おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

AnzoCapitalの口座開設方法を徹底解説!口座タイプの比較や入金&出金手段、複数口座の開設手順も解説

その他

最大レバレッジが500倍かつ追証なしで完全NDD方式採用、さらに無料の情報コンテンツが充実しているなど、初心者から上級者まで幅広いトレーダーが使いやすいサービスを提供する海外FX業者AnzoCapital。特に「RAW口座」に至っては、スプレッドが業界最狭水準ということで、様々なトレーダーから人気を集めていますね。運営歴は短いものの、ベリーズライセンス(IFSC)を取得しており、信頼性にも問題ないと言えるブローカーです。

本記事ではそんなAnzoCapitalの口座開設手順を徹底解説。口座タイプの詳細から口座開設フォームの入力、入金・出金方法まで、画像付きでどこよりも詳しく解説していきたいと思いますので、AnzoCapitalで口座開設を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

AnzoCapitalの公式サイトはこちら

AnzoCapitalの口座タイプについて

口座開設の具体的な説明に入る前に、まずはAnzoCapitalの各口座について簡単にまとめておきましょう。AnzoCapitalでは「RAW口座」と「スタンダード口座」という2種類の口座タイプが用意されており、それぞれの特徴は下の表になります。

口座タイプスタンダード口座RAW口座
レバレッジ500倍500倍
口座開設ボーナスありあり
入金ボーナスありなし
スプレッド1.07pips(平均)0.54pips(平均)
取引手数料無料往復720円/1lot = 0.72pips
最低入金額10,000円10,000円

スタンダード口座はSTP口座、RAW口座はECN口座という形ですね。RAW口座のスプレッドは他の海外FX業者として比較してもかなり優秀で、その狭さは業界最高水準。その代わり入金ボーナスが存在せず、1ロットの往復取引あたり720円の手数料が発生します。

ボーナスありで手数料を気にせず取引したい人はスタンダード口座、スプレッドを含めた取引コストの安さを重視する人はRAW口座といったように、自身のトレードスタイルや考えに最適な口座を選択するようにしましょう。ちなみにAnzoCapitalはそれぞれ1口座ずつ保有することができますので、最初にスタンダード口座を開設した後、RAW口座を開設するということも可能です。

AnzoCapital公式サイトで口座タイプの詳細を確認

参考:ボーナスについて

実際の口座開設手順の説明の前に、簡単にボーナスについてもまとめておきましょう。AnzoCapitalではスタンダード口座(STP)/RAW口座(ECN)を問わず、新規口座開設ボーナスとして5,000円が獲得できるキャンペーンを実施しています。手順・条件としては以下のような感じですね。

  1. Anzo CapitalのLINEオフィシャルアカウントをフォロー
  2. Anzo Capitalカスタマーポータルのアカウントを作成
  3. MT4ライブ口座(スタンダード口座 or RAW口座)を開設
  4. スタンダード口座の場合一度に最低20,000 円、RAW口座の場合一度に最低50,000円を入金
  5. サポート(jp.support@anzocapital.com)へボーナス受取申請をメール

さらにこの口座開設ボーナスは、条件を満たすことで現金化して出金することも可能になります。入金が条件となっているため、他の海外FX業者の口座開設ボーナスのように未入金ボーナスとはなりませんが、それでも獲得しておいて損はありませんね。口座開設を検討している人は、忘れずに申請しておきましょう。

またスタンダード口座であれば「最大50%入金ボーナス」の対象となり、下記の表のように入金額に応じてボーナスを受け取ることができます。

入金額()ボーナス()
10,000~19,900円5,000円
20,000~49,900円10,000円
50,000~99,900円25,000円
100,000~199,900円50,000円
200,000~499,900円70,000円
500,000円以上100,000円

ボーナス額は入金額に応じた段階制となっており、最大50万円の入金で10万円のボーナスが獲得できるという形ですね。

ボーナスの受け取り方法は以下の通りです。

  1. スタンダード口座で担当者より電話もしくはメールを受け取ってから7日以内に入金
  2. 入金した後、サポートへ連絡
  3. MT4のクレジット欄にてボーナスが付与される

さらに利用条件については以下の通りですね。

  1. 一度のみ利用可能
  2. 過去にほかの入金ボーナスを利用した人は利用できない
  3. 有効証拠金がボーナス額以下になったり、ボーナス保有中に出金した場合はボーナスが消滅される。

口座開設や初回の入金をする際はこのようなボーナス申請を忘れずに有効活用するようにしましょう。

AnzoCapital公式サイトでボーナスの詳細を確認

AnzoCapitalの口座開設方法

ここからは、実際に画像付きでAnzoCapitalの口座開設手続きについて、手順を追って具体的に解説していきたいと思います。

個人情報の入力

まずは、こちらをクリックするか、AnzoCapitalの公式ホームページ(https://anzocapital.com/jp/)にアクセスし、画面中央にある赤枠で囲われた「口座開設」をクリックします。

すると下のような画面が表示されます。

こちらの画面でまず、「ローマ字氏名」「日本語氏名」「Eメール」「電話番号」「パスワード」「パスワード再入力」を必ず入力し、AnzoCapitalから情報を受け取ることに同意するにチェックを入れて「送信」をクリックしてください。

次に、以下のような顧客プロフィール情報を入力する画面が表示されます。

ここでは、

  1. 「称号」
  2. 「ローマ字氏名」
  3. 「生年月日」
  4. 「国籍」
  5. 「お客様は米国市民または米国居住者ですか?」
  6. 「基本通貨」
  7. MT4タイプ」
  8. MT4レバレッジ」
  9. 「その他の連絡先」
  10. Eメール」
  11. 「電話番号」
  12. 「住所」
  13. 「郵便番号」
  14. 「都道府県/市区町村」
  15. 「国名」

の15項目を入力が必要ですね。

1.「称号」とは、「性別」のことであり、選択肢としては男性を表す「Mr.」と女性を表す「Ms.」がありますので、どちらか当てはまるものを選びましょう。

3.生年月日を入力する際は、「西暦-月-日」の順で入力してください。例えば「1985年5月14日」であれば「1985-05-14」という入力ですね。

5.「お客様は米国市民または米国居住者ですか?」というのは簡単に言えばアメリカに住んでいるかどうかを聞いている内容なので、日本に居住していれば「いいえ」を選んでください。

6.基本通貨についてですが、選択肢に「JPY」と「US Dollar」があります。これは日本在住の方であれば日本円を表す「JPY」を選択しましょう。

7.MT4タイプとは口座タイプのことですので、「スタンダード口座」もしくは「RAW口座」のどちらかを選んでください。

8.レバレッジに関しては、「10倍」「25倍」「50倍」「100倍」「200倍」「300倍」「400倍」「500倍」から選べますが、後から変更することも可能ですので500倍を選んでおけば問題ありません。

12.「住所」14「都道府県/市区町村」などを入力する際は、日本語ではなくローマ字入力かつ英米式での入力になります。例えば下記のような感じですね。

  • 住所:(例)Akasaka 1-2-3
  • 郵便番号:(例)1113333
  • 都道府県/市区町村:(例)Tokyo-ku,Tokyo
  • 国名:(例)Japan

住所の英語表記がわからない場合は、下記のような住所翻訳サイトを使えば変換してくれます。

エキサイト翻訳
エキサイト翻訳の住所翻訳サービスは、住所を多国語へ翻訳が可能な無料翻訳サービスです。

入力が完了すると、最終確認画面が表示されるので今まで入力したい内容に間違いがないか確認し、一番下の確認にある2つの項目にチェックを入れて「送信」をクリックしてください。

本人確認書類の提出

次に、ID認証画面が表示されますので、顔写真付きの本人確認書類の表面と裏面の写真をアップロードします。また住所確認書類として発行から3か月以内の公共料金請求書などの画像をアップロードしましょう。

本人確認書類などの書類を提出する際に有効になるものは以下の通りです。

・本人確認書類として認められるもの

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

※住基カードはマイナンバーが記載されていないため無効です。

ただし、どうしても住基カードしかない場合は、「マイナンバー通知カード」もしくは、「マイナンバーが記載された住民票の写し(3か月以内に発行)」と一緒に提出すれば本人確認書類として認められます。

・住所が記載された書類

  • 電気・ガス・水道などの公共料金請求書
  • 地方税証明書
  • 銀行の利用明細書
  • クレジットカードの請求書

※これらの書類は3か月以内のものである必要がありますので、最新のものを送るようにしてください。

それぞれファイルを選択した後「アップロード」をクリックしてください。

次に、「Eメールを認証して口座を有効化してください。」という画面が表示されます。

はじめに設定したメールアドレスにメールが届いていますので、「Eメールの認証」をクリックしましょう。

すると以下のような画面が表示されます。

この状態は審査待ちの状態になりますので、審査が無事完了するまで待ちましょう。無事審査が完了すると審査が完了した旨のメール届き、再度ログインすると以下の画面が表示されます。

このような状態になれば、無事口座開設が完了し、取引を開始することができます。

AnzoCapitalの口座開設はこちら

AnzoCapital口座への入金方法

口座開設が完了すれば、次はボーナスの獲得や取引のために入金をしなければいけませんね。ここからは口座への入金方法について詳しく解説していきます。

AnzoCapitalの各種入金方法

まず、AnzoCapitalでは下記のように様々な入金方法が用意されています。

  • WIRE RANSFER(電信送金)
  • Webmoney
  • iWallet
  • BitWallet
  • オンラインバンキング
  • Stipay

計6種類の入金方法があるので、自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

AnzoCapitalへの入金手順

入金手順は非常に簡単です。まず、トップ画面で「入金」をクリックしましょう。

すると、入金方法を選択する画面が表示されますので、自身の最適な入金方法を選択してください。ここでは、「オンラインバンキング」を例にします。

すると、入金画面が表示されますので、「入金先」「入金額」「換算金額」を選択、入力して「送信」をクリック。

次に「国内銀行送金で入金」画面が表示されますので、自身のオンラインバンキングにログインしてAnzoCapitalが指定する口座に15分以内に入金手続きを完了してください。

これで入金完了です。

入金が完了しボーナス獲得条件が満たされている場合は、忘れずにサポート宛にボーナス申請のメールを送るようにしましょう。

AnzoCapitalの複数口座開設手順

AnzoCapitalでは、複数の口座を所有することができます。ただし、スタンダード口座1つ、RAW口座1つのように1種類につき1口座までしか開設できませんので、その点は注意してください

追加で口座を開設する場合、まずトップ画面のライブ口座開設をクリックしましょう。

  • 「口座タイプ」
  • 「通貨」
  • 「レバレッジ」

を選択して「ライブ口座の開設」をクリックしてください。

ここで「口座タイプ」を選択する際、仮最初の申し込み時にスタンダード口座を開設していた場合はRAW口座しか選択できないようになっています。

複数の口座をもつことで、実際の取引環境を比較したり、トレードスタイルに合わせて使い分けることも可能ですので、気になる場合は追加口座を開設しておきましょう。

まとめ

AnzoCapitalは資産管理方法として、海外FX業者では珍しく完全信託保全を採用するなど、信頼性と安全性が高いブローカーです。さらに狭スプレッドな取引環境を実現しながらボーナスも獲得できるという、非常に珍しい特徴もあり、一度利用してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

利用を検討している人は本記事を参考にぜひ口座開設をして、その取引環境を体験してみてくださいね。

AnzoCapitalの口座開設はこちら

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8156名
有効回答数6214名
調査の期間2020年1月15日〜2020年4月15日
その他
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました