おすすめ海外FX業者社18社をランキング!

実際の利用レビューと独自の満足度調査から厳選

詳細を見る

海外FX業者の最大ロット・最小ロット・ポジション数を比較!大口取引可能な業者、少額から取引できる業者を総まとめ

海外FX比較

ある程度FX取引で安定して稼げるようになると、もっと大きな資金を動かして取引をしたいと思うトレーダーも多いのではないでしょうか。ハイレバレッジな海外FXにおいては、ロット数を上げることで非常に大きな取引を行うことが可能になります。

ですが海外業者によって保有できる最大ロット数やポジションは異なりますし、どの業者であれば効率的な資金運用ができるのか分かりづらいですよね。そこで本記事ではFXで大口取引をしたいトレーダーや、逆に少額から取引したいトレーダーにとって、おすすめの海外FX業者を紹介していきたいと思います。

各業者の最大ロット・最小ロットとレバレッジの情報も記載していますので、自分の資金に見合った業者選びの参考にしてください。

そもそも海外FXにおけるロットとは

海外FXで取引する場合には、ロットという言葉の意味をきちんと理解しておかなくてはいけません。ロット(Lot)とはFX取引における一定の取引単位(通貨量)ですね。

FXは、1万通貨や10万通貨のようにまとまった数量を決めて取引をします。例えば卵なら12個=1パック、タバコなら10箱を1カートンとして販売されていますよね。この「パック」や「カートン」という単位と、「ロット(Lot)」は同じような概念と言えるでしょう。

このようなロットという考え方をFXに導入する理由は、数値のケアレスミスをなくすためでもあります。10万通貨を「100,000」通貨と数値を毎回入力しながら取引していると、手間もかかるし桁を間違えるミスのリスクが高まります。桁を間違えると、損をしたときに致命的なダメージを受けますよね。

単純なミスを避けるためにも売買注文の際、10万通貨を「1ロット」とすることでカンタンに入力できますし、間違えることも少なくなります。

海外FXにおけるロット数の単位

通貨ペアによっても異なることもありますが、海外FXではほとんどの業者が1ロット=10万通貨として設定しています。つまり1万通貨を取引する場合は0.1ロットということになりますね。

ちなみに国内FXでは1ロット=1万通貨として扱う業者が多いです。国内FXから海外FXに移行してきたトレーダーは間違えやすいので気をつけるようにしましょう。

多くの場合で海外FX業者も最小取引サイズは0.01ロットとなっていますが、保有できる最大ロット数や1回の注文における最大ロットは業者によって異なります。

銘柄によって数量は変わる

取引銘柄によってはロットの数量が変わることがあります。通貨ペアではどこも1ロット=10万通貨ということが多いですが、コモディティやエネルギー商品では単位が全く変わってきますね。

例えば海外FX業者最大手のXMでは、下記のような取引条件になっています。

取引条件1ロットあたりの取引単位
EURUSD100000 EUR
US Coffee10000 LBS
Brent Crude Oil100 Barrels

EURはまだ馴染み深いですが、LBSやBarrelsはなかなか見慣れない単位ではないでしょうか。このように銘柄によって取引条件が大きく変わることもあるため、取引する銘柄の条件はよく調べておくようにしましょう。

海外FXで大口取引をするために見ておきたい3つのポイント

海外FX業者を使って大口でのトレードをしたい場合には

  • 1取引における最大保有ロット数
  • 保有ポジションの制限があるか
  • レバレッジ制限は緩いか

という3つのポイントで判断する必要があります。ここからはそれらの情報をそれぞれ詳しく説明していきたいと思います。

1取引における最大ロット数

大口取引をしたい場合はまず、1取引における最大ロット数を確認するようにしましょう。

例えばAxioryは1ポジションにつき最大ロット数が1,000ロットとなっています。1ロットが10万通貨のため、1ドルが100円と仮定すると、Axioryの場合は1取引につき最大1億ドル(100億円)もの取引が可能ということになりますね。

ただし1取引あたりのロット数が大きいと、約定に時間がかかりスリッページが発生する可能性があるという点には注意しましょう。

保有ポジションの制限があるか

1ポジションあたりの最大ロットが低い場合でも、ポジションの保有数が多ければそのぶん取引量としては大きくなります。また、複数回にわたっての取引をすることで利益を大きく増やすようなトレード手法もありますね。その際に重要になってくるのが、保有できるポジション数です。

例えばiForexは、一度の注文に対して最大ロットが50ロットとなっていますが、ポジション数には制限がありません。50ロットの取引を積み重ねて利益を増やすこともできます。

多くの業者でポジション制限はありませんが、XMのように上限が200回が決まっている場合もありますので、こちらもしっかり確認しておくようにしましょう。

レバレッジ制限が緩いか

レバレッジ制限とは、その名の通りFXトレードにおけるレバレッジの倍率に制限がかけられることです。下記の表のように多くの海外FX業者が、口座残高が増えるにつれて最大レバレッジが下がるといったレバレッジ制限を設けていますね。

FX業者最大レバレッジ口座残高によるレバレッジ制限
Axiory
400倍(口座残高1,000万円未満)300倍(1,000万円〜2,000万円未満)
200倍(2,000万円以上)
XM
888倍(口座残高200万円未満)200倍(200万円以上〜1,000万円未満)
100倍(1,000万円以上)
※XMのすべてのアカウントの口座の合計額が対象
GemForex
1,000倍(口座残高200万円未満)500倍(200万円以上)
FBS
3,000倍(口座残高2万円未満)2,000倍(2万円〜20万円未満)
1,000倍(20万円〜50万円未満)
500倍(50万円〜300万円未満)
200倍(300万円〜1,500万円未満)
100倍(1,500万円以上)
TitanFX
500倍500倍(レバレッジ制限なし)
iForex
400倍400倍(レバレッジ制限なし)

上記のように、いくら基本の最大レバレッジが高くても、口座残高次第では設定可能なレバレッジが下げられてしまうこともあります。一方でTitanFXやiForexにはレバレッジ制限がなく常に一定のレバレッジで取引ができるため、この辺りを気にせず取引したいトレーダーに最適と言えるでしょう。

保有している証拠金残高によって非常に細かくレバレッジ比率を規定している業者もあるため、資金に合わせた効率的な取引をするためにもしっかりと把握しておくことが必要です。

主要海外FX業者の最大ロット数比較

主要な海外FX業者の最大ロット数、ポジション制限をまとめると下記の表のようになります。

業者1ロット1取引あたりの最大ロット数保有ポジション制限
Axiory
10万通貨1,000ロットなし
XM(スタンダード口座)
10万通貨50ロット200
GemForex
10万通貨30ロットなし
FBS(スタンダード口座)
10万通貨500ロット200
TitanFX
10万通貨100ロット200
iForex
10万通貨50ロットなし

1回あたりの最大注文量の上限が最も高いのは、1,000ロットのAxioryですね。これは他の業者と比べても群を抜いた多さであり、かなりの大口取引が可能と言えるでしょう。次いでFBSの500ロット、Titan FXの100ロットと続きます。

一方でGemForexは1回あたり30ロットまでの注文と、上限が低く設定されており、あまり大口取引には向かないと考えられますね。

最大ロット数で選ぶおすすめの海外FX業者

Axiory

Axioryは大口取引をしたいトレーダーにとって、間違いなく一番おすすめの業者と言えます。スタンダード口座(STP)、ナノスプレッド口座(ECN)共に最大ロット数は同じく1,000ロット。1取引あたりの最大1,000ロットかつ保有ポジションの制限なしというのは、海外業者の中でも別格ですね。

Axioryはスプレッドが狭いことが強みの業者で、スキャルピングやデイトレをするトレーダーに人気がありましたが、大口取引をしたいトレーダーにも最適な業者だと言えます。

Axioryの口座開設はこちら

FBS

FBSは最大レバレッジ3000倍という、ハイレバトレードができることで有名な業者ですが、レバレッジに負けずと最大ロット数も多く設定されています。スタンダード口座では最大500ロットでのトレードをすることができ、Axioryに次いで多い数字ですね。

またスタンダード口座ではポジション制限が200回となりますが、ECN口座のポジション保有は無制限になっています。公式ホームページの日本語表記にはやや違和感を感じる部分もありますが、豪華なボーナスなども提供されており、利用する価値がある業者と言えるでしょう。

FBSの口座開設はこちら

TitanFX

TitanFXはAxioryと同じく、スプレッドが狭いことで人気の海外FX業者ですね。こちらはやはりレバレッジ制限がなく、残高がいくら増えても500倍という一定のレバレッジで取引できることが魅力と言えるでしょう。通貨ペアだけでなくエネルギー商品やCFDでも最大でレバレッジ500倍が適用されます。

Zeroスタンダード口座(STP)とZeroブレード口座(ECN)の2つの口座タイプがありますが、どちらも最大100ロット・保有ポジション200までとなっており、この点も大口取引に向いていると言えますね。

TitanFXの口座開設はこちら

海外FXで少額取引で始めたいなら最小ロットと最低入金額を確認

国内業者より少ない資金で取引を開始できる点も、海外FXが人気の理由と言えますね。またFX初心者や国内FX業者から海外FX業者へ移ったばかりのトレーダーは、初めは少額での取引からトレードを開始すると思います。

そこで、次は逆に少額取引を始めたいときに重視するポイントやおすすめの業者を紹介していきたいと思います。少額取引ができる業者を選ぶには

  • 最小ロット数
  • 1ロットあたりの通貨量
  • 最低入金額

の3つが重要になってきますね。

ほとんどの業者で最小ロット数は0.01ロットとなっており、1ロットあたりの通貨量と最低入金額によってどれだけ少額でトレードできるかが決まってきます。また最近では初心者向けに、スタンダード口座よりもハードルが低く取引を始められる口座も設けている業者もあるため、そのような業者を選ぶのも選択肢のひとつと言えるでしょう。

少額取引におすすめの海外FX業者

XM(マイクロ口座)

海外FX業者のランキングでは常にトップクラスの評価を誇るXMですが、口座タイプとしてはSTP口座であるスタンダード口座とマイクロ口座、ECNのZero口座と3つが用意されています。このうち少額取引におすすめと言えるのが、マイクロ口座ですね。

スタンダード口座とマイクロ口座の取引条件を比較すると下記の表のようになります。

XMマイクロ口座とスタンダード口座の違い
マイクロ口座スタンダード口座
1ロットあたりの通貨量1000通貨10万通貨
最小ロット0.01ロット(10通貨)0.01ロット(1000通貨)
最大ロット100ロット(10万通貨)50ロット(500万通貨)
最低入金額5ドル5ドル

マイクロ口座とスタンダード口座では、1ロットあたりの通貨量が1000通貨/10万通貨と大きく異なります。その結果、最小ロットは同じ0.01ロットですが、通貨ベースではマイクロ口座が10通貨、スタンダード口座が1000通貨と大きな違いがありますね。

XMではマイクロ口座であっても各種ボーナスの対象となるため、まずはマイクロ口座でボーナスをもらって少額取引をしていき、慣れてきたらスタンダード口座に移行するという使い方もできますね。

XMの口座開設はこちら

GemForex(オールインワン口座)

Gemforexのオールインワン口座は最低入金額が1ドル。さらに入金不要の新規口座開設ボーナスとして2万円が獲得できるキャンペーンや入金ボーナスも定期的に実施しており、取引を始めるためのハードルは非常に低いと言えるでしょう。

レバレッジも1000倍と高く、少額でも大きく利益を出せる可能性があります。アジア拠点のブローカーということもあり、日本語サポートの充実や国内銀行送金による入出金にも対応しており、初心者にも最適な海外FX業者と言えますね。

GemForexの口座開設はこちら

FBS(セント口座)

FBSの口座タイプは多く、全部で5種類ありますが、中でも少額取引に向いているのはセント口座です。最低入金額が1ドルからとなっているため、理論上は100円程度からトレードを始めることができますね。

セント口座は取引プラットフォームとしてMT4とMT5から選択できますが、MT4を選べば100%入金ボーナスの対象にもなります。ただスタンダード口座のほうが、セント口座よりスプレッドも狭いなど有利な条件で取引できるため、慣れてくればスタンダード口座に移行したほうがいいでしょう。

FBSの口座開設はこちら

まとめ

自己資金がいくらあるかによって、取引に最適な業者は異なります。それなりの資金があり大口取引をしたい場合は、1取引あたりの最大ロット数や保有ポジション数を、逆に少額から取引を始めたい場合は、最小ロット数や最低入金額を確認するようにしましょう。

ハイレバレッジな海外FXでは、取引による利益も大きくなることが期待できますが、そのぶん資金管理が非常に重要です。資金がどの程度あり、それを活用するためにはどのような業者が最適かをしっかり選ぶようにしてください。

海外FX業者のおすすめランキング
XM(XMTrading)

海外FX業者と言えばXMというくらい有名な会社!地名度も抜群で日本人トレーダーの人気・利用者数もNo.1ですね。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナス、ロスカット水準の低さと、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。
新規口座開設で30$のボーナス+入金額の100%ボーナスもあり、海外FXを始めるならまず口座開設しておいて損はありません。
他の海外FX業者と比較する際の基準にもなりますね。

GemForex

最大3万円もの豪華な口座開設ボーナスや、入金額の200%という驚愕のボーナスキャンペーンが度々開催されている超太っ腹海外FX業者GemForex。
本来有料で販売されるような数多くの優秀なEAが無料配布されていたり、ミラートレードが手軽に使えたりと、FX初心者や自動売買トレーダーからの人気も高いですね。
新たに金融ライセンスを取得したことで信頼性も高くなりましたし、使い勝手の良い国内送金(手数料無料)に対応している点も魅力的。
豊富な証拠金で大きく取引したいトレーダーはもちろん幅広い人におすすめの海外FX業者です。

Axiory

高機能な取引ツールであるcTraderを利用できる数少ない海外FX業者Axiory。cTraderは約定が圧倒的に早く、各種ワンクリック注文にも対応するなど、特にスキャルピングトレーダーにとってはかなり魅力的ですね。
ボーナスはないものの、スプレッドの狭さ、信頼性の高さ、ハイスペックな取引環境なども魅力で、安定したトレードをしたいという人に非常におすすめです。

FXGT

外国為替FXに加え仮想通貨FXでも、1000倍という非常に高いレバレッジで取引可能なハイブリッド海外FX業者FXGT。
ランキング上位業者では対応していないbitwalletによる利益出金も可能で、さらに国内銀行送金による入金、仮想通貨による入出金など、その優れた入出金環境も魅力ですね。
仮想通貨FXは証拠金が多ければ多いほど良いですが、FXGTには追加入金なしでクッション機能付きのボーナス=証拠金を増やす手法もあり、仮想通貨FXはもちろんのこと外国為替FXでもダイナミックな取引が可能な業者です。

TitanFX

本格派のトレーダーにおすすめできるのがこのTitanFX。他の業者のような派手なボーナスキャンペーン等はありませんが、高水準な取引環境で安定したトレードが可能な海外FX業者です。
もちろんNDD方式を採用し、約定スピードや取引の透明性もしっかりと確保。不利なリクォートやスリッページ、ロスカット狩りの心配もなく、運営のサポート体制もしっかりしています。
スキャルピングやEAの制限もなく、自由度の高い取引が可能です。

iForex

ロスカット水準が0%とかなり低いiForex。強制ロスカットされる可能性が最も低いということはトレードの幅も広く最も負けにくい業者と考えることもできます。
また他業者よりも圧倒的に高いスワップポイントを誇り、中・長期保有にも最適ですね。豊富な通貨ペアを取り扱っており、中には高スワップなマイナー通貨も含まれます。
MT4非対応がやや難点ですが、取引量に応じたキャッシュバックや口座残高に対する3%の利息などもあり、メイン口座に相応しい海外FX業者と言えるでしょう。

※ランキングは下記調査に基づき作成

ランキング調査概要
調査の企画株式会社モカワークス
調査目的海外FX業者に関する人気・満足度調査
調査方法Webアンケート
調査対象者全国の20~70代男女、かつ海外FX経験者のインターネットユーザー
調査母数10231名
有効回答数7596名
調査の期間2021年1月15日〜2021年3月15日
海外FX比較
kaigaifx-labをフォローする
海外FX攻略ラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました