おすすめ海外FX業者社15社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

XMポイント(XMP)が貯まるXMロイヤルティプログラムを解説!確認や活用の方法、リセット条件まで網羅

XM

海外FX業者の中でも豊富な運営実績を誇り、人気ナンバーワンに君臨しているXM。その人気の理由のひとつが、口座開設時や入金時に獲得できる豪華なボーナスキャンペーンですね。しかし、これらは主に新規顧客や入金者を対象としたボーナスのため、既存利用者にとってのメリットは薄いと言えるでしょう。

そんな中、XMでは既存トレーダーへの還元であるキャッシュバックにも力を入れています。このXMのキャッシュバックは、XMロイヤルティプログラムと呼ばれ、取引ロットごとにポイント(XMポイント)が自動的に貯まるという仕組み。貯まったXMポイントはいつでも証拠金や現金に交換することが出来るので、XMでトレードするならぜひ活用したいですね。

そこで本記事では、そんなXMポイントの貯め方や、効率の良い交換方法、さらに注意すべきポイントとして消滅条件などを詳しく解説していきたいと思います。

XMロイヤルティプログラムの概要

XMのロイヤルティプログラムは、スタンダード口座とマイクロ口座を保有しているすべての顧客を対象とした、キャッシュバックプログラムです。ロイヤルティプログラムの参加にあたっては、特別な申請や登録は必要ありません。対象口座を開設して、最初のトレードを決済した時からロイヤルティプログラムは開始され、トレードをするたびに、自動的にXMポイントが貯まっていきます。

また、XMロイヤルティプログラムには上限や期限がありません。海外FX業者によってはキャッシュバック額や期間に制限を設けている場合がありますが、トレードすれば無限にポイントを獲得できるのは、さすがのXMという感じですね。ただし、ECN口座にあたるXM Zero口座だけはロイヤルティプログラムの対象外。口座を開設する時には、その点は注意しましょう。
XM公式サイトでボーナスの詳細を確認

XMポイントの貯め方

XMポイントは対象口座でトレードをするだけで自動的に貯まるので、トレーダーにとってはとても分かりやすいシステムですね。しかし、知っておくべきルールもあります。ここからは、XMポイントの貯め方について解説していきたいと思います。

ロイヤルティステータスによって獲得効率が上がる

XMロイヤルティプログラムでは、1ロットの取引ごとに一定のXMポイントが獲得できます。ただしこの割合は全ユーザーが同じという訳ではありません。取引日数に応じたロイヤルティステータスに応じて、獲得できるポイントは変わってきます。

ロイヤルティステータスの条件と獲得ポイントの関係は以下のような感じですね。

ステータス名アップグレードに必要な取引日数獲得XMポイント
EXECUTIVE口座開設後、最初のトレードを決済した時から開始10XMP/ロット
GOLDEXECUTIVEから30日以上13XMP/ロット
DIAMONDGOLDから30日以上16XMP/ロット
ELITEDIAMONDから40日以上20XMP/ロット

※1ロット=10万通貨

新規に口座開設をしたトレーダーはまず「EXECUTIVE」というステータスからのスタート。このロイヤルティステータスでは1ロットごとに10XMポイントが獲得できます。ここから取引日数を重ねるに連れて、ステータスは段階的に上がっていくという感じですね。

あくまでもカウントされるのは取引日数のため、例えば最初のトレードから60日が経過していても、そのうち29日しかトレードをしていない場合は、GOLDにステータスがアップすることはありません。1日に1回でも取引していれば取引日数として1日にカウントされ、ポジションを翌日に持ち越した場合は、その翌日も含めて2日とカウントされるというわけですね。

およそ30日分の取引ごとにステータスは上がり、開始から100日以上取引すると一番高いステータスである「ELITE」になります。ELITEで獲得できるのは、1ロットの取引ごとに20XMポイント。ステータスが上がるごとにポイントの獲得効率が良くなるので、XMユーザーであればぜひELITEを目指したいところです。

10分以上ポジション保有して決済するとXMポイント獲得

ポジションを持てばどんな場合でもXMポイントがつくかというと、そういうわけではありません。XMポイントの獲得できるのは、10分以上ポジションを保持したトレードだけとなっています。そのため、10分未満のトレードではXMポイントは貯まらないので、スキャルピングをする場合には注意が必要ですね。

そして、決済していないポジションでもXMポイントはつきません。決済まで完了して初めてそのトレードがXMポイントの対象となることにも注意しましょう。

すべての銘柄の取引がXMポイントの対象

XMは、海外FX業者の中でも非常に多くの銘柄を扱っていることで知られています。ロイヤルティプログラムの対象も、もちろんFX通貨ペアだけではありません。貴金属やエネルギーなど、XMが提供するすべての銘柄のトレードでXMポイントが貯まります。

XMの口座開設はこちら

XMポイントの確認方法

XMでのトレードの日数が長くなると、自分のXMポイントが今どれくらい貯まっているのかはとても気になる所ですね。XMポイントの獲得状況は、会員ページにログインして確認することが出来ます。

ログイン後の会員ページのホーム画面右に「ロイヤルティポイント 現在のXMTradingポイント残高」という項目があり、ここに現在のポイント数が表示されています。

さらに詳しく見たい場合は、この項目をクリックしましょう。すると「マイ・ロイヤルティ・ステータス」のページへ移動し、現在のロイヤルティステータスやXMポイントを確認することができます。

XMポイントを交換したい場合も、このページから簡単に手続きを進めることが出来ます。

XMポイントの使い方

ここまではXMポイントの貯め方や、貯まったXMポイントの確認方法を見てきました。しかし当然のことですが、XMポイントのままではトレードに使うことはできません。ここからは、XMポイントの使い方をご説明したいと思います。

XMポイントは証拠金か現金に交換できる

XMポイントは、証拠金(クレジットボーナス)か現金に交換することが可能です。この交換を行うことで初めて、実際に使える状態になるというわけですね。ただしXMポイントと同額がボーナス、もしくは現金に交換できるわけではありません。

例えばボーナスに交換する場合、3ポイントで1ドル分のボーナスに交換できます。つまり「XMP÷3」という計算式で、実際に交換できるボーナス額がわかりますね。

例えば300XMポイントを保有している場合は、300÷3=100USDの証拠金に交換可能で、日本円口座の場合はその時のXMの為替レートから日本円に換算された金額が、口座に反映される証拠金になります。

ボーナスに交換した場合は、入金ボーナスのような通常のクレジットボーナスと同じ扱いになります。ボーナス自体は出金できず利益分のみが出金可能で、ボーナスが口座にある時に出金した場合は、出金額に応じてボーナスも消失するという、XMユーザーにとってはお馴染みの方式ですね。もちろん有効証拠金として計算されるため、ボーナスだけでの取引も可能です。

また、ステータスがDIAMOND以上になると、証拠金だけではなく直接現金にも交換できるようになります。この際の交換レートは40ポイントで1ドル。つまりXMP÷40で計算できます。

例えば400XMポイントを保有している場合、400÷40=10USDの現金に交換できるということですね。

XMポイントの効率の良い交換方法

前述の通り、XMポイントはボーナスにも現金にも交換することが可能です。しかしその交換レートは大きく異なり、ボーナスへの交換がXMポイントの3分の1だったの対して、現金に交換する場合のレートは40分の1。現金の場合は出金可能と言うメリットがあるものの、証拠金に比べると交換率はかなり低くなってしまいます。

ここで具体的な金額を例に考えていきましょう。まずステータスがELITEで1ロットの取引につき20XMPが獲得できるとします。ここで1ロットのトレードをした場合、XMポイントは20ポイントになりますね。この20ポイントをボーナスに交換する場合は6.66ドル、現金に交換する場合は0.5ドルになりますので、その交換効率はおよそ13倍の差。これはいくら現金が出金可能で自由に使えるというメリットがあっても、なかなか無視できない差と言えますね。

これを言い換えればボーナスへの交換の場合、1ロットの取引につき6.66ドル相当のキャッシュバックとも考えられます。逆に現金の場合は、1ロットの取引につき0.5ドルのキャッシュバックとなり、これはボーナスへの交換と比べてかなり見劣りますね。効率よくXMポイントを使いたい場合は、証拠金に交換する方が圧倒的に有利と言えるでしょう。

キャッシュバックはスプレッドの縮小と捉えることもできる

一般にXMのスプレッドは、他業者に比べてやや広めであると言われています。しかしXMPが取引する度にトレーダーに還元されるため、スプレッドを縮小する存在として捉える事もできますね。前述の通り、XMのボーナスキャッシュバックは最大6.66ドルと比較的大きいため、これを考慮して計算すると、実はXMのスプレッドはかなり狭くなります。

1ロットあたりのボーナスキャッシュバックが6.66ドルの場合、pips換算すれば0.66pipsとなります。これを元に実質的なスプレッドの概算を行うと以下の表のようになりますね。

通貨ペア平均スプレッドキャッシュバック相当を差し引いたスプレッド
USDJPY1.6pips0.94pips
EURUSD1.6pips0.94pips
GBPUSD2.4pips1.74pips

ドル円のスプレッドが0.94pipsというのはスプレッドの狭さで有名なTitanFXやAxiory、Tradeviewなどと同等レベルかそれ以下の狭さです。他の通貨ペアにおいてもかなりのスプレッド縮小効果があるのがわかりますね。

このようにXMポイントを考慮すれば実質的なスプレッドはかなり抑えられます。もちろん、スプレッドが直接狭くなるわけではないため、他の狭スプレッドなブローカーと全く同じ条件でトレードできるというわけではありませんが、より有利にトレードを進めるためにも、最大効率でボーナスに交換できるELITEランクを狙う価値はあると思います。

XMの口座開設はこちら

XMロイヤルティプログラム(XMポイント)の注意点

実用性も備えたXMのキャッシュバックであるロイヤルティプログラムですが、気をつけておかないとXMポイントが貯まらなかったり、場合によっては消滅してしまうことがあります。ここからは、XMロイヤルティプログラム(XMポイント)の注意点について解説したいと思います。

一定期間トレードしないとランクダウン&XMポイントのリセット

XMのロイヤルティステータスは、トレードした日数に応じてランクアップしていきます。しかし反対に、ステータスごとに特定の期間トレードしていないと、ステータスがダウンしてしまうだけでなく、貯めたポイントさえもリセットされて消滅してしまいます。

以下に、ロイヤルティステータスと失効条件をまとめてみました。

ステータス名失効条件
EXECUTIVE一番初期ランクのステータスであり、失うことはありません
GOLD30日間取引がない場合、EXECUTIVEにリセット
DIAMOND60日間取引がない場合、EXECUTIVEにリセット
ELITE100日間取引がない場合、EXECUTIVEにリセット

このように最上級のステータスであるELITEであっても、一定期間トレードをしていないと、初期ランクであるEXECUTIVEまで一気にダウンしてしまいます。こうなるとせっかく上げたステータスどころかXMポイントまで失ってしまうことになり、非常に勿体無いですね。

しかし、他のFX業者の口座でもトレードしていると、ついうっかりXMでのトレードを休みがちになってしまうということもあるでしょう。そういう場合のために、会員ページ内の現在のステータス状況やXMポイント残高を確認する部分には、期限が近づいてくると、あと何日で失効するということも表示されるようになっています。有効期限切れでXMポイントを失わないよう、最低限定期的にXM公式サイトは確認するようにしましょう。

ただしこれはあくまでも、ポイントの失効期限の確認にしかなりませんので、今後一切XMを利用しないということでなければ、定期的にトレードして期限切れになるのを防ぐようにしてください。

XM Zero口座は、ロイヤルティプログラム対象外

XMには、「スタンダード」「マイクロ」「XM Zero」という3つの口座タイプがありますが、ロイヤルティプログラムの対象になっているのは、「スタンダード」と「マイクロ」の2種類の口座タイプだけです。XM Zero口座は、スプレッドの狭さに特化したECN方式の口座タイプであり、XMポイントだけではなく入金ボーナスも対象外。XMポイントを貯めたい場合は、XM Zero口座は避けるようにしましょう。

マイクロ口座は、獲得ポイントも100分の1

口座タイプによるXMポイントの違いは、ロイヤルティプログラム対象のスタンダード口座とマイクロ口座の間にもあります。スタンダード口座では「1ロット=10万通貨」。それに対してマイクロ口座は「1ロット=1,000通貨」です。マイクロ口座はスタンダード口座の100分の1の取引量のため、1ロットごとに獲得できるXMポイントも100分の1になります。

各海外FX業者のキャッシュバックとの比較

最後に参考として、XMと同じくキャッシュバックを実施している各海外FX業者のキャンペーン内容を比較しておきたいと思います。まとめると以下の表のような感じになりますね。

XM

1ロットの往復取引につき、最大で6.6USDの証拠金、または出金可能な0.5USドルの現金に交換可能
ステータスによりキャッシュバック率が変化

FBS

1ロットの往復取引につき、最大15USドルの出金可能な現金(月間最大570ドル)をキャッシュバック
キャッシュバックの割合は、口座タイプや取引通貨ペアにより変化
主要な通貨ペアは小さく、取引量の少ない通貨ペアは大きく設定(例えばUSDJPYの取引であれば2USドル)

HotForex

8,000ドルを上限として1ロットの往復取引につき、出金可能な2USドルのキャッシュバック
取引量に応じてポイントが獲得でき、現金や商品、HotForex提供のサービスに交換できるロイヤリティプログラム

TradersTrust

1日の取引量に応じて段階的なキャッシュバック
最低10ロットの取引で5ドル、最大1000ロット以上の取引で2000ドルのキャッシュバック

iForex

口座残高に応じた3%利息キャッシュバック
入金額の40%〜100%のキャッシュバック

上記の通り、各業者それぞれに特色のあるキャッシュバックキャンペーンを提供しています。XMは、出金可能な現金へ交換した場合、他業者よりもキャッシュバック額が少なくなってしまいますが、ボーナスに交換した場合はかなり換金率が良いですね。

最大15ドルというかなり豪華なキャッシュバックを設定しているFBSと比較しても、USDJPYのようなメジャー通貨においてはXMが6.6ドルと一定のキャッシュバック額なのに対して、FBSでは2ドルとかなり低くなってしまいます。(もちろん出金可能な現金キャッシュバックというメリットがFBSには存在しますが)

XMのポイントは難しい獲得条件や上限も設定されておらず、かなり使い勝手の良いキャッシュバックと言えると思います。

まとめ

XMロイヤルティプログラムでは、貯まったXMポイントを証拠金か現金のどちらかに交換できるという点で、他業者と大きく違う特徴があります。証拠金に交換する場合は、1ロットの往復トレードあたり最大で6.6USDの還元となり、これはかなり大きなメリットと言えますね。

また、ポイントの獲得効率はロイヤルティステータスによって決まりますが、ステータスを上げる方法が取引ロット数ではなく、日数で決まるというのも大きなポイント。取引回数や取引数量が少ない初心者トレーダーでも、ステータスが上がるように配慮されています。

パワフルな入金ボーナスの陰に隠れて忘れられることもあるロイヤルティプログラムですが、スプレッドの縮小効果があるなど、XM利用者にとっては非常にメリットがある制度ですので、忘れずに活用するようにしましょう。

XMの口座開設はこちら

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社TKZ
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数7550名
有効回答数4932名
調査の期間2019年11月15日〜2020年1月15日
XM
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました