おすすめ海外FX業者社15社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

HotForex(ホットフォレックス)の口座開設方法を徹底解説!6つの口座タイプの比較や入金/出金手段、追加口座開設手順も説明

HotForex

130万人以上のユーザー数と、9年以上の運用実績を誇る中堅海外FX業者HotForex(ホットフォレックス)。今まで日本向けのプロモーションにあまり力を入れていなかったことから、日本人トレーダーの中での知名度はそれほど高くありませんが、世界的なFXコミュニティにおいてはトップクラスの口コミ評価を持つ人気の高い優良業者ですね。

本記事では、そんなHotForexの口座開設手順について徹底解説。6種類の口座タイプの説明から口座開設フォームの入力方法、入金・出金方法など、わかりやすく画像付きで説明していきたいと思います。HotForexの口座開設を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

HotForexの公式サイトはこちら

HotForexの口座タイプについて

HotForexには、マイクロ口座、プレミアム口座、ZERO口座、Auto口座、HFコピー口座、そしてPAMM口座の6つの口座が用意されています。それぞれの口座の基本スペックや特徴をまとめたものが以下の表です。

口座タイプマイクロ口座プレミアム口座ZERO口座Auto口座HFコピー口座PAMM口座
取引方式STP方式ECN方式STP方式
最大レバレッジ1,000倍500倍500倍500倍400倍300倍
ボーナス・100%クレジットボーナス
・30%レスキューボーナス
・100%スーパーチャージボーナス
・100%クレジットボーナス
・30%レスキューボーナス(新規受付終了
・100%クレジットボーナス
・30%レスキューボーナス(新規受付終了)
なし
スプレッド※11.7pips1.7pips0.3pips1.7pips1.7pipsプレミアム:1.1pips
プレミアムプラス:0.3pips
取引手数料なし6 or 8ドル/ロット(往復)なしプレミアム:なし
プレミアムプラス:
10ドル/ロット(往復)※2
ロスカット水準証拠金維持率10%以下証拠金維持率20%以下
プラットフォームMT4
MT5
Webtrader
MobikeTrading
MT4
Webtrader
MobikeTrading
最小取引単位1,000通貨
最低入金額$5$100$200$200$500$250

各口座の特徴はそれぞれ下記のようになっています。※1 USD/JPYの平均スプレッド
※2 別途、成功報酬手数料が必要

マイクロ口座

最低入金額が$5のマイクロ口座は、資金の少ない初心者にもハードルが低く、最大レバレッジが1,000倍と他の口座と比べて圧倒的に高いのが特徴ですね。ロスカット水準も10%とかなり低く設定されているため、高レバレッジ取引でも強制ロスカットになるリスクが低く、損失にも耐えやすくなっています。

また、取引プラットフォームがMT4に限られますが、100%クレジットボーナスと30%レスキューボーナス(日本での新規受付は終了)の対象になっています。

プレミアム口座

最低入金額は$100、最大レバレッジは500倍となっており、マイクロ口座と比べると資金効率の観点ではやや劣りますね。ただ、HotForexが提供するボーナスのうち、最も内容が豪華な100%スーパーチャージボーナスの唯一の対象口座となっており、まずは最初に開設しておくべき基本の口座と言えます。

ZERO口座

こちらはECN型のスプレッドが狭い口座ですね。マイクロ口座やプレミアム口座のスプレッドが1.7pipsであるのに対して、ZERO口座では0.3pipsとその差は歴然。ただし、スプレッドとは別に手数料が往復1ロットにつき6ドル or 8ドル =0.6/0.8pips分発生しているため、実質スプレッドは0.9〜1.1pipsとなります。

100%クレジットボーナス・30%レスキューボーナスの対象でもあり、スキャルピング狙いのトレーダーにおすすめの口座と言えるでしょう。

Auto口座

スペックとしてはプレミアム口座と同じになりますが、こちらは自動売買専用の口座ですね。無料または有料のトレーディング・シグナルを購読して自動取引を行うことができます。

HotForexが提供する3つのボーナスは対象外となっている点には注意してください。

HFコピー口座

こちらはHotForexに登録している、別のトレーダーの売買をコピーして取引することができる口座ですね。基本スペックは他のSTP口座とあまり変わりませんが、最低入金額が$500とやや高めです。

うまく利益を出すトレーダーをコピーできれば利益を増やすことが出来ますが、コピーできるトレーダーが3人までとなっているため、分散してリスクヘッジすることが難しいところに注意しましょう。

PAMM口座

こちらはいわゆるソーシャルトレードと呼ばれる、トレード上級者(PAMMマネージャー)に自分の資金を運用してもらうための口座ですね。好みのPAMMマネージャーを選べば、後はそのPAMMマネージャーが資金に合わせて運用(トレード)を行ってくれ、利益が上がれば成功報酬として手数料を支払う仕組みです。

一時的に新規登録を停止していましたが、再開されました。

HotForex公式サイトで口座タイプの詳細を確認

HotForexの口座開設方法

ここからは、HotForexの実際の口座開設手続きの方法を、手順を追って画像付きで具体的に解説していきたいと思います。

口座開設の申請

顧客口座インフォメーションと個人情報を入力

まずは、こちらのHotForexの口座開設フォームか、公式サイト(https://www.hotforex.com/sv/jp/index.html)より、ライブ口座開設画面に進みます。

このページで以下の順に顧客口座インフォメーションと個人情報を入力していきましょう。

①顧客タイプ

個人、法人または共同名義の中から選択します。

②居住国

住んでいる国を選択します。日本であれば「Japan」ですね。

③敬称

ミスター、ミス、ミセスから選択します。

④Full First Name(s)

下の名前をローマ字入力しましょう。例えば「鈴木一郎」さんであれば、「Ichiro」となります。

⑤Full Last Name(s)

苗字をローマ字入力しましょう。「鈴木一郎」さんであれば、「Suzuki」となります。

⑥Eメールアドレス

使用するEメールアドレスを入力します。指定したアドレスに口座開設確認メールなどが届きます。

⑦生年月日

自身の生年月日をプルダウンで選択します。

⑧電話番号

国番号+電話番号の入力になります。居住国で日本を選択していれば国番号の81がすでに入力されていると思いますので、自身の電話番号の最初の0を抜いた番号を記入しましょう。例えば「09012345678」という携帯電話番号であれば、「8012345678」と入力します。

取引通貨の選択と利用規約の同意

続いて取引通貨の選択とEメール購読オプション、利用規約条件の確認をします。

⑨口座通貨ベース

開設する口座で使用する通貨を選択しましょう。HotForexは残念ながら円建て口座に対応していませんので、USD(米ドル)またはEUR(ユーロ)から選択することになります。

⑩利用規約の確認

利用規約を確認し、チェックボックスにチェックを入れます。

ここまで完了すれば後はセキュリティ質問の解答(表示されている数式の解答)を入力し、登録ボタンを押します。認証のためのアクチベーションリンクメールが、入力したアドレス宛に送られたことを示すメッセージが表示されますので、これで申請は完了ですね。

口座開設メールの受信

HotForexより登録したEメールアドレス宛に口座開設に関する確認メールが届きます。「法律に関する書類」をクリックし、法定内容を確認しましょう。

次に、同メール記載の「今すぐ有効化」をクリック。これにより口座が有効化され、ログインIDとパスワードが記載された別のメールが届きます。届いたログインIDとパスワードは大切に保管しておきましょう。

「ログイン」をクリックすると会員ページに進むことが出来るので、ログインIDとパスワードでマイページにログインします。

個人情報の詳細設定

マイページにログインすると上のページが表示されるので、「マイ・アナウンスメント」の「click here」をクリックし、HotForexの詳細情報登録画面に進みます。ここで詳細情報を入力していきましょう。

①第一段階の情報

最初から記入されているため、ここは特に操作不要です。

②個人情報

以下の項目について入力します。

  • 出生国
  • 住所1
  • 住所2
  • 市町区村
  • 都道府県
  • 郵便番号
  • 居住国

住所を全て英語で入力しますが、日本の表記とは逆になるため注意してください。住所の英語表記がわからない場合は、下記の住所翻訳サイトなどに入力すれば英語表記にしてくれます。

エキサイト翻訳
エキサイト翻訳の住所翻訳サービスは、住所を多国語へ翻訳が可能な無料翻訳サービスです。

③投資家情報と資産プロファイル

以下の項目についてそれぞれ入力します。

・口座開設目的

取引、投資、パートナーシップ、分散投資のいずれかを選択します。

・純資産価値

10,000(USD)以下、10,000-50,000(USD)、50,000-100,00(USD)、100,000(USD)以上の中から選択します。

・推定年間所得

10,000(USD)以下、10,000-50,000(USD)、50,000-100,00(USD)、100,000(USD)以上のいずれかを選択します。

・今後12か月以内に当社と取引される予定のドル金額:

10,000(USD)以下、10,000-50,000(USD)、50,000(USD)以上の中から選択します。

・教育

院卒、大卒、単科大卒、高卒、なしのいずれかを選択します。

・雇用状況

会社員、自営業、年金生活者、学生、無職の中から選択します。

・資金源

貯蓄、年金、家族、政府援助金、贈与、相続、不動産売却資金、給与、その他のいずれかを選択します。

・各質問への回答

「はい」か「いいえ」を選択します。

質問1:Does your current or past profession require you to undertake transactions in the financial markets?

(訳)あなたは、過去または現在に金融市場で取引を行う職についていましたか?

質問2:Have you ever been employed in the financial sector for more than one year in a professional position?

(訳)あなたは、金融部門でプロとして一年以上働いていましたか?

④Trading Knowledge and Experience

ここからはトレードの知識と経験に関する質問です。以下の質問項目の知識と経験があるかどうかを、「はい」か「いいえ」で回答します。

・CFDs(Forex, Metals, Commodities)

(訳)CFD(為替、金属、コモディティ)

・Other Derivative Products(Swaps, Futures, Options)

(訳)その他のデリバティブ商品(スワップ、先物、オプション)

・証券(株式または債権)

・I have attended a seminar or course on CFDs or Forex

(訳)私は、CFDまたは外国為替に関するセミナーやコースに出席したことがある

⑤申告

以下の質問に「はい」か「いいえ」で回答します。

・現在または過去、犯罪活動に関与している、あるいはされたこと、またはあなたに対する裁判前の未決刑事告訴がありますか

・あなたやあなたの親戚または近親者は重要な公的地位を有する方(PEP)ですか?

※重要な公的地位を有する者(PEP)とは

直近12カ月以内に匿名な公的機構に関わるまたは関わった者

例)都道府県知事や政府高官、上級政治家、高級官僚、司法官や軍事官僚、

国営企業の上級幹部、重要な公共職務を委任された方など

・あなたはアメリカ合衆国へ税金支払い義務のあるアメリカ合衆国国民または居住者ですか?

最後に規約に関するチェックボックスにチェックを入れ、終了ボタンをクリックすれば詳細情報の入力は完了です。

身分証明書類と住所証明書類の提出

個人情報の詳細設定まで完了したら、次は身分証明書類と住所証明書類を提出します。提出と言っても、WEB上で画像をアップロードするだけですので簡単ですね。

①身分証明書類

以下のうちいずれかを提出してください。

  • 顔写真付きパスポート
  • マイナンバーカード(表裏)
  • 運転免許証(表裏)

いずれの書類も、有効期限内かつカラーコピーでないといけないことに注意しましょう。「ファイル選択」で対象の画像ファイルを選択し、「Upload」をクリックしてアップロードを実行してください。

②住所証明書類

以下のうちいずれかを提出してください。

  • 電気ご利用明細書
  • ガスご利用明細書
  • 電話ご利用明細書
  • 銀行ご利用明細書
  • クレジットカードご利用明細書

いずれの書類も、6カ月以内に発行されたものに限られますので、注意してください。身分証明書類と同じく「ファイル選択」から「Upload」をクリックしてアップロードします。

アップロードが完了するとHotForex側の承認待ちという状態になります。口座開設手続き完了のメールが届くのを待ちましょう。

取引口座の開設

身分証明書類の承認が完了し、HotForexから口座開設手続き完了メールが届いたら、ユーザーページの「マイ取引口座」の「新規取引口座開設」をクリックします。

取引口座開設画面になるため、取引プラットフォームと口座種類を選択。その後レバレッジと口座通貨を選択、利用したいボーナス種類を選択し、同意分にチェックを入れて「口座を開設する」をクリックすれば、口座開設が完了します。

取引口座へのログイン情報が画面に表示され、同じ内容がメールにも届きますので、失くさないようにしっかり保管しておくようにしましょう。

HotForexの口座開設はこちら

HotForex口座への入金方法

取引口座の開設が完了したら、いよいよ取引開始ですね。そのためにはまず、開設した口座に資金を送金しなければなりません。HotForexではまず自身のアカウントに紐づいたmyWalletへの入金を行い、その後取引口座へ資金移動する流れとなります。

myWalletへの入金方法として用意されているのは以下の6つ。

  1. クレジットカード決済(VISA、JCB)
  2. Bitcoin Cash
  3. Bitcoin
  4. bitwallet
  5. CeryptoPayments(仮想通貨決済)
  6. MobilePay(※現在利用不可)

具体的な入金手順は以下のような感じですね。

【入金手順】

①入金方法を選択し、myWalletに入金(下記はbitwalletを利用した例)

ご自身のHotForexユーザーページの右側にある「入金」ボタンをクリックします。入金方法からお好きな方法を選択し、送金した金額を入力するだけで入金ができます。

②「mywallet」から取引口座に資金移動

myWalletへの入金が完了したら、ユーザーページ右側の「資金を移動する」ボタンをクリックします。「資金移動元」と「資金移動先」を選択して、「送金を始める」ボタンをクリック。

これで取引口座に入金が完了し、取引を始めることが可能になります。

HotForex口座からの出金方法

取引で得た利益(元本含む)を出金したい場合は、以下の3つの方法が利用できます。

  1. bitwallet
  2. Bitcoin
  3. Bank Transfer

出金手順は入金とは逆に、まずは取引口座からmyWalletへ資金移動し、その後出金する形になります。

【出金手順】

①取引口座から「mywallet」に資金移動

入金時の「mywallet」から取引口座への資金移動の逆パターンですね。ユーザーページ右側の「資金を移動する」ボタンをクリックし「資金移動元」と「資金移動先」を選択してます。「送金を始める」ボタンをクリックすればmywalletに資金移動が完了します。

②「mywallet」から出金

ユーザーページの右側にある「出金」ボタンをクリックします。出金方法からお好きな方法を選択し、金額やmyHFアカウントのパスワード、出金理由、生年月日などを入力して「出金」ボタンをクリックすれば出金完了です。

追加口座の開設方法

HotForexでは一人あたり最大5つの口座を保有することができます。追加口座の開設は簡単で、新規口座開設と同様、ユーザーページの「マイ取引口座」>「新規取引口座開設」から口座タイプやボーナスなどを選択するだけ。すでに住所の入力や身分証明書などの提出は完了していますので、これらは不要です。

ちなみに100%スーパーチャージボーナスは一度きりのボーナスとなるため、一度プレミアム口座で選択している場合、追加口座では選択できませんので、その点は注意しましょう。

まとめ

今回の記事では、HotForexの口座開設手順について、口座開設フォームの入力方法、入金・出金方法を徹底解説しました。HotForexの口座開設を検討されている方は、5種類の口座タイプからご自身の取引形態にあった口座を開設し、より多くの利益獲得を目指していきましょう。

HotForexの口座開設はこちら

 

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数7550名
有効回答数4932名
調査の期間2019年11月15日〜2020年1月15日
HotForex
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました