おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

海外FXが稼げる理由を徹底解説!ハイレバ利用と適切な資金管理により小リスクで大きく稼ぐ方法を紹介

海外FXの使い方

FXとひと言に言っても、国内FXと海外FXでは、サービスや口座スペックに大きな違いがあります。どちらにも長所と短所があり完璧なサービスは存在しませんが、それでも「少ない資金から大きく稼げる可能性」と言う点では、海外FXに軍配が上がるでしょう。

海外FXには国内FXにはない特徴がいくつかあり、例えば国内の25倍をゆうに超える高いレバレッジ設定もそのひとつですね。他にも高額な入金ボーナスやゼロカットもあり、それらの特徴をうまく利用することで、海外FXでは稼ぎやすい環境を作ることが可能です。

そこで本記事では、海外FXが稼ぎやすい理由、そしてリスクを抑えつつ大きく稼ぐためのハイレバレッジを利用した稼げる手法を紹介したいと思います。

海外FXが稼ぎやすい理由

海外FXが国内FXと比べて稼ぎやすいと言われるのには、いくつかの理由があります。まずはその理由を、簡単に説明しておきたいと思います。

高額ボーナスの提供

海外FXと言えば、ボーナスキャンペーンの豊富さを思い浮かべる人も多いでしょう。国内FXにもキャンペーン展開がありますが、海外FXでは十万円、百万円単位の高額ボーナスも珍しくないため、有利の度合いは比較になりません。ボーナスはそのまま証拠金として利用することができますが、証拠金が大きい方が稼ぎやすいことは明白ですね。

レバレッジ設定が高い

海外FXの最大の特徴は、レバレッジの高さにあります。国内FXの個人口座の最大レバレッジが25倍なのに対して、海外FXでは500倍程度は普通で、中には3000倍や5000倍といった桁外れのハイレバレッジが設定できる口座もあります。ハイレバレッジでトレードすることにはリスクも伴いますが、短期間で大きく稼ぐには、海外FXの方が圧倒的に有利と言えるでしょう。

ゼロカットで追証がない

国内FXにあって海外FXにないもの、それは追証です。海外FXでは「ゼロカット」と言う、マイナス分を業者が負担する仕組みがあるので、万一の価格に急変動があった場合も、ユーザーが大きな負債を抱える心配がありません。

ゼロカットの場合は、「稼ぎやすい」と言うよりも、「負けにくい」と言う方が合っているかも知れませんね。ゼロカットがある海外FX業者を使っている限りは、入金額以上の損失が発生することはありません。

ボーナスとポイントを利用して稼ぐ

まずは、海外FXならではの口座開設ボーナスや入金ボーナス、そしてトレードをするたびに貯まるポイントなどを利用した稼ぎ方について見ていきましょう。

多くの場合、ボーナス自体は出金できませんが、稼いだ利益は出金可能です。ボーナスをもらってゆっくり増やしていく方法もありますが、「たとえ負けても損失は半分、勝ったら倍以上の利益が上がる」と割り切って攻める方法もあるでしょう。

口座開設ボーナスを利用すれば、入金せずにトレード可能

口座開設ボーナスとは、新規で口座を開設した時に、入金をせずにもらえるボーナス(未入金ボーナス)のことです。比較的多くの海外FX業者が実施しているキャンペーンであり、XMGemForexFBSといった人気ブローカーも提供していることで知られていますね。

口座開設ボーナスの最大の特徴は、もし全額失ってもユーザーとしては実際の損失がでないこと。コツコツ稼ぐのも良し、ハイレバレッジで攻めるのも良し、色々な使い方が考えられます。

入金ボーナスを使えば、入金額以上の証拠金でトレードできる

入金ボーナスも、多くの海外FX業者が提供しているキャンペーンです。業者によりボーナスの上限は異なりますが、割合としては入金額に対して100%ということが多いですね。

100%入金ボーナスの場合、入金額と同額のボーナスが入金時に口座に反映されます。1万円を入金したら、1万円のボーナスがついて、合計2万円からのスタートになる、と言うことですね。

レバレッジを生かして稼ぐ場合は、一度に入金する金額を少なくして、回数を増やした方が効率的と言えるでしょう。例えば、XMの100%入金ボーナスは上限が500ドル相当額ですが、ボーナス残高までは入金のたびに受け取れる仕組みになっています。5千円を入金し、ボーナスを加えた1万円からスタートする、と言う状態を作るのであれば、約10回の挑戦回数がある、と言うことになりますね。

海外FXのレバレッジを使えば、倍々で資金を増やすことも可能なので、損失を限定して大きな利益を狙うことができます。

貯まったポイントだけで、ノーリスク口座を作る裏技

人気海外FX業者のXMにはロイヤルティプログラムと言うものがあり、トレードのたびに貯まるポイントを、自由なタイミングでボーナスや現金に交換することができます。

XMでは1つの口座から追加口座を最大7個まで作れるのですが、追加して作った空の口座に、ボーナスだけを交換することも可能です。こうして作ったボーナスだけのノーリスク口座のメリットは、何と言っても負けても損失がないこと。メイン口座ではコツコツトレードをし、貯まったポイントを交換したボーナスだけの口座はハイレバで攻める。こうすることで、資金を増やすスピードを速くすることができます。

ハイレバレッジと資金管理で稼ぐ

海外FXと言えば、レバレッジの高さが特徴であり魅力です。ここからは、レバレッジの基本的な考え方から、ハイレバレッジと資金管理を使った稼ぎ方を解説していきたいと思います。

レバレッジについて

レバレッジの意味

レバレッジと言うと、リスクが高い、怖いもの、と言うイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。国内FXのサイトなどを見ると、必ずと言っていいほどハイレバレッジな海外FXはリスクが高く危険という扱いをされていますし、レバレッジについて不安を感じるのも無理はありません。

しかしレバレッジの大小が、トレード結果の損益の大小に直接は関係することはありません。レバレッジが何倍であろうと、同じ1万通貨でトレードしたなら、得られる損益は同じ。レバレッジが大きい方が利益や損失が大きくなる、と言うような直接的な働き方はしない、と言うことですね。

もともとレバレッジとは「テコの原理」の意味。少ない力で大きなものを動かせるテコですが、トレードにおいては、「大きなもの=取引ロット数」となり、レバレッジが大きくなると、それだけ証拠金に対して大きなロットを動かせるようになる、というだけです。

最大レバレッジと実効レバレッジの違い

レバレッジには、最大レバレッジ(口座レバレッジ)と実効レバレッジの2種類があります。

最大レバレッジ(口座レバレッジ)とは、その口座で扱えるレバレッジの上限ですね。国内FXの個人口座の場合は25倍と決められていますし、海外FX最大手のXMでは、スタンダード口座等で888倍のレバレッジを提供しています。

それに対して実効レバレッジとは、ポジションを持った際に、口座にある証拠金に対して、そのポジションが占める割合によってその都度変化していきます。もちろん、実効レバレッジが、最大レバレッジを上回ることはありません。

ハイレバレッジな海外FX口座であっても、取引ロット数の調整で、実効レバレッジはコントロールすることができます。証拠金に対して適切なロット数のポジションなら、リスクを抑えたトレードが可能であり、ハイレバレッジ自体に危険があるわけではないのです。

ハイレバレッジのメリットとデメリット

レバレッジの高さと取引における損益の大きさに直接的な関係はない、と上では説明しました。では実際のトレードにおけるハイレバレッジのメリットは何かと言えば、大きくは下記の2つになります。

  • 1万円以下程度の少額入金でもトレードができる
  • 証拠金に対して取れるロット数の幅が広がる

同じロット数の取引でも、レバレッジが高ければ高いほど必要証拠金は少なくなります。例えば国内FXと海外FXでは、同じ1万通貨のポジションを持つ場合でも以下のように必要証拠金がことなりますね。

1万通貨のポジションを持つ際の必要証拠金
国内FX(レバレッジ25倍)4万円
海外FX(レバレッジ500倍)2,000円

これはあくまで概算なので、実際のトレードでそのまま使える数値ではありませんが、ハイレバレッジの海外FXでは、口座に入れる資金が少額でもトレードできることが分かりますね。

また、証拠金に対して取れるロット数も、ハイレバレッジの場合は選択肢が広がります。以下は同じ10万円の証拠金がある場合の、取り得るロット数の概算値です。

証拠金10万円で取り得るロット数の幅
国内FX(レバレッジ25倍)1,000通貨〜2.5万通貨の範囲で取引可能
海外FX(レバレッジ500倍)1,000通貨〜50万通貨の範囲で取引可能

同じ証拠金であっても、海外FXの方がロット設定の選択肢が広いことがわかりますね。つまりレバレッジが高ければ、それだけ資金効率が良く柔軟な取引ができるというわけですね。これらのメリットは、上手に使うことでトレーダーにとって大きな武器になると言えるでしょう。

一方デメリットは、上の表にある通り、証拠金に対して大きいロットでもトレードできてしまうことです。損切りにあった後で、かっとなってロットをあげて取り返しに行ってしまう、などの危険な行為をしていると、いとも簡単に相場から退場させられることになります。

証拠金維持率から実効レバレッジとリスクの高さを確認する

上であげたようなデメリットや危険性を回避するためには、現在の保有ポジションの実効レバレッジやリスクを把握しておくことが重要です。そこで役立つのがMT4のターミナル等で表示される「証拠金維持率」ですね。

数字が大きいほど実効レバレッジが低くローリスク、小さいほど実効レバレッジが高くハイリスクな状態になりますが、おおまかな目安は以下の通りです。

証拠金維持率レバレッジの状態
500%以上安全圏とされる数値です。500%は1つの目安でしかないので、コツコツとゆっくり増やす場合は、より高い証拠金維持率の範囲でトレードすると良いでしょう。
500%未満〜101%以上実効レバレッジが高めでややリスクが高い状態です。数字が小さいほど、実効レバレッジは大きくなります。リスクを把握しているトレーダーだけが、挑戦するようにしましょう。
100%以下実効レバレッジが大きくロスカットの危険が高い状態です。FX業者によっては、証拠金維持率が100%以下になる新規ポジションは持てない場合もあります。

実効レバレッジが大きければ大きいほど、リスクはどうしても高くなります。そのためそのリスクをしっかりと把握した上でトレードすることが、特にハイレバレッジ取引が可能な海外FXでは重要と言えるでしょう。

適切な取引ロット数を計算し、リスク対策をする

感情的にトレードをしていては、ハイレバレッジが味方になるどころか、あっという間にお金を失うリスクが高くなってしまいますね。それを防ぎつつ海外FXのハイレバレッジを活かすには、取引ロットや資金の管理が非常に重要です。

そこで現在の証拠金に対して、最適な取引ロット数がどれくらいかを知る必要がありますが、それは許容できるリスクを設定した上で、例えば下記のような簡単な計算式から求めることもできます。

取引ロット数=投資資金×許容リスク÷損切り幅÷1,000

投資資金は基本的には口座にある証拠金のことですね。許容リスクは証拠金の何割までを失って良い金額にするか、と言うことです。一般に一度のトレードで損切りできる金額は、全投資資金の2%〜5%と言われていますね。そして損切り幅はそのトレードでの損切り幅(pips)です。

例えば、資金が1万円、許容できるリスクを5%、損切り幅を20pipsと設定した場合の取引ロット数は、以下のように計算できます。

10,000×0.05÷20pips÷1,000=0.025ロット(0.03ロット)

上記の設定であれば、0.03ロット(3千通貨)くらいが、安全にトレードできる適切な取引ロット数であることがわかりますね。

複利運用で、利益と損失をコントロールする

複利運用は、最初は小さくても後からどんどん効果を発揮するため、投資を行う上で必須とも言える資金管理方法です。トレードの場合の基本的な考え方は、利益が出たらその利益も含めた証拠金に対してロットを少しずつ上げていく、と言う形になりますね。

しかし複利が効果を発揮するのは、増やす場合だけではありません。お金が減ってしまった場合でも有効です。

もしトレードで負けて資金が少し減ったら、それに合わせてロットを少し下げましょう。資金が減っているのにロットを下げなかったり、反対にロットを上げてしまっては、逆複利効果でお金を失うスピードを早めてしまいます。

リスクを抑えて資金を増やす「ハイレバ・ユニット法」

最後に、ここまで順番にお伝えしてきた、海外FXのハイレバレッジ、取引ロットの設定方法、そして複利運用を使った、リスクを抑えて資金を増やす資金管理方法を紹介したいと思います。

「海外FXなら〇万円が〇連勝で〇〇万円に!」のようなお話は目にしたことがあると思いますが、実際には以下のような2つの理由から達成は困難と言えるでしょう。

  • 相手が相場である以上、どんな優秀なトレーダーでも連勝を続けられるとは限らない。
  • 一般的な金銭感覚の持ち主なら、ある程度の利益が出た時点で、満足してやめてしまう。もしくは、急激に大きくなる取引ロットが怖くなり、途中でやめてしまう。

今回紹介する「ハイレバ・ユニット法」は、上記の課題をできるだけ克服し、海外FXのハイレバレッジを活用した、リスク分散型の資金管理方法になります。

今回はわかりやすく説明するために、1回のトレードでの利益目標は、証拠金を倍にすることとします。

まずは、証拠金は1万円から始めることにしましょう。

開始10,000円
1勝目20,000円
2勝目40,000円

2連勝まできたら、この時点での証拠金を2分割し、それぞれを1ユニットとします。

ユニットAB
開始20,000円20,000円
1勝目40,000円40,000円
2勝目80,000円80,000円

それぞれのユニットで2連勝まできたら、この時点での証拠金の合計を4分割し、それぞれを1ユニットとします。もしも敗退したユニットがあれば、それを除いて計算し、次の段階に進みます。

ユニットA-1A-2B-1B-2
開始40,000円40,000円40,000円40,000円
1勝目80,000円80,000円80,000円80,000円
2勝目160,000円160,000円160,000円160,000円

今回は一例ですが、このようにユニットを増やしつつリスクを分散し、少しずつロットを上げていくのが「ハイレバ・ユニット法」です。

一度のトレードで損切りになっても良い金額は、全投資資金の2%〜5%まで、と言う話をしましたが、それよりもかけるリスクを少し上げて稼ぐ効率を良くしたい時には、こうした資金管理方法も面白いのではないでしょうか。

まとめ

今回は、海外FXが持つ2つの特徴である、ボーナスキャンペーンとハイレバレッジから、基本的なトレード戦略について考えてきました。

ボーナスを活用して証拠金を増やすことは、稼ぎやすさに直結します。また海外FXのハイレバレッジでは、非常に資金効率良くロット調整ができ、ボーナスと組み合わせれば、さらに稼ぎ方の幅は広がるとう言えるでしょう。

ただしハイレバレッジは、メリットであると同時に、リスク管理を怠ると急速に資金を失ってしまう危険も含んでいます。その点にだけはくれぐれも注意し、対策を考えながらトレード戦略を立てるようにしましょう。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8156名
有効回答数6214名
調査の期間2020年1月15日〜2020年4月15日
海外FXの使い方
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました