おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

少額取引できる海外FX業者の紹介と取引単位Lot(ロット)について解説!Lotの概要・考え方から計算方法などを総まとめ

海外FXの基礎知識

FXには様々な専門用語が存在しており、Lot(ロット)もその中の一つですね。FX初心者にとって聞き慣れないこの「Lot」という言葉は、取引量や必要な証拠金を計算するうえで非常に重要な単語であり、よく理解しておく必要があります。

そこで本記事では、そんな「Lot」に関する基本的な考え方や計算方法、小Lotで少ない資金でも取引ができるおすすめの主要海外FX業者を紹介していきたいと思います。

Lotとは

Lotとは、数量を表す単位の一つ。FX取引では、一度に何千、何万、何十万という単位で通貨を取引しますが、その際にいちいち「100,000」とカウントしていては、0の数が多くなり分かりにくくなってしましますよね。

そこでLotという単位を使うことで、桁数を省略して分かりやすく表記することができます。言ってしまえば、100,000mmを0.1kmと表現するようなものですね。

ただし、Lotは業者やFX口座によって桁数が異なります。例えば、1,000mは1kmというのは世界共通の単位となっていますが、Lotは、業者によって1Lotが1,000通貨であったり1万通貨であったり、10万通貨であったりします。

自身が利用している業者や口座のLotが、通貨に換算するといくつになるのかはしっかり把握しておきましょう。

1Lotの大きさ・最小取引単位を主要海外FX業者別に比較

以下の表は、各主要海外FX業者が定める1Lotの通貨量の大きさ、一度の注文における最小取引取引数量をまとめたものです。

業者名口座名1Lotの通貨量最小取引単位(※2)
XM
マイクロ口座1,000通貨10通貨(0.01Lot)
スタンダード口座100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
XM ZERO口座10,000通貨(0.1Lot)
FBS
セント口座1,000通貨10通貨(0.01Lot)
マイクロ口座100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
スタンダード口座
ゼロスプレッド口座
ECN口座10,000通貨(0.1Lot)
iForex
スタンダート口座100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
Axiory
※1100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
TitanFX
※1100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
TradersTrust
クラシック口座100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
プロ口座
VIP口座100通貨(0.001Lot)
LandFX
スタンダード口座100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
LPボーナス口座
ECN口座10,000通貨(0.1Lot)
HotForex
※1100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
Tradeview
スタンダード口座100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
ILC口座10,000通貨(0.1Lot)
GemForex
※1100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
is6com
マイクロ口座1,000通貨50通貨(0.05Lot)
スタンダード口座100,000通貨1,000通貨(0.01Lot)
プロ口座
IFC Markets
ビギナー口座(NetTradeX)100,000通貨100通貨(0.001Lot)
スタンダード口座(NetTradeX)10,000通貨(0.1Lot)
マイクロ口座(MetaTrader4)1,000通貨(0.01Lot)
スタンダード口座(MetaTrader4)10,000通貨(0.1Lot)

※1 口座タイプが複数ある業者でも、全ての口座でLotの大きさ、最小・最大取引Lotが同じ場合、集約して表記しています。
※2 括弧内の数値は、Lot単位での取引量を表しています。

表を見ればわかるように、ほとんどの海外FX業者が一部の口座を除き1Lotを10万通貨に設定していますね。国内FXでは多くの業者が1Lotを1万通貨に設定してるため、国内FXから海外FXへの移行時には注意が必要です。

また、XMやFBS、is6omといった海外FX業者では、スタンダードな1Lot=10万通貨の他に、1Lot=1,000通貨の口座を用意しています。これらの1Lotあたりの通貨量が小さくなっている口座では、最低取引単位も小さい場合がほとんどで、資金の少ないトレーダーでも取引しやすいと言えるでしょう。

取引可能Lot数の計算方法

業者ごとの1Lotの通貨量が把握できたところで、1Lotの必要証拠金と取引可能Lot数の計算方法を確認しましょう。

まず1Lotの必要証拠金は、

「取引通貨の為替レート × 1Lotの通貨量 ÷ レバレッジ」

で求めることができます。

例えば、XMのスタンダード口座であれば最大レバレッジが888倍ですので、1ドル100円と仮定した場合、1Lotあたりの必要証拠金は以下のように計算されますね。

必要証拠金 = 100円/ドル × 100,000通貨 ÷ 888倍 = 約11,261円

1Lotあたりの必要証拠金がわかれば、口座残高から取引可能Lot数を計算することができます。これは単純に口座残高を1Lotあたりの必要証拠金で割るだけですね。

例えば上記の例では、口座残高が100万円であれば、

取引可能Lot数 = 100万円 ÷ 11,261円/Lot = 約88Lot

ということになります。(強制ロスカットなどは今回は考慮していません)

このように、取引可能Lot数は、口座残高(資金余力)に影響されることはもちろん、通貨ペアの為替レートやレバレッジ、1Lotの通貨量によって変動します。

必要証拠金の計算などについてはXMなどの主要海外FX業者で計算ツールなども用意されていますので、こちらも有効活用しましょう。

XMの証拠金計算ツールはこちら

少ない証拠金で取引できるおすすめの主要海外FX業者

XM(マイクロ口座)

当サイトの海外FX業者ランキングでも、長年トップに君臨し続けている超大手海外FX業者XM。そんなXMのマイクロ口座は、最大レバレッジ888倍・追証なし・高約定力等、スタンダード口座と変わらない高いスペックを備えながら、1Lot=1,000通貨、最小取引通貨量が10通貨と非常に小さな単位で取引することが可能です。

USDやEURと言った主要通貨の取引であれば、レバレッジをかけなかったとしても数千円から、レバレッジをかけた場合でも、計算上では数円の証拠金で取引できるため、かなり少額の資金からトレードすることができますね。

XMには口座開設するだけで3,000円がもらえる口座開設ボーナスを常時開催しているため、ボーナス資金だけでお試し取引をしてみるのも良いと思います。

XMの口座開設はこちら

FBS(セント口座)

FBSのセント口座のスペックは、最低入金額$1、最大レバレッジ1,000倍、ロスカット水準20%以下となっており、最小取引通貨量は10通貨から。XMのマイクロ口座と同様に非常に小規模の取引から始められる口座となっていますね。

FBSでは100%入金ボーナスを開催しており、口座に入金するだけで資金を2倍にすることができるため、少額資金から始めたいトレーダーにとっては、まさに相性の良い口座と言えるでしょう。更に、100%入金ボーナスで受け取ったボーナスクレジットは、取引Lot数に応じて出金することも可能です。

FBSの口座開設はこちら

is6com(マイクロ口座)

is6comのマイクロ口座は、XMのマイクロ口座やFBSのセント口座同様、1Lotあたりの通貨量が1,000通貨に設定された口座となっています。基本スペックとしては、最低入金額$1、最大レバレッジ1,000倍、証拠金維持率50%以下と、証拠金維持率は若干高いものの、取引のしやすさという観点からは申し分ない条件と言えるでしょう。

最低取引通貨量は50通貨となっており、XM、FBSの最低取引通貨量には劣るものの、業界内トップレベルの小規模取引が可能な口座ですね。また、is6comは不定期で豪華なボーナスを開催することで有名な業者でもあるので、タイミングよく取引を開始すれば、少ない資金を活かして大きな利益を得るチャンスを掴むことができるかもしれません。

is6comの口座開設はこちら

IFC Markets(ビギナー口座(NetTradeX))

IFCMarketsのNetTradeX ビギナー口座は、1Lot=100,000通貨と、海外FX業者のスタンダードなLot設定となっています。しかしながら、最低取引通貨量が100通貨(0.001Lot)と、一般的な1,000通貨(0.01Lot)よりも一桁少なく設定されており、その点では少額資金でトレードできる口座と言えるでしょう。

最低入金額も1$となっており、少ない資金から取引を始めやすいですね。10通貨や50通貨から取引ができる業者には叶わないまでも、一般的な業者と比較すると細かい単位で取引することが可能です。

IFCMarketsの口座開設はこちら

まとめ

海外FXでは一般的に、1Lot=10万通貨となっており、1Lot=1万通貨に設定されていることが多い国内FXに慣れているトレーダーは注意が必要ですね。

ただ海外FX業者によっては1Lot=1,000通貨、最小取引通貨量が10通貨という口座タイプも用意されているため、少額資金からでも取引を始めることができます。あまり取引資金を用意できないトレーダーや初心者トレーダーは、このような最小取引単位の小さい口座を利用するようにしましょう。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8156名
有効回答数6214名
調査の期間2020年1月15日〜2020年4月15日
海外FXの基礎知識
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました