おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

XMでのスキャルピングについて徹底解説|注意点やメリットについてまとめ

XM

日本人トレーダーから非常に高い人気を誇る海外FX業者XM(エックスエム)。海外FXトレーダーで知らない人はいないと言えるほど、高い知名度を誇るブローカーですね。当サイトのアンケート調査結果などを含めて多角的に分析した海外FX業者総合ランキングにおいても1位に輝いており、あらゆる面で完成度の高い海外FX業者と言えるでしょう。

そんなXMですがレバレッジの高さや豊富なボーナスに注目されがちで、スプレッドに関してはそれほど狭く設定されているわけではないため、スキャルピングには向いていないと思うトレーダーも多いかもしれませんね。しかしXMのボーナスを利用すれば取引コストを抑えることが可能ですし、スキャルピングが明確に認められていることもあり、スキャルピングトレーダーにとって完全に不利という訳ではありません。

そこでこの記事では、XMのスプレッド、約定力、レバレッジ、口座タイプ、注文方式などの観点から、XMにおけるスキャルピングについて解説していきたいと思います。

XMの無料口座開設はこちら

XMはスキャルピングを禁止していない

海外FX業者の中にはスキャルピングを禁している業者も存在しますよね。しかしXMの場合、スキャルピングを認めていることが公式に明記されています。

ただ禁止される取引もありますので、その点だけは注意をしましょう。まずはこの辺りについて詳しく解説していきたいと思います。

XMでのスキャルピングはOK

XMは公式ホームページにてスキャルピングを認めていることを明記しています。

そのためXMでスキャルピング取引をおこなったからといって、出金拒否や口座凍結をされるといった心配は一切ありません。海外FX業者の中にはスキャルピングは認めつつも、最低ポジション保有時間が決まっている(5分以内の高頻度取引は禁止など)場合もありますが、XMではそのような取引制限もないため、自由にスキャルピングすることが可能です。

EAの利用・自動売買(システムトレード)も制限なし

また、EAなどを利用した自動売買も認められており、短時間での売買は問題なく行うことができます。次で詳しく説明するようなEAや自動売買のシステムによる裁定取引(アービトラージ)は禁止されていますが、例え超高頻度トレードを行うスキャルピングEAを使った取引にも特に制限はありません。

XM公式サイトで詳細を確認

XMで禁止されているスキャルピングに関連性のある取引

上述の通り基本的にXMでのスキャルピングは全面的に認められていますが、そもそもの取引ルールで禁止されているような行為に該当する場合はその限りではありません。スキャルピングに関して言えば、以下の4つに該当するような取引行為は禁止されているため注意が必要ですね。これに違反した場合、全利益没収や口座凍結などの厳しい措置がとられる原因にもなります。

1.XMに複数の口座を作ってその口座間での両建て

XMでは1人で8つの口座を開設できるので、その口座間での両建てが禁止されています。

2.他の業者を使っておこなう両建て

他の業者に口座を開設し、その口座とXMの口座との間の両建てを禁止しています。

3.グループ間での複数人の口座を使った両建て

複数人のグループでトレードしている場合、各人の口座間で行われる両建てを禁止しています。

4.いかなる裁定取引(アービトラージ)も禁止

通貨(銘柄)間の価格差による歪みによって生じた利ザヤを狙う取引、いわゆるアービトラージについては全面的に禁止されています。

5.接続の遅延を利用した取引行為

多くのアクセスが集中した時などに接続遅延が起こる場合があります。このように正常な価格を反映していないことを悪用した取引行為を禁止しています。

XMでスキャルピングを行うメリット

スキャルピング取引において重要視されるスプレッド(1取引あたりのコスト)ですが、XMのスプレッドは他業者と比較して特別に狭いとはいえず、その点では必ずしもXMがスキャルピングに適しているとは言えません。しかしそれをカバーするようなメリットも存在するため、ここからはXMでスキャルピングを行うことのメリットを4つ紹介していきたいと思います。

XMの圧倒的な約定力の高さ

短時間で売買を行うスキャルピングでは、約定力が必須条件といってもいいくらい重要ですよね。スキャルピングでは利益も損切りも小さいので、少しの約定のずれが積み重なれば大きな違いとなって収支にダメージを与えます。

XMでは、リクオートなし、約定拒否なしの厳格な方針を採用しています。実際にXMは2017年9月に、Shares MagazineのUK Forex Awards 2017よりベストFX執行ブローカー賞を受賞しており、これは約定拒否のない100%の取引執行率を保証するものです。Shares Magazineは、ファンドマネージャーやアナリストなど数万人の読者を持っている、イギリスを代表するオンライン金融マガジンで、十分な信頼に値する賞と呼べます。

また、XMでは全注文の99.35%は1秒以内に約定されており、その約定力の高さや約定スピードの速さは折り紙付き。さらに平常時であればほとんど滑ることもありません。スリッページなどの発生頻度が多ければ多いほどトータルコストへの悪影響が出てきますので、この点もXMでスキャルピングを行うメリットと言えますね。

XMのレバレッジは最大888倍

XMの最大レバレッジは888倍。これはレバレッジ規制のある国内の25倍とは比べ物にならない高さであり、他の海外FX業者と比べてもかなり高いほうですではないでしょうか。そのため、XMでは少額からのスキャルピングでも大きな利益を狙っていくことができます。スキャルピングで早く資金を大きくしたい、少額からでも稼ぎたいと思っている人にはぴったりですね。

さらに、証拠金維持率が20%を下回るまでロスカットされないので、レバレッジを可能な限り大きく使えます。例えば、有効証拠金が10,000円の場合、これが2000円を下回るまではポジションを保有できるということ。ある程度資金に余裕を見て取引をすれば、ロスカットされることもほとんどないと思います。

Zero口座が用意されている

XMのZero口座とは、最小0pipsという非常に狭いスプレッドを提供しているのが大きな特徴です。スキャルピングをする上でスプレッドは非常に重要ですが、Zero口座であれば有利に取引を行うことができますね。

また、Zero口座では、ECN方式が採用されているため透明性の高い取引が可能です。

ただしZero口座にはいくつか注意点があります。それは取引手数料とレバレッジ、ボーナスについて。スプレッドは狭いものの、取引手数料が1,000円(10万通貨あたり)かかりるため、0.1pipsのスプレッドでもトータルコストとしては1.10pipsがかかってきます。

またレバレッジが500倍と低く設定されており、入金ボーナスも対象外となっています。様々な面を考えた場合、スタンダード口座の方が有利になることもありますので、口座開設の際にはよく検討するようにしましょう。

XM公式サイトでZero口座の詳細を確認

豊富なボーナス(口座開設/入金/キャッシュバック)が利用できる

よくスキャルピング向きの海外FX業者としてスプレッドの狭いTitanFXやAxioryといった名前が挙げられますが、これらの会社では海外FXの魅力のひとつでもあるボーナスが提供されていません。

一方でXMでは2種類(ポイントプログラムを加えると3種類)のボーナス制度を用意しており、口座開設時と入金時にボーナスを受け取ることができます。これらのボーナスを使えば証拠金を大幅に増やすことができ、さらにスプレッドの縮小効果も期待できるため、スキャルピングにも有効と言えるでしょう。

口座開設ボーナス

口座開設ボーナスは口座を開設するだけで3000円がもらえます。その他の条件が一切なく、どのタイプの口座を開設してももえらえるボーナスです。自分のお金を使うことなくトレードがはじめられることが大きなメリットです。

3000円といっても、レバレッジが888倍あるので、ドル円であれば109円としても最大で2万通貨のトレードが可能です。2万通貨でトレードした場合15pips稼ぐだけで、資金を2倍にできます。

入金ボーナス

入金ボーナスについては5万円を境に2つのタイプが設定されています。

・5万円までの入金

100%の入金ボーナスがもらえます。最大5万円に達するまで何回入金してもその都度入金額と同等のボーナスがもらえます。

・5万円を超える入金

入金の都度入金額に対して20%のボーナスがもらえます。ボーナス額は最大45万円相当なので、225万円までの入金が対象となります。(225万円×20%=45万円)

例えば、100万円入金した場合、5万円に対する100%ボーナスが5万円。95万円に対する20%ボーナスが19万円で24万円ボーナスがもらえることになります。

XMロイヤルティプログラムによるキャッシュバックボーナス

XMには取引ロットごとにポイント(XMポイント)が自動的に貯まる、ロイヤルティプログラムという制度が用意されています。内容としては取引日数に応じて段階的にステータスが上がっていき、最大で1ロットあたり6.66ドル相当のキャッシュバックボーナスがもらえるというものですね。

XMのスプレッドは、狭スプレッドを謳っているような他業者と比べて、確かにやや広めです。しかし取引する度にトレーダーに還元されるキャッシュバックは、実質取引コストを縮小する存在でもあるため、それを考慮すれば、取引コストが安い=スプレッドが狭いとも言えるでしょう。

実際にキャッシュバックを考慮した場合、XMのドル円のスプレッドは0.94pips程度となり、これはスプレッドの狭さで有名なTitanFXやAxiory、Tradeviewなどと同等レベルかそれ以下の狭さですね。

さらにXMポイントは出金可能な現金への交換も可能で、キャッシュバック率は落ちるものの、1ロットあたり最大0.5ドルの現金にすることも可能。非常に使い勝手の良いボーナスと言えます。

XMはボーナスの扱いや消失条件も優秀

海外FXのボーナスは大きく分けて2種類あります。1つはボーナスそのものが残高の一部=証拠金として扱われ、ボーナス単体でも取引が可能なもの、もう1つはあくまでも残高とは別ものとして扱われ、見かけの証拠金としてしか利用できないものですね。

前者はいわゆるクッション機能付きのボーナスと呼ばれるものですが、使いやすさで言えば当然、クッション機能があるボーナスの方が優れています。XMの全てのボーナスはこのクッション機能があり、非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。

またボーナスは常に無条件で保有し続けることができるわけではなく、ロスカット時に使われるなど消失条件があることがほとんどです。その代表的なものが出金時のボーナス全消滅ですね。

例えば比較的豊富なボーナスキャンペーンを実施しているGemForexなどは少しでも出金を行った場合は、ボーナスが全額消滅します。一方でXMの場合は、出金額の割合に応じて一部のボーナスが消失するという仕組みになっています。

利益は出金してこその利益ですので、出金によりボーナス全額が消滅することがなく、一部に限定されるというのは大きなメリットのひとつではないでしょうか。

海外FXのボーナスにおけるクッション機能のメリットなどについては下記で詳しく解説しています。

XMのボーナス制度の詳細や受け取り方、注意点については、下記に詳細をまとめていますので、よければ参考にしてください。

XMの取引キャッシュバックであるXMロイヤルティプログラムの詳細と、XMポイントの使い方については、下記に詳しくまとめています。

XMの無料口座開設はこちら

他の主要海外FX業者との比較

XM以外にもスキャルピング可能な海外FX業者は多く存在しています。そのうち人気と信頼性が高く、スプレッド面で有利なのはAxioryとTitanFXですね。

スプレッドコストを最小限に抑えるならAxioryとTitanFXがおすすめ

Axioryはスプレッドが狭く、ハイスペックな取引環境で高い約定力を誇っている業者としても有名です。Liquidity Providers(リクイディティプロバイダー)の会社名を全て公開し、高い透明性も確保されていますね。

また、スキャルピング/デイトレードに特化したcTraderという取引プラットフォームが使える点も、スキャルピングトレーダーからすれば魅力的ではないでしょうか。ただしレバレッジは400倍と低めで、ボーナス制度などは存在しません。

Axioryの無料口座開設はこちら

TitanFXもスプレッドの狭さには定評があり、約定力も高い業者です。また、NDD方式が採用されているので、取引の透明性も高いですね。こちらもレバレッジは500倍と低めで、Axiory同様、入金ボーナスはありません。

TitanFXの無料口座開設はこちら

XMのスプレッドは平均レベルだが、総合的には同等かやや優れている

ZERO口座を使ってスプレッドコストを抑えたとしても、スプレッドだけを見ると上記のような業者のほうが優れています。スプレッドだけで比較するならば、XMはとりわけ優れた業者というわけではありませんが、大きく劣っているわけでもないという平均的なレベルに落ち着きますね。

ただ前述したように、XMには取引量に応じたキャッシュボーナスも存在します。これを考えると実質的な取引コスト=スプレッドは、他業者並みに低くなるため、これはスキャルピングトレーダーにとっても大きなメリットと言えるでしょう。

さらに、上記の2業者には口座開設や入金によるボーナスもありませんし、レバレッジもXMよりは低く抑えられています。約定力、高レバレッジ、入金ボーナス、最低入金額、出金のスムーズさなどの総合面から考えると、XMは両者に引けを取らず、スキャルピングトレーダーにもおすすめできる業者と言えますね。

XMはストップレベルもやや広め

ストップレベルとは、指値注文や逆指値注文といった待機注文(予約注文)を出す際に、現在のレートから最低限離すべき値幅のことです。つまりストップレベルが0に近ければ近いほど、現在のレートに近い価格で予約注文を入れることができるというわけですね。スキャルピングのように小さな利益を積み上げたり、小さな値動きで即座に損切りしてしまうような取引スタイルでは、ストップレベルが狭いほど有利と言えるでしょう。

その点で言えばXMのストップレベルはあまり狭い方ではありません。XMのドル円のストップレベルは4.0pipsとなっており、これは現在の価格から4pips以上乖離したレートでなければ指値を入れられないということになります。例えば現在価格が110.00円であれば、109.95~110.05の間では指値注文ができないということになり、これはスキャルピング取引においてはやや不利に働くでしょう。

上述のAxioryやTitanFXをはじめ、狭スプレッドで取引環境重視の業者の中にはストップレベル0ということもあるため、純粋に取引の自由度を重視する場合は、そのような業者を使ってスキャルピングをするようにしましょう。ただ一方で、そのような業者ではXMのようなボーナスキャンペーンは実施していないことも多いため、自身のトレードスタイルにストップレベルがあまり影響がないのであれば、ボーナスの条件の良さで業者を選ぶのもありと言えます。

補足:スキャルピングが禁止されている業者

補足情報としてスキャルピングが禁止されている業者も一部紹介しておきましょう。

LAND-FX

LAND-FXでは経済指標の発表時のスキャルピングやシステムを使ったスキャルピングを禁止しています。その理由として、高頻度の注文によるサーバ―への負荷を上げています。また、カバー先への注文などに影響が出る利用者に対して事前告知なく取引が停止される場合があります。

Dynamic Trade

Dynamic Tradeではポジションを持ってから120秒以内の決済が禁止されています。ただし、損切りの場合は120秒以内の決済が可能です。スキャルピングをしているつもりがなくても、このような規定に違反してしまい、口座凍結などの措置を受けないよう注意が必要です。

このように、スキャルピングの禁止を明言している業者は複数存在します。そのため、スキャルピングをする場合にはXMのように公式で認められた業者を使うことをおすすめします。

XMの口座開設はこちら

まとめ

XMでのスキャルピングは、公式に認められているため、口座凍結などをされる心配はありません。しかし、禁止される行為はあるので注意が必要ですね。

スプレッドの狭さを最重要視するトレーダーには、AxioryやTitanFXの利用がおすすめですが、上記2業者はボーナス制度がなくレバレッジも抑えめ。それらを有効活用してトレードしたい人にはXMがおすすめと言えます。

レバレッジや約定力またはボーナスなど、いろいろな観点から比較して、ぜひ自分にあった業者を選んでトレードするようにしましょう。

XMの口座開設手順や、口座有効化・ボーナスの受け取り方法などは下記で詳しく解説しています。口座開設を検討している人はぜひ参考にしてください。

XMと同じく、人気海外FX業者のひとつであるGemForexでスキャルピングをする場合のメリットや注意点については、下記の記事に詳しくまとめています。

人気の高いXMに匹敵する優良海外FX業者の総合ランキングは下記の記事をどうぞ。

XMで今すぐ無料口座開設

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

FXGT

外国為替FXに加え仮想通貨FXでも、1000倍という非常に高いレバレッジで取引可能なハイブリッド海外FX業者FXGT。
ランキング上位業者では対応していないbitwalletによる利益出金も可能で、さらに国内銀行送金による入金、仮想通貨による入出金など、その優れた入出金環境も魅力ですね。
仮想通貨FXは証拠金が多ければ多いほど良いですが、FXGTには追加入金なしでクッション機能付きのボーナス=証拠金を増やす手法もあり、仮想通貨FXはもちろんのこと外国為替FXでもダイナミックな取引が可能な業者です。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数10231名
有効回答数7596名
調査の期間2021年1月15日〜2021年3月15日
XM
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました