし5ドル5ドル(100万ドルの取引あたり50ドル)6ドル

スキャルピングをする場合に特におすすめな口座タイプは、ECN取引によるILC口座(MT4/MT5)またはcTrader口座になりますが、その2つの口座タイプでは、初回入金が10万円とやや高額であることがわかりますね。

また、ILC口座とcTrader口座でも最小ロット数の違い、さらに最大レバレッジの設定などが微妙に異なります。また、一般的な口座タイプであるX Leverage口座と比べると上級者向けの仕様になっている点も、あらかじめ考慮する必要があるでしょう。

ロスカット水準は100%

ロスカットとは、証拠金維持率が規定割合以下になった場合にポジションが強制的に決済されてしまう仕組みのことですね。このロスカットが発動する証拠金維持率のことをロスカット水準と言いますが、Tradeviewのロスカット水準は100%、マージンコールなしとなっています。

海外FX業者のロスカット水準は、概ね証拠金維持率0%〜20%となっていることを考えると、Tradeviewの100%という値は比較的高めの設定と言えるでしょう。証拠金に見合わないような大ロットの取引をしてしまうと、少しの値動きのブレでもロスカットになる危険もありますので、その点は注意するようにしましょう。

Tradeview公式サイトで詳細を確認

まとめ

TradeviewのECN方式口座であるILC口座とcTrader口座では、主要な他業者と比較しても少ないコストで取引が可能で、スキャルピングのための口座として非常に競争力があると言えます。ただ初回入金額や最小ロット設定、ロスカット水準の面でははやや上級者向きとなっており、その点は注意する必要がありますね。

とは言え、やはり取引コストの安さやcTraderの利用がある点など、スキャルピングをする上でメリットが多い業者のひとつですので、ある程度経験を積んだスキャルパーであれば、ぜひ利用を検討してみてください。

Tradeviewの口座開設はこちら

Tradeviewと同じく、cTrader採用で取引コストも安いAxioryでスキャルピングをする場合のメリットや注意点については、下記の記事に詳しくまとめています。

Tradeviewの口座開設手順や、口座有効化の方法などは下記で詳しく解説しています。口座開設を検討している人はぜひ参考にしてください。

スキャルピングのしやすさなどを含め、複数のポイントに着目した海外FX業者の総合ランキングは下記をご覧ください。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数10231名
有効回答数7596名
調査の期間2021年1月15日〜2021年3月15日
その他
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました