おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

bitpayの評判や特徴を解説!手数料や他の入出金手段との比較のほか対応海外FX業者も紹介

FX関連サービス

bitpayは2011年に公開された仮想通貨ウォレットサービス。秘密鍵を使った暗号化でモバイルとデスクトップ間での連携が可能となっており、送金時間の短さや手数料の安さから、注目が集まっている決済サービスのひとつですね。

いくつかの海外FX業者でも採用されており、利用できるシチュエーションも少しずつ広がってきていると言えるでしょう。そこで本記事では、そんなbitpayの概要やメリット・デメリットを解説するとともに、bitpayに対応している主要な海外FX業者を紹介していきたいと思います。

bitpayの概要

bitpayは、bitpay社が2011年に公開した、ビットコインを保管・管理するための仮想通貨ウォレットサービスの一つです。仮想通貨ウォレットサービスはその保管形態に合わせて、オンラインウォレット、モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレットの4つに大別することができますが、この中でbitpayはデスクトップウォレットに分類されますね。

ウォレットをパソコンにインストールするだけで利用することができる点や、秘密鍵を使った暗号化でモバイルとデスクトップ間での連携が可能な点、更に送金時間の短さや手数料の安さなどメリットも多く、様々な業者で利用が広がっている魅力的な仮想通貨ウォレットと言えるでしょう。

また、bitpayにはデスクトップウォレットとしての機能だけでなく、デビットカード決済機能もついており、手数料がかかることなく仮想通貨をユーロやドルに変換して銀行口座に振り込むことができます。仮想通貨ウォレットサービスでありながら法定通貨への交換機能もあることから、その利便性は非常に高いですね。

bitpayの公式サイトはこちら

海外FXにおける他の資金移動手段と比較

bitpayは、bitwalletやSticpayといったウォレットサービスと同じような資金送金の中継サービスの一種であるため、海外FX業者のような海外サービスに対しての入出金については、一般的な銀行送金やクレジットカードからの入出金とは異なります。

例えば国内銀行送金であれば、トレーダーの日本銀行口座から海外業者の日本銀行口座へ入金すれば、そのままトレーダーのFX口座へ反映されることがほとんどですが、bitpayを使う場合はいったんbitpay口座に仮想通貨を入金後、トレーダーのFX口座へ送金をしなければなりません。そのため、bitpay口座の送金と、bitpay口座からFX口座への送金の二つを考慮する必要がありますね。

それでは、海外FXにおける入出金について、他の入出金手段である国内銀行送金、海外銀行送金をはじめクレジットカードや同じオンラインウォレット決済であるbitwalletやSticpayと、bitpayによる入出金にかかる手数料と着金時間を、「海外FX業者への入出金」と「中継サービス(bitpay口座)への入出金」に分けて比較してみましょう。

【海外FX業者への入出金】

入出金手段入金出金
手数料着金速度手数料着金速度
国内銀行送金無料~数時間無料~  数時間
海外銀行送金3,000円~5,000円2~5営業日3,000円~5,000円2~5営業日
クレジットカード無料数時間無料数時間
ビットコイン無料数時間出金額の1%数時間
bitwallet無料~即時無料~即時
Sticpay無料~即時無料~即時
bitpay無料~15分無料1~5営業日

bitpay口座からFX口座の入金時においては、基本的に決済から15分以内に送金内容が反映されます。即時反映されるbitwalletやSticpay等のオンラインウォレットに比べると若干遅いですが、反映までに数時間かかる国内銀行送金やクレジットカード決済に比べれば、かなり速い部類と言えますね。

ただし、出金においては、業者によって多少の差異はありますが、最短でも1営業日はかかってしまうものと考えておいた方が良いでしょう。

手数料に関しては、入金時・出金時どちらにおいてもbitpay⇔FX口座間では発生しません。

次に同じ中継サービスであるbitwallet、Sticpay、bitpay口座への入出金時にかかる手数料と反映時間をまとめると以下の表のようになります。

【中継サービスへの入出金】

入出金手段入金出金
手数料着金速度手数料着金速度
 

bitwallet

国内銀行送金入金額の0.5%

(現在、無料

キャンペーン中)

数時間824円1~2営業日
海外銀行送金4,800円2~5営業日
クレジットカード

(Mastercard・VISA)

入金額の8.00%即時
クレジットカード

(AMEX・Diners・Discover)

入金額の8.50%即時
Sticpay国内銀行送金入金額の2.00%数時間800円+出金額の1.5%1~2営業日
海外銀行送金入金額の1.00%2~3営業日出金額の5.00%2~3営業日
クレジットカード

(Mastercard・VISA)

入金額の3.85%即時
仮想通貨入金額の1.00%即時出金額の1.00%即時
Sticpayカード出金額の1.30%即時
bitpay仮想通貨入金額の1%以下即時出金額の1%以下即時

bitpay口座への着金時間は、入金時・出金時ともに即時となっています。手数料については、レートが固定されているわけではないため変動しますが、だいたい移動資金額の1%以下となっていますね。

オンラインウォレットと比較すると、bitwalletやSticpayが銀行送金やクレジットカードに対応しているのに対してbitpayは仮想通貨に特化したサービスと言えるでしょう。手数料で考えれば他のサービスに劣ることはありませんが、利用方法の幅ではbitwalletやSticpayの方が優れていると言えますね。

bitpay公式サイトはこちら

bitpayのメリット

入金時間の短さ

上記の表1・2に記載のとおり、bitpayを利用した送金では、入金時はトレーダー仮想通貨口座からbitpay口座への送金は即時、bitpay口座からトレーダーFX口座への送金は15分以内となっており、入金反映に数時間かかる銀行送金やクレジットカード送金に比べてタイムリーな送金が可能となっています。

ただし、入金時のタイムリー性はメリットと言える一方で、出金時にはトレーダーFX口座からbitpay口座への出金に最短でも1営業日かかってしまい、国内銀行送金やクレジットカード送金に比べて時間がかかってしまうことはデメリットと言えるでしょう。

手数料の安さ

bitpayの入出金手数料は、トレーダー仮想通貨口座⇔bitpay口座間の資金移動で発生する1%未満の手数料のみとなっており、bitwalletやSticpayと比較して費用を抑えることができます。

安全性の高さ

bitpayはデスクトップウォレットのため、常にオンライン上で秘密鍵を管理するウェブウォレットのようにハッキングのリスクは少ないと言えます。利用する端末それぞれで秘密鍵を管理することができるため、万が一の端末紛失や破損によるリスクも軽減することができる点で、安全性の高いウォレットと言えますね。

様々な用途・デバイスで利用可能

bitpayはデスクトップウォレットでありながらモバイル端末にも対応。WindowsやMac、Linuxで使用することができるうえに、iPhoneやAndroidといったモバイルでも利用することができ、利便性が高いと言えるでしょう。

端末を分散して仮想通貨を管理することは安全性の向上にも寄与し、持ち歩きに便利なモバイルでいつでも好きな時に入出金ができる点は魅力ですね。

bitpayのデメリット

取扱通貨が少ない

現在、bitpayで取り扱える仮想通貨は、BTC(Bitcoin)、BCH(Bitcoin cash)、ETH(Ethereum)、XRP(Ripple)、PAX(Paxos Standard)、GUSD(Gemini dollar)、USDC(USD coin)、BUSD(Binance USD)の8種類。様々な仮想通貨を利用している人にとっては、やや少なく感じてしまうかもしれません。

ただし、海外FXへの入出金手段として利用する場合は、BTCのみ対応のブローカーがほとんどのため、取扱通貨が少ないからと言ってあまり不便に感じることはないかもしれませんね。

日本ではデビットカードが利用不可

bitpayのサービスには、ウォレット内に保有している仮想通貨を支払いに利用できるデビットカードとしての機能が備わっています。通常、仮想通貨で支払いをする場合には他の通貨に換金して銀行口座に送金する必要がありますが、bitpayのデビットカード機能を使えば、換金の手間を省いて仮想通貨による支払いが可能となり、利用シーンが広がりますね。

ただし、このデビットカード機能は、ヨーロッパやアメリカでは使用することができますが、日本では規制が敷かれており利用することができません仮想通貨を支払い手段として日本で利用したいトレーダーにとっては、デメリットと言えるでしょう。

bitpay公式サイトはこちら

bitpayに対応している主要海外FX業者

ここからは主要な海外FX業者の中で、bitpayによる入金/出金(利益分を含めた)が可能なおすすめの3業者を紹介したいと思います。

Axiory

Axioryでは以下の8種類の仮想通貨による送金に対応しています。

【Axiory対応仮想通貨】

BTC(Bitcoin)、BCH(Bitcoin cash)、ETH(Ethereum)、XRP(Ripple)、PAX(Paxos Standard)、GUSD(Gemini dollar)、USDC(USD coin)、BUSD(Binance USD)

ただし、入金時には上記8種の仮想通貨に対応していますが、出金時はBTCのみの対応となっているため注意が必要しましょう。

送金手数料や着金反映時間は以下のとおり。

仮想通貨最低額/回最高額/日手数料反映時間
仮想通貨口座⇔bitpay口座bitpay口座⇔Axiory口座
入金BTC、BCH、ETH、XRP、PAX、GUSD、USDC、BUSD $100$5,000入金額の1%以下無料15分以内
出金BTC$1$10,000出金額の1%以下無料1~5営業日

入金については、8種類の仮想通貨に対してbitpayでの送金が可能となっており、入金操作から15分以内に取引口座に反映されるため、タイムリーな取引に向いていますね。一方、出金では、対応している通貨はBTCのみとなっており、着金反映時間も最大5営業日と時間を要する可能性がある点に注意が必要です。

また、手数料に関しては、入金・出金ともに資金移動額の1%以下に抑えることができます。ただしAxioryでは、入出金額が20,000円未満の場合、手数料が一律で1,500円かかってしまうデメリットがありますので、最低でも20,000円以上を一度に資金移動させることをおすすめします。

Axioryの口座開設はこちら

Tradeview

Tradeviewでは、BTC、BCHの2種類の仮想通貨をbitpayにて送金することができます。ただし、出金はBTCでしか行えないことに注意しましょう。

送金手数料や着金反映時間は以下のとおり。

仮想通貨最低額/回最高額/日手数料反映時間
仮想通貨口座⇔bitpay口座bitpay口座⇔Tradeview口座
入金BTC、BCH $100$100,000入金額の1%以下無料15分以内
出金BTC$1出金額の1%以下無料1~5営業日

入金については、入金操作から15分以内に取引口座に反映されるため、タイムリーな取引に向いている一方で、出金については、Axiory同様、最大5営業日と時間を要する点には注意が必要です。

Tradeviewの特徴は、出金時は上限なく引き出すことができる点ですね。また、入金時の最高額も$100,000と、Axiory・HotForexよりも一度に大金を送金できることも特徴です。

Tradeviewの口座開設はこちら

HotForex

HotForexでは、BTC、BCHの2種類の仮想通貨による入金に対応しています。ただし、Axiory・Tradeview同様、出金時はBTCのみの対応となっていますね。

HotForexのbitpayを利用した送金手数料や着金反映時間は以下のとおりです。

仮想通貨最低額/回最高額/日手数料反映時間
仮想通貨口座⇔bitpay口座bitpay口座⇔HotForex口座
入金BTC、BCH$5 $10,000入金額の1%以下無料10分以内
出金BTC$5$3,000出金額の1%以下出金額の1%1~3営業日

HotForexの入金では、手数料は仮想通貨口座⇔bitpay口座間で発生する1%以下の手数料のみであり、着金時間は送金依頼から10分以内となっています。

他の2者と異なる点は、出金時に仮想通貨口座⇔bitpay口座間で発生する1%以下の手数料に加え、bitpay口座⇔HotForex口座間でも出金額の1%が手数料としてかかってしまう点です。一日に引き出せる出金上限額も$3,000に設定されているため、頻繁な出金や高額出金には不向きの業者です。

HotForexの口座開設はこちら

まとめ

海外FXの入出金手段としてはまだ比較的新しいbitpay。対応業者もまだ少なく、現時点では他の入出金手段以上に優れた点がある訳でもありません。しかし、今後仮想通貨の利用が普及していく可能性もあることから、bitpayのようなウォレットサービスも利便性が高くなるかもしれませんね。

すでに仮想通貨を取引・利用しており、さらに海外FXサービスへの入出金にも仮想通貨を利用したいという人は、bitpayの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

FBS

3000倍という圧倒的なレバレッジを誇りかなり資金効率の良いトレードが可能なFBS。ロスカット水準も20%と低めで、ゼロカットと合わせて一発狙いのトレードも可能になっています。
ボーナスも未入金ボーナス123ドルに最大2万ドル×2回の100%入金ボーナスと、業界ナンバーワンレベル。
若干日本語に違和感は感じるものの、使い方次第ではかなり大きな利益を出すことも可能な業者と言えます。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数8156名
有効回答数6214名
調査の期間2020年1月15日〜2020年4月15日
FX関連サービス
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました