おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

Exness(エクスネス)の評判を総まとめ!驚異のレバレッジ無制限、ロスカット水準0%でハイリスク・ハイリターンな取引が可能

その他

2008年に設立され、キプロスにも拠点を置く海外FX業者Exness(エクスネス)。日本では一時的にサービスを停止していたものの、2020年には再開、公式サイトの完全日本語対応や日本語サポートの充実などで、再び注目を集めていますね。

そんなExnessですが、驚異のレバレッジ無制限、ロスカット水準0%といった、リスクをとってハイリターンを狙うのに最適なトレード環境を用意。海外FXならではの魅力を存分に楽しめるようになっています。金融ライセンスはセーシェルの他、取得が難しいことで知られるイギリスのFCA(英国金融行動監視機構)など複数のライセンスを取得していることから、信頼性も高いブローカーと言えるでしょう。

本記事ではそんなExnessの特徴や評判、メリット・デメリットについて、具体的に紹介していきたいと思います。

Exnessの最大の魅力は無制限のレバレッジと0%のロスカット水準

無制限レバレッジとゼロカットにより、魅力的なハイレバトレード環境を実現

海外FXは500倍や1000倍といった、国内FXの数十倍〜数百倍のハイレバレッジで取引できることが一つの魅力です。そんな中、Exnessではなんと無制限(正確には21億倍)という驚異的なハイレバレッジを実現。海外FXのスタンダード業者とも言えるXMが888倍、ハイレバレッジで有名なFBSでも3,000倍となっていることを考えると、Exnessのレバレッジがいかに群を抜いて凄い数値かがわかりますね。

レバレッジ21億倍といっても、あまりピンとこないかもしれませんが、具体的に言えば1ドル=100円計算でドル円1lot(1lot=10万通貨)をトレードした場合に必要な証拠金は、わずか0.04円。これはほぼ証拠金が必要ないということですね。

レバレッジが最大で25倍までに制限される国内FXの場合、同じ条件でも400,000円の必要証拠金を用意しなければいけないため、この差は非常に大きいですね。Exnessはまさに海外FXならではのハイレバトレードを存分に楽しめる海外FX業者と言えるでしょう。

もちろんレバレッジが高ければ高いほど大きなリスクが伴いますが、Exnessでは他の海外FX業者同様にゼロカットシステムを採用しており、急激な値動きにより口座残高がマイナスになったとしても、追加証拠金が発生しません。入金額以上の損失は発生しないため、安心してハイレバトレードをすることができます。

ロスカット水準0%で限界までポジションの保有が可能・取引制限もなし

さらに、トレードにおいて欠かせないのが強制ロスカットの存在ですね。Exnessではこのロスカット水準が0%に設定されており、口座残高がなくなるギリギリまでポジションを保有することができます

同じく0%に設定されているiFOREXを除けば、ほとんどの海外FX業者はロスカット水準が20%程度。さらに国内FX業者では多くが100%となっています。ロスカット水準の低さは許容できる損失幅とイコールであることを考えると、Exnessの0%という設定は、資金を最大限に活用した資金効率の良いトレードが可能な環境と言えるでしょう。

もちろんトレードにおける資金管理の安全性を考えれば、ロスカット水準が低いことは必ずしも良いとは言えません。しかし高いレバレッジ運用を前提としてトレードをする場合、ロスカッ水準が高ければ、すぐにロスカットされてしまいます。そのためハイレバトレードには低いロスカット水準がマッチするということですね。

またExnessでは取引制限がないことも魅力のひとつと言えるでしょう。スキャルピングはもちろん、他の多くの海外FX業者では制限されることが多い両建て(同一口座・別口座・他社口座を問わず)も可能となっており、幅広いトレードスタイルと自由で柔軟なトレード戦略に対応できますね

このように、Exnessは非常に高いレバレッジを提供するだけでなく、そのレバレッジの高さを最大限活用しつつ、デメリットも抑えた取引環境が用意されています。

レバレッジ無制限で取引するための条件

Exness最大の魅力でもある無制限のレバレッジ設定が可能な取引口座ですが、無条件で誰でも利用できるというわけではありません。レバレッジ無制限で取引するためには、以下のような条件をクリアする必要があります。

  • 5lot以上の取引を行っていること
  • 10回以上のトレードを行うこと
  • 口座の証拠金が999ドル以下
  • 使えるツールはMT4のみ

このようにレバレッジを無制限に設定するためには、ある程度の取引実績が必要であり、さらに証拠金を低めに抑えておく必要があります。

レバレッジ制限と注意事項

上記に加え、特定の条件下ではレバレッジ制限がかかることがあります。

1つは有効証拠金額に応じた制限ですね。レバレッジを無制限に設定するための条件としても記載したように、有効証拠金額が999ドルを超えると無制限レバレッジの利用条件から外れてしまいます。有効証拠金額が増加するに連れて、段階的に最大レバレッジが引き下げられる形ですね。とは言えその場合でも、2,999ドルまでは2000倍、9,999ドルまでは1000倍という高いレバレッジで取引可能なため、これでも十分なハイレバレッジ取引環境と言えるでしょう。

2つ目としては時間帯による制限があります。重要な経済ニュース・経済指標発表の15分前~発表後の5分間は、その影響を受ける銘柄の最大レバレッジが200倍に制限。また、金曜日の19:00GMT(FX市場が閉まる3時間前)から日曜日の23:00GMT(FX市場が開いてから2時間後)は最大レバレッジが200倍に制限される点には注意しましょう。

また取引銘柄によるレバレッジ規制もあり、「エキゾチック」「仮想通貨」「エネルギー」「株式」「インデックス(指数)」の銘柄グループ、「パラジウム」「プラチナ」のレバレッジは固定倍率が適用されます。

Exnessの口座開設はこちら

Exnessの特徴と評判 メリットとデメリット

Exnessの口座タイプ

Exnessの口座タイプは「スタンダード口座」と、「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「Pro口座」3種に分かれた「プロ口座」の計4種類が存在。成行約定・即時約定ともにNDD・STP方式の口座です。

公式サイトには「ECN口座」の記載もありますが、日本居住者が口座開設できるのは上記の4種類のみです。同じく記載のあるスタンダードセント口座も、現在は日本居住者は口座開設できませんが、2020年内には提供予定となっています。

各口座をまとめると以下の表のようになります。

スタンダード口座プロ口座
ロースプレッドゼロPro
最大レバレッジMT4(無制限)
MT5(2000倍)
ロスカット率0%
マージンコール60%30%
最低スプレッド0.3pips0pips0pips0.1pips
取引手数料無料片道最大3.5ドル(1lotあたり)片道3.5ドル~(1lotあたり)無料
最低入金額1ドル1000ドル
取引金融商品外国為替通貨ペア、貴金属、仮想通貨、エネルギー、インデックス(指数)
最小取引単位0.01lot
最大取引単位7:00~20:59 GMT+0 : 200lot
21:00~6:59 GMT+0 : 20lot
注文約定成行約定即時約定
成行約定

スタンダード口座

スタンダード口座は基本的な性能を備えた一番人気の口座ですね。取引プラットフォームはMT4・MT5から選択することができますが、無制限レバレッジが適用されるのはMT4のみとなっています。

取引手数料はかからないものの、スプレッドは他の口座と比べると広めの設定。取引できる銘柄が最も多く、最低入金額は1ドル、最も利用しやすい一般口座と言えるでしょう。

ロースプレッド口座

ロースプレッド口座はスタンダード口座よりもスプレッドが狭い代わりに、取引手数料が発生する口座ですね。片道最大で3.5ドル(1lotあたり)の手数料がかかり、往復のトータルコストはスプレッド+取引手数料となります。

ロースプレッド口座を含め、プロ口座はすべて最低入金額が1,000ドルとなっている点は注意しましょう。

ゼロ口座

ゼロ口座は30ペアにおいて、取引時間帯の95%でゼロスプレッドが適用されます。その代わりに銘柄ごとに固有の取引手数料が取られる形ですね。

例えば1lotあたりの取引手数料(片道)はUSD/JPYで3.5ドル、EUR/USDで3.5ドル、GBP/JPYで7.5ドルなど様々。通貨ペアによってはかなり取引コストを抑えることが可能です。

Pro口座

Pro口座はスタンダード口座と同じように変動スプレッドを採用し、手数料も無料の口座。特徴としては約定方式に「即時約定」が適用される点(仮想通貨は成行約定)ですね。

ちなみにここで言う成行約定とはMarket Execution=スリッページはあるがリクオートがない約定方式であり、即時約定とはInstant Execution=スリッページはないがリクオートがある約定方式。即時約定ではトレーダーの注文を一旦業者が決済しほぼ同時にカバー先に流すため約定価格が滑ることはありませんが、値動きによっては約定拒否が発生します。

スプレッド・取引手数料を含めたトータルコストは安い

Exnessのスプレッド・取引手数料を含めたトータルコストは他の海外FX業者と比べても優秀です。例えば業界最狭水準レベルのスプレッドを実現しているTitanFXのスタンダード口座と比較してみても、下記の表のように全く引けを取りませんね。

ExnessTitanFX
USD/JPY1.1pips1.33pips
EUR/USD1pips1.2pips
GBP/JPY2pips2.45pips

Exnessの口座開設はこちら

高い信頼性

Exnessは2008年に運営を開始。2020年時点で12年目という比較的長い運営実績があり、その間の大きなトラブル報告などがないことから、信頼性は高いと言えるでしょう。

金融ライセンスは比較的規制の緩いセーシェル共和国金融庁(FSA)で取得。日本人口座はこのライセンス化で管理されていますが、これはレバレッジ規制などの回避のためですね。

ただExnessはキプロス・イギリスにもグループ会社があり、それぞれの国で金融ライセンスを取得しています。特にイギリスでは世界で最も厳しいとされる金融審査機関といわれるFCA(英国金融行動監視機構)によって認可・監督されており、この点からも信頼性は担保されていると考えてよいでしょう。

また、会計監査法人は世界4大会計事務所のひとつに数えられるデロイト・トウシュ・トーマツ社を採用。会計報告・監査報告・財務実績などの情報開示を積極的に行っています。世界最大のFX口コミサイトFPAにおいても、レビュー数439で平均評価3.314という高さを誇っており、その評判の良さは折り紙つきとも言えますね。

充実した日本語サポート

海外FX業者を使うにあたり重要なのは、やはりサポートですね。特に言葉の壁には不安を感じることがあるのではないでしょうか。

FXはリアルタイムで価格が変動するため、緊急時、すぐに日本語でのサポートが受けられなければ、手遅れになりかねないような事態もあるかもしれません。この点Exnessのサポート窓口では、ライブチャットによりリアルタイムでのやり取りが可能で、安心して利用することができます。

ただ、時間帯が平日の8:00~00:00に限られてしまう点は、注意しましょう。またメールでの日本語サポートも受けられますので、通常時のサポートとして使うことも可能です。

約定方式は透明性の高いNDD方式

FX業者の注文処理方法として、DD方式とNDD方式がありますが、ExnessではNDD方式を採用。より透明性の高い公正な取引が可能です。

ちなみに両者の違いはディーラーを介するかどうかで、DD(ディーリング・デスク)方式はディーラーを介した取引、NDD(ノンディーリング・デスク)方式はディーラーを介さないインターバンク直結の方式です。このうちDD方式ではトレーダの注文を一旦「呑む」ことになるので、利益相反関係が生まれてしまうということですね。

一方で、NDD方式はトレーダーの注文をインターバンク市場へ流すプログラムを利用しているだけなので、業者の儲けは発生せず利益相反関係は生まれません。NDD方式で儲けを出すにはスプレッドに上乗せするか、取引手数料取ることになり、これが業者の収入源になるというわけです。

NDD方式ではトレーダーが取引をすればするほど、業者側の利益も増えることになるため、不正な操作なども起きにくく、透明性が確保された公正な取引が可能と言えるでしょう。

無料のVPSサービスがあり

MT4でEAを24時間安定的に稼働させるにはVSP(バーチャルプライベートサーバー)が欠かせません。しかし、一般的にはVPSを利用するにはランニングコストがかかってしまいます。

この点Exnessでは、利用条件があるものの、口座利用者向けに無料でVPSを提供しています。利用条件としては無料VPS申請時に、累計500ドル以上(もしくは、別通貨で同等額)の入金実績が必要というものですね。また、契約口座で長期間取引を行っていない場合は利用を停止される場合もあります。

VPSを無料提供している海外FX業者は他にも存在しますが、それらの業者に比べて利用条件も継続条件も比較的緩く、導入しやすいと言えるでしょう。

Exnessの口座開設はこちら

取引制限はないがストップレベルは広め

Exnessには一切の取引制限がありません。スキャルピング取引はもちろん、他社では制限されることが多い両建て(口座内・口座別・他社口座間全て)も可能です。

ただしストップレベル(指値注文や逆指値注文のような予約注文を出す際に指定される、現在のレートから最低限離すべき値幅)は、他業者に比べてやや広く設定されている点には注意しましょう。少なくともスプレッド以上は離れていないと、指値注文や逆指値注文が設定できません。

スキャルピングのように短期で小さな利益を積み上げていく取引では、広いストップレベルは取引の足枷になりやすいため、十分に注意しましょう。

入金方法は豊富だが銀行送金には非対応

Exnessの入金方法は下記の6種類。

  • bitwallet
  • SticPay
  • ビットコイン(仮想通貨)
  • クレジットカード・デビットカード
  • Perfect Money
  • WebMoney

豊富な入金方法がある一方、一般的な入金手段である銀行送金に対応していない点には注意が必要ですね。各入金手段を簡単に説明すると以下のようになります。

bitwallet

bitwalletは入出金手段として多くの海外FX業者が利用してるオンラインウォレットサービス。各種クレジットカード・デビットカード、国内銀行、仮想通貨など幅広い入金手段に対応し、入金及び出金を格安な手数料でスピーディーに行えます。

基本的にはbitwalletを使った入出金が最もおすすめの方法となります。

SticPay

SticPayもbitwalletと同じくオンライン決済サービスのひとつですね。特徴的なのがSticPayカードというプリペイドカードを発行できることで、このカードがあれば銀行口座などを通すことなく日本国内のATMから出金ができるようになります。

ただし、銀行からの入金に対応していなかったり、手数料がやや割高などのデメリットもありますのでその点は注意しましょう。

クレジットカード・デビットカード

クレジットカードとしてはVISA、MasterCardに対応しています。しかし、日本のカード会社の方針により海外FX業者での決済を受け付けていない場合が多く、その場合は決済拒否されてしまうため注意しましょう。

Perfect Money・WebMoney

Exnessでは、Perfect MoneyやWebMoneyにも対応していますが、これらは日本ではほとんどなじみのないオンライン決済サービスですね。あまり利用することはないでしょう。

出金方法と出金ルール

出金方法も入金方法と同じく下記の6種類ですね。

  • Bitwallet
  • SticPay
  • ビットコイン(仮想通貨)
  • クレジットカード・デビットカード
  • Perfect Money
  • WebMoney

出金の際に注意が必要なのは、出金時のルール。他の海外FX業者同様、マネーロンダリングの問題などから、原則として入金に使った手段を用いて出金を行う必要があります。

利益が発生した場合の出金優先順位としては下記の通り。

  1. クレジットカード・デビットカード
  2. 仮想通貨
  3. 電子ウォレットや銀行送金

この順番で出金が行われることになります。

信託保全は採用されていない

国内FX業者では義務化されている信託保全ですが、日本の金融庁の管轄外にある海外FXには、この義務はありません。Exnessの顧客資金管理方法に関しても、信託保全制度は導入されておらず、分別管理のみ。そのため、万が一Exnessが破綻した際は資金が全額返還される保証がありません。

と言え、完全信託保全を導入している海外FX業者はほとんどありません。分別管理のみだからといって信用ができないということはなく、やや不安が残るというレベルですね。

ボーナスキャンペーンの開催はなし

Exnessでは不定期でキャンペーンが実施されるものの、常設のボーナスは存在せず、この点では他の海外FX業者と比べて魅力的とは言えません。

とは言え、過去には口座開設ボーナスを開催していたということもあり、将来的にはキャンペーンが実施される可能性はあります。

Exnessの利用をおすすめする相性の良いトレーダー

少額の資金で大きなリターンを狙いたいトレーダー

Exnessの特徴はやはり何と言っても、無制限のレバレッジでしょう。ゼロカットによりリスクを限定しながらも、大きなリターンを狙うことができます。無制限レバレッジでは元資金が小額であっても、莫大な利益を狙える可能性もあり、これは大きなメリットですね。

もちろんレバレッジが大きければそれだけ、少しの値動きでもロスカットされる可能性が高くなりますが、ロスカット水準が0%と低いため、資金ギリギリまでポジションを保有することができます。勝率が高く損失額の小さなスキャルピングトレードであれば、効率よく資金を回転させながら短期間で資金を増やすことも可能ですね。

限定された中で最大限にリスクと取ることで、それ以上に大きな利益を狙うことができるため、このようなトレーダーにとってはExnessは最高の取引環境と言えるでしょう。

Exnessの口座開設はこちら

まとめ

ボーナスがない点や銀行送金に対応していない入出金手段にやや不便を感じるExnessですが、無制限のレバレッジというのはやはりインパクトが大きいです。トレードスタイルによっては非常に大きく稼げる可能性もあり、利用価値が十分にあると言えるでしょう。

取引環境についても、当サイトの海外FX業者総合ランキング上位のブローカーに引けを取らない優秀さを実現しています。日本語サポートも充実しており、利用する上ではあまり不安を感じませんので、気になるトレーダーはぜひ口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

Exnessの口座開設はこちら

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8156名
有効回答数6214名
調査の期間2020年1月15日〜2020年4月15日
その他
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました