TitanFXの口座開設手順を徹底解説!口座タイプの違いや入金手段、追加口座の開設方法も説明

海外FXの使い方

「業界最高水準の低スプレッド」と総合的に高スペックな取引環境の実現で、特にスキャルピングトレーダーから絶大な人気を誇る海外FX業者「TitanFX」。そんなTitanFXですが、海外FX業者であることに加え、口座タイプも2種類あることから、初めて口座開設をする場合はどうすればいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。それぞれの口座には取引手数料や仕組みなどに特徴があるため、事前に各口座について理解をする必要がありますね。

そこで今回は、「TitanFX」の口座開設手順について徹底解説。それぞれの取引口座についての概要と合わせて、画像付きで口座開設の進め方を詳しく説明していきたいと思います。ぜひ、「TitanFX」の口座開設を検討している人は、最後までご覧ください。

TitanFXの公式サイトはこちら

TitanFXの口座タイプについて

スタンダード口座とブレード口座の違い

TitanFXには、「STANDARD(スタンダード)口座」と「BLADE(ブレード)口座」という2種類の口座があります。取引を行う上で、「とにかく取引コストを抑えたい」「レバレッジが高い口座が良い」など、取引を行う人によって何を重要視するのかが変わってきますよね。そのため、それぞれの口座の特徴を理解して、自分の取引スタイルに合う口座を選ぶことが非常に重要です。

まずは、簡単に「スタンダード口座」と「ブレード口座」の特徴を下記の表にまとめました。

口座タイプSTANDARD(スタンダード)口座BLADE(ブレード)口座
口座の方式STP方式ECN方式
最小ロット0.01(1,000通貨)0.01(1,000通貨)
最大ロット100(1,000万通貨)100(1,000万通貨)
レバレッジ1倍~500倍1倍~500倍
スプレッド標準的狭い
手数料(1lotあたり)無し往復7ドル(0.7pips相当)
ゼロカットありあり
ロスカット水準90%以下90%以下
プラットフォームMT4MT4
最低入金額200ドル200ドル
FX通貨ペア58種類58種類
株式指数CFD9種類9種類
貴金属CFD4種類4種類
エネルギー(原油)CFD2種類2種類

上記の表を確認すると、「スタンダード口座」と「ブレード口座」の違いは、「口座方式」「スプレッドの大きさ」「取引手数料」の3項目であることがわかります。レバレッジの大きさや最小ロット、最低入金額などに違いはありません。

ブレード口座はスタンダード口座よりもスプレッドが狭い

TitanFXのブレード口座は、スタンダード口座よりもスプレッドが狭くなっています。平均的に1pipsほどの違いがありますね。下記に主要取引通貨ペアの平均スプレッドをまとめてみました。

取引通貨ペアSTANDARD(スタンダード)口座BLADE(ブレード)口座
EUR/USD1.2pips0.2pips
USD/JPY1.33pips0.33pips
GBP/USD 1.57pips0.57pips
AUD/USD1.52pips0.52pips
AUD/CAD2.51pips1.51pips
EUR/GBP1.53pips0.53pips
AUD/JPY2.12pips1.12pips
EUR/JPY1.74pips0.74pips
GBP/JPY2.45pips1.45pips

これはTitanFXのブレード口座が、ECN方式を採用しているためですね。ECN方式(Electronic Communications Network)とは、インターネット上にある取引市場に直接注文を入れ、個人投資家や金融機関などを含めた世界中の売買注文から自分が注文した価格に近いものが自動的にマッチされる仕組みです。このため、取引対象者が多くなればなるほど価格差が小さくなる特徴があり、最も取引コストを小さく抑えることができる口座タイプになります。

一方、スタンダード口座は、STP方式を採用しています。STP方式(Straight Through Processing)とは、カバー先銀行から仕入れたレートに、業者側が手数料であるスプレッドを上乗せして口座使用者に提供する方式ですね。そのためブレード口座を採用しているECN方式と違い、スプレッドが広くなるという特徴があります。

ブレード口座のみ取引手数料がかかる

TitanFXのブレード口座は、スプレッドが狭い分、固定の取引コストがかかるという特徴があります。手数料は1ロットあたり往復で7ドル、pips換算で0.7pipsですね。これは海外FX業者の中でもトップクラスに安い水準と言えます。

それに対して、スタンダード口座では取引手数料は一切かかりません。これは上記のスプレッドの違いの部分で説明したECN口座とSTP口座の違いによるものです。STP口座はスプレッドに業者の利益が上乗せされているため手数料は無料となり、ECN口座はスプレッドが取引市場そのままの値のため業者側の利益として手数料が発生するという仕組みですね。

海外FX業者はTitanFXと同じように、名称は異なるものの、STP口座とECN口座を用意していることがほとんどです。そしてECN口座にはボーナスが存在しなかったり、レバレッジが低かったりと、STP口座よりも制限があることも多いですね。自分の利用目的や取引スタイルに合わせて最適な口座を選ぶようにしましょう。

TitanFXの口座開設はこちら

TitanFXの口座開設方法

それでは早速TitanFXの口座開設方法を詳しく解説していきたいと思います。

個人情報の入力

まずは、こちらのTitanFXの口座開設フォームか、もしくは公式サイト(https://jp.titanfx.com/)より「ライブ口座開設」をクリックします。すると個人情報のフォームが表示されるので、アルファベットで個人情報を入力してください。

入力は英米式ですので、最初に名前、次に姓という順番での入力ですね。

  • 名前:(例)Taro
  • 姓:(例)Yamada
  • Email:(例)kaigaifx@gmail.com

※Eメールアドレスの登録は1アカウントにつき1つのみ登録可能です。

生年月日は日/月/年の順で入力しましょう。TitanFXをどこで知ったかという内容は必須項目ではありませんので、入力しなくても大丈夫です。あとはクライアントキャビネット(管理画面)のパスワードを入力します。最低でも7文字以上、そのうち大文字/小文字/数字をそれぞれ1文字ずつ使う必要がありますので、その点注意しましょう。パスワード入力欄の下にある4つの確認項目が、下記のように全てグリーンのチェックになっていれば大丈夫です。

下にスクロールすると、次は連絡先情報を入力する欄があります。

国と国番号はデフォルトでJapan/+81が入力されていると思いますので、電話番号の部分に最初の”0”は省略してハイフンなしの番号を情報を入力します。

  • (例) +81 9012345678

次に都道府県の入力ですが、こちらもアルファベットで入力を行います。順番は日本語の住所入力とは逆で、市町村以降の番地などから入力します。

  • 都道府県:(例)Tokyo
  • 市区町村:(例)Tokyo-ku
  • それ以降の住所(丁目、番地、部屋番号):(例)1-2-3,Akasaka
  • 郵便番号:(例)1113333

住所の英語表記がわからない人はこちらのページで変換することも可能です。

エキサイト翻訳
エキサイト翻訳の住所翻訳サービスは、住所を多国語へ翻訳が可能な無料翻訳サービスです。

取引口座の選択

次に取引口座を選択していきます。

口座タイプは冒頭に解説したスタンダードかブレードから選択できます。トレードスタイルに合わせて選びましょう。

レバレッジは1倍から500倍まで8段階で選べますので、好みのレバレッジを選択して下さい。個人的にはやはり海外FXを利用する以上、ハイレバレッジは最大のメリットであると思いますので500倍がおすすめです。

基本通貨はJPY・USD・SGD・AUD・EURから選べますが日本人トレーダーであればJPYで問題ありません。

情報の入力は以上です。全ての入力ができていれば、下の「口座解説ボタン」をクリックしましょう。これで口座開設の申し込みは完了です。

メール認証とログイン

口座開設申し込みが完了すれば、登録したメールアドレスに下記のような確認メールが届きます。

「確認」ボタンをクリックしてメールアドレスの認証を完了して下さい。

次にクライアントキャビネットへログインを行います。の画面が開くと思います。

ここで先ほど登録したメールアドレス/パスワードを入力してログインしましょう。無事にログインできれば、下記のような画面になり、これで口座開設は完了です。

メールボックスに下記のような「MT4口座ログイン情報」のメールが届いていると思いますので、確認しましょう。

MT4にログインするための口座番号(ログインID)/パスワード/サーバー情報という重要情報が記載されていますので、こちらは削除しないように注意してください。

本人確認書類の提出

TitanFXでは、2018年11月20日よりセキュリティ強化のため、入金前に本人確認証明書類の認証手続きが必要になりました。ボーナスがないTitanFXでは入金ができなければ取引をすることもできませんので、口座開設完了後にまずは本人確認書類を提出するようにしましょう。

用意する必要書類

本人確認として必要な書類は、身分証と現住所証明書類1点ずつとなります。それぞれ使用できる証明書は以下のようになっています。

◾︎身分証明書(1点):

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

◾︎現在所証明書類(1点):

  • 住民票
  • 公共料金明細書
  • 銀行取引明細書
  • クレジットカード利用明細書

※いずれも3ヵ月以内に発行されたものに限ります

本人確認

上記の証明書類が用意できれば、早速本人確認の手続きをおこなっていきましょう。クライアントキャビネットにログインして「ご本人様確認を開始する」をクリックします。

①セキュリティ情報と設定

まず、初めに「セキュリティ情報と設定」を入力していきます。

秘密の質問は万が一ログイン情報を紛失した際に使用します。自分が覚えやすい質問を選択し、それに対しての答えを入力するようにしましょう。

雇用業種や雇用形態は最適な物を選択してください。TitanFXへの投資額や投資期間については、あくまでも目安のため、特に深く考えずに入力して大丈夫です。

②身分証明書の認証

次は身分証明書の提出ですね。パスポート/運転免許証/マイナンバーカードの中から提出する書類を1点選びます。

次へをクリックすると撮影になりますので、カメラの前でまずは書類を撮影、次に顔を撮影します。問題なければ下記のような画面になり、身分証明書の自動認証が完了です。

 

もし自動認証でエラーになる場合は、IDセルフィー(顔と顔写真付き身分証明書表面が同時に写っている画像)をアップロードすることでも、認証を受けることができます。

③現住所証明書類の提出

身分証明書の自動認証が完了したら、次は「現住所証明書類」をアップロードしていきます。

3ヵ月以内に発行された住民票/公共料金明細書/銀行取引明細書/クレジットカード利用明細書の中から1点選び、ファイルをアップロードしてください。現在所証明書類のアップロードが完了すれば、本人確認は完了です。

※本人確認承認まで、1営業日かかることがあります。

TitanFXへの入金について

本人確認が完了すれば、次はいよいよ取引を行うための資金の入金が必要になりますね。2019年7月時点では、TitanFXの入金方法が4つありますが、ここでは、主要な入金手段であるクレジットカード・デビットカード入金と、bitwallet(ビットウォレット)入金について簡単に説明しておきたいと思います。

クレジットカード・デビットカード入金

海外FXに限らず、金融取引を行う上ではクレジットカード・デビットカードを利用した入金はメジャーですよね。24時間リアルタイムで入金が可能で、手数料が無料となっています。

TitanFXの場合は利用可能なカードがVisaカード/Visaデビットカード/Masterカードとなっていますので、注意してください。またクレジットカードを利用する場合、登録手続きが必要になります。本人確認と同じように、自動認証かセルフィーによる認証が必要になりますので、この点も合わせて注意しましょう。

bitwallet入金

TitanFXへの入金にはbitwalletの利用がおすすめです。bitwalletは、オンラインウォレットと呼ばれる、インターネット上のお財布ですね。こちらも24時間リアルタイムで入金が可能で手数料は無料となっています。法定通貨だけではなく、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨での入金も可能になっています。

bitwalletは海外FXを利用する上では、まさに必須と言えるサービス。国内銀行と海外FX業者間の入出金が非常に楽になる上、FX業者間の資金移動などにも便利に利用できます。対応業者も多いため、ぜひ利用できるようにしておきましょう。

その他の入金方法

他には、NETELLER(24時間リアルタイム入金)とSKRILL(24時間リアルタイム入金)による入金にも対応していますが、日本ではこれらのサービスを利用することはできません。

過去には国内銀行送金による入金も可能でしたが、こちらも現在は利用できないため、実質クレジットカードかbitwalletの2沢となっています。

TitanFXの口座開設はこちら

追加口座開設について

最後に、TitanFXの追加口座開設についても紹介しておきたいと思います。

TitanFXでは、一人6口座まで追加口座を開設することが可能です。追加口座の開設手順をまとめると下記のようになります。

  1. クライアントキャビネットにログイン
  2. 左側のメニューより、「追加口座の開設」をクリック

  1. 希望の口座の詳細情報を選択

  1. 口座開設ボタンをクリック

 

以上で追加口座開設は完了です。口座に関わる情報を入力するのみで、個人情報の再入力などは必要ないため、非常に簡単ですね。最後に登録メールアドレスにアカウント情報が送付されますので、そちらを確認するようにしましょう。

まとめ

トレーダーとしてキャリアを進めていく上で、FX業者の選択はトレードのパフォーマンスを左右するほど大切です。その点、TitanFXはメイン口座として十分に使えるスペックであり、特にそのスプレッドの低さは魅力的ですね。特にスキャルピングトレーダーにおすすめしたい海外FX業者のひとつです。

口座開設も海外FX業者としては簡単に行えますし、日本語サポートも万全ですので、気になる人は本記事を参考にぜひ口座開設をして、その高水準な取引環境を利用してみてください。

TitanFXの口座開設はこちら

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外のFX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナス+以降追加入金毎に+20%のボーナスが付与されます。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

GemForex

優秀なEAとミラートレードが手軽に使えるのがこのGemForex。本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されており、GemForexであればこのEAが無制限で使用できます。
豪華な口座開設ボーナスや500万円まで100%という驚愕のボーナスキャンペーンも度々開催されており、FX初心者や裁量トレードの時間がないという人はもちろん、豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーにもおすすめの海外FX業者ですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりました。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8120名
有効回答数5825名
調査の期間2019年7月1日〜2019年9月30日
海外FXの使い方
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント