おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

Axioryが2020年7月1日よりお中元ボーナスキャンペーンを開催中!出金可能なボーナス獲得のチャンス

Axiory

「スプレッドが広い」という海外FXの常識に挑戦し、「狭いスプレッド」での取引を実現している海外FX業者Axiory(アキシオリー)。その取引条件の優秀さから、特にスキャルピングなどの短期取引をメインに行うトレーダーからは、非常に厚い信頼を勝ち取っていますね。

日本でも人気の高いAxioryですが、めったにボーナスキャンペーンを行わないことでも有名。これはボーナスという形ではなく、スプレッドの狭さ=取引コストの安さで顧客に還元するという、運営側の理念と言えるでしょう。

そんなAxioryですが、7月1日より期間限定で「お中元ボーナスキャンペーン」を開始しています。前回開催されたのが「お正月ボーナスキャンペーン」でしたから、実に半年ぶりとなるキャンペーンの開催ですね。

そこで本記事では、今回Axioryが開催するお中元ボーナスの詳しい特徴や、他の海外FX業者が実施している同様のボーナスとの違いを紹介。さらに、AxioryでFX取引をするべきメリットなどについても説明をし、トレーダーにとってAxioryでボーナスを貰って取引することがいかに利点があるかを解説していきたいと思います。

Axioryのお中元ボーナスキャンペーンの概要

最大3万円の出金可能な入金ボーナス

今回開催されるAxioryのお中元ボーナスは、いわゆる入金額に応じた入金ボーナス。2020年7月1日から7月21日までに入金することで、最大3万円までの入金ボーナスが付与される仕組みとなっています。

100%の入金ボーナスのため、受け取り可能なボーナスは入金額と同額。3万円を入金したら、入金額の100%である3万円分のボーナスが貰えることになり、実質的には2倍の証拠金でFX取引ができるようになるということですね。

また今回のボーナスキャンペーンは複数回の入金にも対応し、最大で3万円に達するまで回数を分けて貰うことも可能です。例えば下記の例のように入金を3回行った場合でも、3万円まではボーナスの対象となります。

入金回数入金額付与ボーナス
1回目2万円2万円
2回目2万円1万円
3回目2万円ゼロ(3万円分の付与で終了)

ただし入金時の手数料については注意が必要。Axioryでは入金額が2万円以下の場合、手数料が1,500円かかってしまいますので、1回の入金は少なくとも2万円以上にしておきましょう。

お中元ボーナスは海外FX業者を使って初めて取引を開始するいいきっかけになりますし、別の業者を使っているトレーダーにとっては、Axioryのスプレッドの狭さを経験できるチャンスではないでしょうか。

ボーナス適用と出金までの2つのステップ

ボーナスを獲得し、さらに出金できるようになるには2つのステップが必要になりますので、こちらもしっかり確認しておきましょう。

ステップ1

まずは入金によりボーナスが付与されますが、獲得できる期間が下記のように決まっています。

  • 開始日:2020年7月1日  日本時間午前0時から
  • 終了日:2020年7月21日 日本時間午後11時59分まで

この期間内に入金処理を済ませることで、24時間以内にボーナス金額が口座に反映されるという形ですね。ボーナスを取引に利用できる有効期限は2020年12月31日までとなっています。

そしてこの段階では、ボーナスはあくまでクレジットとしての付与。ボーナスをFX取引には利用できますが、出金することはできません。出金手続きまでできるようになるには次のステップ2の条件を達成する必要があります。

ステップ2

ボーナスを出金するために必要な条件は、2020年9月30日の日本時間午後23時59分までに、Axioryで開設している全取引口座の合計ボリュームが30ロットに達成するというもの。口座の使い分けをしている人であっても、ロット数は合算で計算されるため、複数口座でクリアしても構いません。

お中元ボーナスの獲得金額や現在での取引ロット数はAxiory公式サイトからMyAxioryにログインすることで確認できます。「OCHUGEN」という欄で日々の達成状況が更新されますので、出金を考えている人は確認しておくようにしましょう。

条件である30ロットを取引した段階で、自動的に手持ちの取引口座の中で一番残高の多い金額の口座に、ボーナスクレジットが移ります。

Axiory公式サイトでお中元ボーナスキャンペーンの詳細を確認

Axioryのお中元ボーナスキャンペーンの注意点

ゼロカットの場合ボーナスは全額取り消し

まず注意が必要なのは、ゼロカットになってしまうとボーナスが消失してしまうという点。ハイリターン狙いのハイリスクトレードをしてしまうと、ゼロカットによりボーナスが消失する可能性がありますので、手堅くコツコツとトレードしていくようにしましょう。

特に証拠金が少ない状態でのハイレバレッジ取引には注意が必要ですね。ボーナスの出金まで狙う場合は、資金には十分な余裕を持ってトレードするように心がけてください。

ボーナス適用期間を見誤らない

改めておさえておきたいのが、お中元ボーナスの適用期間とボーナスの有効期限。まずボーナス獲得のためには2020年7月21日までに入金を済ませておかなくてはなりませんし、出金を狙う場合は9月30日までに30ロットの取引に達しなければなりません。

ボーナスそのものの有効期限は2020年12月31日ではあるものの、9月30日までに30ロットを達成できなければ、ボーナス自体の出金はできなくなるため注意しましょう。

入金してお中元ボーナスが付与される期間2020年7月1日〜2020年7月21日
30ロット達成の締切日2020年9月30日まで
お中元ボーナスの有効期限2020年12月31日まで

Axioryと他海外FX業者とのボーナス比較

Axioryとしては珍しい入金ボーナスですが、他の海外FX業者では常時、もしくは不定期に同様の入金ボーナスが実施されています。代表的な他業者の入金ボーナスと比較すると下記の表のようになりますね。

業者名対象者キャンペーン時期ボーナス内容ボーナスの出金可否
Axiory口座に入金したトレーダーすべて不定期最大3万円までの100%入金ボーナス30ロットの達成で出金可能
XMスタンダード口座・マイクロ口座に資金を入金したすべてのトレーダー(ZERO口座は対象外)常時開催最大$500まで100%、最大総計額$5,000(または相当額)まで20%の2段階式ボーナス不可(ボーナスを使って得た利益は出金可能)
GemForexオールインワン口座を解説していてキャンペーンに選ばれた当選者のみ不定期上限100万円までの100%ボーナス不可(ボーナスを使って得た利益は出金可能)
FBSECN口座以外に入金したトレーダー常時開催上限1万ドルまでの100%ボーナス取引Lot数×1USD分が出金可能

口座タイプの指定がある他の業者のボーナスキャンペーンに対し、Axioryは取引できるすべての口座(スタンダード口座とナノスプレッド口座)の両方がボーナスの対象となっています。XMのゼロ口座、GemForexのノースプレッド口座のように、スプレッドが狭く設定されたECN口座はボーナス対象外ということがほとんどですので、この点はAxioryのボーナスがかなり優位と言えるでしょう。

また、FBSを除いてボーナスそのもののは出金できないことがほとんどです。しかしAxioryの場合、2020年9月30日までに30ロット達成という条件付きではあるものの、これをクリアすればボーナス自体も出金が可能というのは大きなメリットと言えますね。

一方でキャンペーン開催が不定期かつ頻度が少ないことと、ボーナス金額が低い点は、他のFX業者に比べて弱い点ですね。XMのように常時ボーナスキャンペーンを開催しているわけではありませんし、上限が3万円というのは、100万円のGemForexやFBSと比べると見劣りしてしまいます。

とは言え、本来Axioryはスプレッドの狭さや約定力の高さなど、取引条件の優秀さを一番の特徴にしているブローカー。このような業者がボーナスキャンペーンを開催していること自体が珍しく、ECN口座でもボーナス対象であることなどを考えると、今回のAxioryのボーナスは総合的に見て極めて有用と言えるでしょう。

Axioryの口座開設はこちら

AxioryでFX取引をするメリット

いくらボーナスが貰えるからと言って、信頼性が低い業者や取引条件が不利な業者ではトレードをするべきではありません。ここまでAxioryのボーナスに焦点を当てて説明してきましたが、ここからはそもそもAxiory自体にトレードする価値があるか、利用しても問題がない業者かということを解説していきたいと思います。

スプレッドが狭い

まずはAxioryの口座スペックにおける基本情報ですが、他の海外FX業者と同じく、変動性のスプレッドを採用。公式サイトではリアルタイムでのスプレッドも確認できるようになっており、透明性の高さが伺えます。

口座タイプとしてはスタンダード口座とナノスプレッド口座の2種類を用意。スタンダード口座は取引手数料が無料でスプレッドがやや広めに設定されているSTP口座で、ナノスプレッド口座はスプレッドが狭い代わりに取引ごとに手数料がかかるECN口座という形ですね。

このうちECN口座は他の業者に比べてもスプレッドが狭く、取引手数料も往復で6ドル(0.6pips)と割安例えばXMのゼロ口座は往復10ドル、TitanFXの取引手数料は往復7ドルですから、AxioryのECN口座の手数料は、他業者と比較して頭一つ抜けていることがわかります。

このように狭いスプレッドに透明性の高い取引形式、手数料の安さなどを考えると、特にスキャルピング取引をするトレーダーにとっては、Axioryは有力な選択肢となるのではないでしょうか。

高機能チャートツールのcTraderが使える

AxioryではECN取引専用の取引プラットフォームcTraderが利用できます。MT4に比べるとまだまだ利用できる業者が少ないcTraderですが、ワンクリック注文やポジションの複数決済などに対応しており、非常に高機能なツール。NDD/ECN専用ということで、取引の公平性・透明性に優れており、取引制限もないことから、スキャルピングを主に行うトレーダーに非常に人気があります。

現状でcTraderが利用できるのは、Axioryの他にはFXProやTradeViewなど数えるほどしかありません。スプレッドが広いFXProやサポートがメール対応のみのTradeviewと比べると、よりスプレッドが狭く、ライブチャットでのサポートが充実していてバランスの良いAxioryの方が、使い勝手の面では軍配が上がると言えるでしょう。

完全信託保全なので安心

国内FXでは義務化されている完全信託保全による顧客資産の管理ですが、海外FX業者では滅多に採用されていません。分別管理か良くてもプラス資金保険、という業者がほとんどですね。

そんな中Axioryは完全信託保全を採用しています。すべての口座タイプの資金がドーハ銀行の分別管理保険口座に入金され、入出金額や確定運用損益、未決済の評価損益まで、限度額の上限なしで保証されるされる仕組みになっています。

顧客資金管理という面では、Axyioryの安全性は海外FX業者の中でもトップクラスに高く、安心して利用できる海外FX業者だといえますね。

日本語サポートが充実

Axioryはサポート体制もかなり充実しています。ライブチャットは月曜日から金曜日の10:30から23:30まで対応。日本語の話せるスタッフが複数人待機しているため、すぐにレスポンスが返ってきます。実際に利用した経験から言っても、本当に海外FX業者かと思うほどの対応でしたね。

自身の資金を預ける以上、やはり何かあった場合の対応や疑問点をしっかり解消してくれるかどうかという点は非常に重要です。ちょっとした質問でも丁寧に答えてくれるため、サポートに対しての信頼度も高いと言えるでしょう。

Axioryの口座開設はこちら

AxioryでFX取引をする際の注意点

ここまでAxioryで取引するメリットを解説してきましたが、いくつか注意すべき点も存在します。ここからはAxioryを利用する上での注意点を説明していきたいと思います。

2万円以下だと入金手数料がかかる

Axioryでは入金額が2万円以下の場合、一律1,500円の手数料がかかります(入金額が2万円以上であれば手数料はもちろん無料)。これは本当に低予算でFX取引を始めたいという人にとっては、少々ハードルが高いかもしれません。

他の海外FX業者と比較すると、XMでは1万円未満の国内銀行送金による入金の場合980円の手数料(それ以外の入金方法は最低入金額500円からで原則無料)、GemForexでは手数料原則無料で最低入金額100円から。これを考えると、入金手段に関わらず金額が2万円以下で一律1,500円の手数料発生というAxioryのシステムは少し高く感じますね。

とはいえ、あまりにも資金が少額すぎると、いくらハイレバレッジな海外FXであっても、余裕のない取引になったりロスカットのリスクも高くなります。本格的にトレードをするのであれば、2万円以上の入金は必ず必要になってきますので、Axioryを利用する上での大きなデメリットというわけでもありません。

口座開設にJumioという顔認証システムが必要

本人確認書類があればスピーディに開設できる他の海外FX業者とは異なり、Axioryは口座開設にJumioという顔認証システムを挟みます。Jumioでは、免許証などの書類に加えて自撮りした顔写真もアップロードする必要があるため、若干煩わしさを感じるかもしれませんね。

ただその分、不正やマネーロンダリングのような犯罪防止にしっかりと努めているとも言え、そういう意味では信頼のおける業者とも言えます。

まとめ

めったにボーナスキャンペーンをしない業者として知られてるAxioryですので、今回のお中元キャンペーンは口座開設や取引を始めるチャンスと言えるでしょう。多くのFX業者のボーナスが基本的には出金できないのに対し、Axioryの今回のボーナスは期日までに30ロット達成してしまえば残高に移行して現金化できてしまうのも魅力ですね。

海外FX業者にはそれぞれ、様々なメリット・デメリットがあり完璧な業者というのはありません。しかし、その中でもAxioryはデメリットよりもメリットのほうが多く、優良業者のひとつと言えるでしょう。実際に当サイトの各種条件やアンケート調査をもとにした海外FX業者の総合ランキングでも、Axioryは上位に位置していますね。

新規も既存のトレーダーも、期間内に入金すれば等しくボーナスが付与されるため、気になっているトレーダーはぜひこの機会にAxioryで口座開設、入金してトレードを始めてみることをおすすめします。

Axioryの口座開設はこちら

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8156名
有効回答数6214名
調査の期間2020年1月15日〜2020年4月15日
Axiory
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました