おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

海外FX業者FBSでのスキャルピングについて徹底解説!メリットやルール、注意点について総まとめ

FBS

最大3,000倍という海外FXの中でも群を抜いて高いハイレバレッジ取引や、低スプレッドな取引環境、豪華ボーナスなどで人気の海外FX業者FBS。設立は2009年、IFSC国際金融サービス委員会の認可を受けて運営しており、過去の業界受賞歴も多数ある大手優良ブローカーのひとつですね。実際に当サイトのアンケート調査結果などを含めて多角的に分析した海外FX業者総合ランキングでも3位に輝いており、トレーダーから高評価を得ている海外FXブローカーです。

そんなFBSでスキャルピングをする場合、注目したい口座タイプはECN口座とスタンダード口座の2つでしょう。特にECN口座は、スプレッドと取引手数料ともに他社と比べても低い水準であり、取引コストを重視するトレーダーには最適と言えます。またスタンダード口座でも、通貨ペアによっては最低スプレッドが1pips未満のものもあるため、こちらも取引手数料が気になるトレーダーにはおすすめですね。

そこで本記事では、FBSのECN口座とスタンダード口座におけるスキャルピングについて、メリットや知っておきたい注意点を詳しく説明していきたいと思います。

FBSのスキャルピングルール

スキャルピングは業者によって対応が別れる取引方法です。事実上禁止としているところもあれば、禁止はしないまでも制限を設けているところもありますね。

FBSはスキャルピング可能な業者であり、さらに取引の際の制限もあまりありません。裁量トレードはもちろん、EAを利用した自動売買でもスキャルピングは可能です。

FBSは、他口座間の両建てのような一般的なルール違反をしない限り、ロット数や取引回数を気にせずにスキャルピングを行える業者になります。

FBS公式サイトで取引ルールを確認

ECN口座でスキャルピングするメリット

FBSでスキャルピングを行う際に、メイン口座としてまず検討すべきなのはECN口座と言えるでしょう。ECN口座はその名前の通りECN方式による取引となるため、低スプレッドと高い約定力が期待できます。しかし同時に、スプレッド以外のコストとして取引手数料が必要になる点や、本口座タイプの仕様として、最低初回入金額が1,000ドルと言う点は考慮しておく必要がありますね。

まずはFBSのECN口座でスキャルピングするメリットを確認していきましょう。

取引コスト(取引手数料/スプレッド)が少ない

FBSのECN口座のメリットとしてまず挙げられるのが、取引コストの少なさですね。

ECN口座の場合、スプレッド以外にも別途取引手数料が発生するため、総取引コストは【スプレッド+取引手数料】で考える必要があります。FBSのECN口座の取引手数料は、オープンとクローズの往復取引の合計で1ロットあたり6ドルとなっており、取引手数料としてはかなり少なめと言えるでしょう。

そして、ECN口座の魅力として挙げられるのがスプレッドの狭さです。FBSのECN口座におけるメジャー通貨ペアのスプレッド一覧をまとめると以下のようになりますね。(単位はpips)

通貨ペアスプレッド
(括弧内は取引手数料を含めた総スプレッド幅)
EURUSD-0.1(0.5)
GBPUSD0.5(1.1)
USDJPY0.3(0.9)
AUDUSD0.3(0.9)
USDCAD0.6(1.2)
USDCHF0.5(1.1)

特にユーロドルのスプレッド幅は最小で-0.1pipsとなっており、抜群に狭いですね。他の通貨ペアでも偏りなく狭いスプレッドになっています。

主要他業者との取引コスト比較

複数のブローカーからECN口座を選ぶときには、各社の取引コストの違いにも注目したいところです。続いて、FBSと他業者との取引手数料とスプレッドを比較してみましょう。

取引手数料はECN口座を提供する業者ごとに様々ですが、FBSは中でも低い部類に入ります。以下は、FBSと主要業社での取引手数料の比較です。

FBS
XM
TitanFX
Axiory
HotForex
往復取引手数料6ドル10ドル7ドル6ドル
メジャー通貨ペアは6ドル、それ以外の通貨ペアは8ドル

取引手数料は取引のたびに発生するため、取引回数が多くなりがちなスキャルピングでは、1回ごとの手数料の安さも重要な要素と言えるでしょう。FBSの取引手数料は往復で6ドルとなっており、他業者と比較しても最も低い水準となっていますね。

続いて、スプレッドを比較してみましょう。そもそも一般的にECN口座はスプレッドが狭い口座タイプになりますが、FBSは主要業者の中でも特にスプレッドが狭いブローカーの1社になります。(単位はpips。括弧内は取引手数料を含めた総スプレッド幅)

FBS
XM
Axiory
TitanFX
HotForex
EURUSD-0.1(0.5)0.1(1.1)0.3(0.9)0.2(0.9)0.1(0.6)
GBPUSD0.5(1.1)0.3(1.3)0.5(1.1)0.57(1.27)0.3(0.9)
USDJPY0.3(0.9)0.1(1.1)0.3(0.9)0.33(1.03)0.2(0.8)
AUDUSD0.3(0.9)0.4(1.4)0.6(1.2)0.52(1.22)0.3(0.9)
USDCAD0.6(1.2)0.5(1.5)0.8(1.4)0.55(1.25)0.5(1.1)
USDCHF0.5(1.1)0.4(1.4)0.4(1.0)0.92(1.62)0.3(0.9)

主要5社のECN口座を比較してみても、FBSのスプレッドは狭い部類に入ると言えますね。

ECN取引による高い約定力

取引回数が多くなりがちなスキャルピングでは、約定力も非常に重要な要素のひとつ。FBSは公称値として、95%以上の注文が0.4秒以内に約定としており、この点も安心できるポイントでしょう。またFBSのすべての口座タイプはNDD方式であり、市場価格で実行されるため、取引の仕組み上リクオートや約定拒否は起こらない(起こりにくい)ようになっています。

ただし、FBSに限らずNDD方式の海外FX業者では、市場の流動性が低い時間帯や大きなボラティリティが出ているタイミングでは、スリッページ(注文した価格では約定できず、別の価格で約定すること)が起きる可能がある点は注意しましょう。

最大500ロットの高額取引が可能

FBSのECN口座は取引ロット数においても制限が少なく、最大500ロット(5,000万通貨)での取引に対応しています。実際にここまでの大ロットで取引する機会は少ないと思いますが、FBSの注文処理能力の高さを示す口座スペックとして捉えることができますね。スキャルピングを行う際に取引ロット数をほとんど気にする必要がないのは、大きなメリットでしょう。

FBSのECN口座の開設はこちら

FBSのスタンダード口座でスキャルピングするメリット

スキャルピングと言えば、スプレッドが狭いECN口座タイプで行われるのが一般的です。しかしFBSのECN口座は、最低入金額が1,000ドルなどの仕様があり、参加には少々ハードルが高いかもしれません。

ここで注目してみたいのが、FBSのスタンダード口座。FBSではスタンダード口座でも比較的スプレッドが狭く、スキャルピング初心者でも挑戦しやすい環境が提供されています。

ここからは、FBSのスタンダード口座でスキャルピングするメリットについて見ていきましょう。

スプレッドは意外と狭く、ユーロドルで最低0.8pips。

FBSのスプレッドの狭さはECN口座だけではありません。スタンダード口座でも比較的狭いスプレッドが提供されています。主要通貨ペアのスプレッド(pips)は以下のような値ですね。

最低スプレッド平均スプレッド
USDJPY1.02.0
EURUSD0.81.1
GBPUSD0.70.9
AUDUSD0.60.8

スタンダード口座は、ECN口座のように別途取引手数はかかりません。そのため上記のスプレッドのみが取引におけるコストとなります。

実際にスプレッドを見てみるとドル円はそれほど狭くはありませんが、ユーロドルやポンドドルでは1pips未満の最低スプレッドを提供していますね。さらに豪ドル/米ドルでは、スタンダード口座でも最低スプレッドは0.6pipsと言う狭さです。

スプレッドの狭い通貨ペアに絞れば、利用ハードルが低いスタンダード口座でのスキャルピングもありと言えるでしょう。

キャッシュバック利用で、さらに取引コストを縮小可能

ECN口座にはないスタンダード口座のメリットとしては、キャッシュバックキャンペーンの利用が可能、と言うことが挙げられます。

FBSのキャッシュバックでは、1ロットの取引あたり2ドル〜15ドルというもの。キャッシュバック額は通貨ペアによって異なり、主要な通貨ペアでは2ドル、そして取引量が少ない通貨ペアほどキャッシュバック額は多くなるシステムです。キャッシュバックは、ボーナスではなく出金可能な現金として口座に反映されるため、これは実質的な取引コストの還元と考えることもできますね。

1ロットあたり2ドルの還元ということは、pipsに換算するとおよそ0.2pips。先ほどはスタンダード口座でもスプレッドが狭い通貨ペアを紹介しましたが、キャッシュバックを活用することでさらに取引コストの縮小を見込むことができる点も、スタンダード口座のメリットと言えるでしょう。

レバレッジは最大3,000倍、さらに最大500ロットの取引ができる

スタンダード口座のさらなるメリットとして、FBSが提供する最大レバレッジの3,000倍を使える点があります。

レバレッジが3,000倍の場合、1万通貨のポジションを持つために最低限必要な証拠金は、単純計算でたったの333円。レバレッジを活用することで、少ない証拠金でも取引が可能になり、非常に資金効率の良い取引ができます。

さらに、スタンダード口座の最大ロット数も500ロットとなっており、ロット数の面でも制限の少ない取引ができるでしょう。

FBSスタンダード口座の開設はこちら

FBSでスキャルピングする際の注意点

ここからは、FBSでスキャルピングをする際に注意したいポイントを確認したいと思います。

口座タイプや残高上限によって、レバレッジの上限は異なる

最大3,000倍のレバレッジが魅力のFBSですが、口座タイプや口座残高によって、レバレッジの上限が異なる点には注意しましょう。例えばスタンダード口座の最大レバレッジは3,000倍ですが、ECN口座では最大レバレッジは500倍にり、さらに以下のように残高に応じたレバレッジ制限も適用されます。

上限金額適用されるレバレッジ
200ドル3,000倍
2,000ドル2,000倍
5,000ドル1,000倍
3万ドル500倍
15万ドル200倍
無制限100倍
無制限50倍

レバレッジの変更は、FBSの規定に基づいて予告なく行われます。ただし変更は24時間に1回のみ可能とし、さらに保有中のポジションがある場合は、顧客の資金を守るために変更は行われません。

ハイレバレッジのスキャルピングを行う場合は、特に口座残高には気をつけた方が良いでしょう。

ECN口座の初回入金は1,000ドル、最低取引量は0.1ロット

スキャルピングに適したECN口座ですが、初回入金額は1,000ドル以上行わなければいけません。また、最低取引量は0.1ロット(1万通貨)となっており、取引するロット設定も0.1ロット刻みとなります。

これらはFX初心者にとってはやや厳しい条件と言えるでしょう。スタンダード口座では最低100ドルの入金から取引可能で、ロット数も0.01ロットから可能なため、経験の少ないトレーダーはスタンダード口座の開設を検討した方が良いかもしれませんね。

5pips未満の取引結果では、キャッシュバックを得られない

スタンダード口座などで取引コストの縮小に有効なキャッシュバックですが、利用するためには下記のようないくつかの条件があります。

  • キャッシュバックは、口座開設した時点では有効ではなく、利用する前には会員ページの口座設定から手動で有効にしなければならない。
  • レートの表示が小数点以下4桁の通貨ペアの場合、オープンとクローズの間の価格が5pips以上ないとキャッシュバックはされない。(小数点以下5桁の銘柄では、5.9pips以上なければいけない)
  • キャッシュバックの月額上限は500ドル

特にオープンとクローズの価格差については、短い値幅を狙うスキャルピングの場合は不利な条件になるので、あらかじめ注意しましょう。

利用規約違反となるスキャルピングは行えない

スキャルピングは短い時間で行われる取引です。しかし短時間で終わるからと言って、他口座間の両建てや規約違反となる裁定取引などを行うことはできません。最悪の場合、口座を閉鎖される恐れがありますので、これらの利用規約違反となる取引は絶対に行わないようにしましょう。

FBS公式サイトで詳細を確認

まとめ

FBSでスキャルピングを行う場合、選択肢として最良と言える口座タイプはECN口座ですね。FBSのECN口座は他社のECN口座タイプと比較しても低スプレッドであり、取引手数料も低めなのが特徴です。またスタンダード口座でも、低スプレッドの通貨ペアに絞った上でキャッシュバックを考慮すれば、スキャルピング用口座として活用することも検討に値するでしょう。いずれの口座タイプでも、取引コストを重視するスキャルピングトレーダーにとって、FBSは有力な選択肢になると言えますね。

FBSの口座開設はこちら

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数10231名
有効回答数7596名
調査の期間2021年1月15日〜2021年3月15日
FBS
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました